旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



夏山通信2010Ⅳ-風吹岳(1888m)
 
 樹林帯をゆく-100816
                歩く者をやさしくどこまでも静かに包みこんでくれる
                              そんな、広くなだらかな樹林帯をゆく

小谷・白馬界隈で未踏だった、これまた、忘れかけてた宿題こなす的な風吹岳、土沢ルートを辿り今回歩いてきた。前線が動かず居座り安定しない気象状況下、当初の予定から日をずらし出かけた。何よりカミナリが怖くての変更。雨・ガスは一向に構わないが、風と、特に雷が予想される山はとても危険ですね。相棒は先日唐松岳ご一緒した近間のたまちゃん。彼とはハレルヤ・雪山仲間として近年良く山をご一緒するが、ふたりだけで山を歩くのは、、、、3年前の大倉山そして同年その後の白鳥山以来と記憶している。

 案内板-100816 
この案内板に辿りつくまで、来馬温泉からのアプローチ間違え(下記ログの黒い部分)、蓮華側からに計画変更しようと戻り始めてまもなく、地元の「何かのパトロールしてる」という方から、すれ違いざまに的を得た情報を入手。事無きを得て当初の登山口に辿り着く事ができました。親切にしていただきありがとうございました。

では出発。風吹山荘までが11表示で区切られ目安になる。「なんで10じゃなくて11なんやろー??」とはたまちゃんの疑問。そう言われればそうですね。「1=10分で、山荘まで110分なんやろか~」などと彼分析していたが、答えどこにも書いてなかったので、ホントんとこは分かりませんです。歩き始めてすぐに「クセエ沢の冷鉱泉」が目に入った。こんなアッツイ夏はちょっと立ち寄り、一石二鳥「水浴び+鉱泉」を味わってみたいもんですね。ただ、流されないよに、ロープでゆる確保+ヘルメット着用でしょうか。

初めて歩くこの登山道、とても整備されていた。取分け唯一の水場(標高1530m)までは道幅も広く整備が行き届いていた。その割に登山者は極端に少なく、お盆で天気もまぁまぁなこの日出会ったのは、下って来るお二方の1パーティーのみ。登って行った時風吹山荘におられた管理人さんともう一方も僕らが山頂から下りてきて通過する時すでに山荘を施錠し下山しておられた。実に静かじゃ~ん ゴタテのスーパースター達に隠れてるものの「お忍び山行」にとっておき、一押しとみた  
   1/11ゆく-100816  クセエ沢冷鉱泉見ながら-100816  風吹山荘-100816
                         クセエ沢冷鉱泉              風吹山荘

山荘を後にするとすぐに風吹大池が姿を現し、時計の反対回りにしばらく池を周遊。のち、登山道は右に折れ僕らは風吹岳山頂を目指します。オラは山荘に着き、大池見、安堵感大と言うか、いっとき‘もう一人の自分’が、「今日はここでいいにか」とつぶやいた。で、すっかりパワーダウン。だが来たからには「山屋としてはやっぱ山頂行かんにゃ」 からなのか、なぜか不思議に正気に戻った自分がそこにいた  一度気持ち萎えると体も付いてこんもんです。だども、バテる訳にもゆかず、山頂までへろへろながらほぼ休まず登り上げた(苦笑&自分をちょっと褒めた)
山頂に着くと、下調べ&その記憶バツグンなたまちゃんの言う通り、山頂=東屋で、眺望はほぼ無かった。ここで昼食とした。風吹大池まで訪れる人もそんなに多くないこの地で、特に風吹岳山頂まで来る人は稀らしく、この日はずぅ~っとふたりきり。久しぶりにゆっくり話すこともでき良かった。

 風吹大池が見えてきた-100816 風吹大池-100816 湖畔に憩う-100816

          風吹岳山頂だ-100816 山頂集合写真-100816
                     ここ山頂

下山時、池と山荘の間にある「鐘」を鳴らしてきた。恋人たちが一緒に鳴らすと恋が成就するそうです(…未確認、かも?です)。東京都内でも38℃超え熱中症で多くの方が運ばれたこの日、最も上がる昼過ぎで、風吹山荘(標高約1800m)の温度計は22℃を指していた。別世界ですね。・・・などと言いながら歩けば多少は暑い。水場で頭から水かぶり涼をとる。飲んでもかぶってもいい水だった 
      湖畔に鐘がある-100816          風吹山荘の気温-100816

                    水浴び-100816
                     頭っから ヒエヒエ~
                        もう、最高っーー
         
                    来馬温泉風吹荘-100816
                     下山後は風吹荘でさっぱり

今山行のトラックログ
 風吹岳ログ-100816
  赤:歩いた登山道  茶:車走らせた林道  黒:迷い込んだ林道
  ※登山口には「風吹山荘まで2時間」とあったが、旺文社の「山と高原地図」には3時間とある
    今回僕らは2時間25分だったので「冷鉱泉付3時間」ってのが、妥当・標準な処でしょうか。





この記事に対するコメント

前から一度行ってみたいと思ってる風吹大池と風吹池です。
意外と奥まで車で入れるんですね。
いつか秋にでもまた案内してください。
【2010/08/17 20:36】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


♪yamanoutaさん
風吹岳、大きな風吹大池に山荘もあり、静寂に包まれ良い所でした。
むやみに開発が進んでない、と言うか、未開発な処が特別にいいです。
登山口は出かける前にきっちり捉えていたのですが、ネットの情報に、
参考にしたその筋の地図自分のは20世紀のもので、そこに至る林道の1本が
すでに廃道的。やっぱ、情報は最新・細心に、ですね。
今日本屋で最新版見たらその道は消えていて、無かったです・・・反省。
秋、紅葉もとてもいいみたいです、機会があれば行きましょう。


【2010/08/17 21:14】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


風吹への道路、わかりにくいったらないですね。
私も最初行ったとき、その道に迷い込んで時間をロスしました。
蛇の道はヘビって感じの場所です。
今回シュンちゃんが通れた道もたまに(山もんの時期です)通行止めになるみたいです。
最近行ってませんが北野からも道があってそこは歩きの最短ルートです。(通れるかどうかは事前に調査したほうがいいかも)
【2010/08/18 13:27】 URL | hoochie #- [ 編集]


♪hoochieさん
ネットの情報によくある「未舗装の悪路」って、ボロ車とは言え僕のランクルだとタイトだったりややこしい切り返しなければ、大概現地行くと誇大的表現に受け取るのですが、迷い込んだ旧ルート「ここまったくその通り。そう書いてあったねー、なるほど~半端じゃーないよなー」って話しながら突入してみたものの、いくらなんでもこんな深い縦溝に道見えなくなるよな両サイドからの草々、だんだんロデオみたいに。。。閉口。リターンと相成りました。そっかー、登山口までも長く、山もんの宝庫って感じ、深い山中でした。この秋、ひとつキノコから教授願いま~す(ペコリ)

【2010/08/18 17:36】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


Uターンするところもなく、ズーッとバックで戻ったとか? まさかね。

hoochieさん 、まだお会いしたことない(?)けど、キノコの時はよろしくです。(ペコリ)
【2010/08/18 20:27】 URL | 酒呑老子 #sADubaXA [ 編集]


玉ちゃん、ひえひえ~~の図は最近、恒例の儀式ですね!
さすがドクター、熱中症予防にぬかりなくで、全ての行動に医学的な裏づけがあるように思えて、すごいなぁ~、と思います。愛車のパジェロミニにも20リッター(それ以上?)の水が常時積んであって、これ非常時なんかにすごい役立ちますよね!(頭冷やしたり、体拭いたり、飲用とか、消毒用とか)
【2010/08/18 23:13】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪酒呑老子さん
上り坂広めのヘアピン左に入ったとこで、先が、草原?で道が隠れてたので、ここ外したらずっとバックしなきゃいけないのでは??と思い、戻りました。hoochieさん、キノコにもなかなかの知識お持ちです、一緒に秘密の場所へ行きたいもんですね~

♪hシェフ
足熱頭寒、、、ん~確かに理にかなってますね。僕はもったいないのでしませんでしたが、Dr.たまちゃんは、ザックん中から水出して何度か頭から冷やしておられました。それだけたくさん担いでたと言うことです、スゴイ!  そうですか、車ん中にも水が常備されてるのですね、新しい登山装備かも。オラならビールだなぁ(笑)

【2010/08/19 06:52】 URL | #8XEONt72 [ 編集]


2年前に行ってきました。そのときは、頂上をパスして、池の周りを一周しました。そして、鐘を鳴らしましたよ。本当に静かで落ち着きのある所ですね。
【2010/08/21 10:03】 URL | 刺激 #- [ 編集]


♪刺激ちゃん
おっとーすでに出かけておられましたかぁ
池の周り一回りし、鐘も鳴らしておられるのですね、承知しました。
あそこ、大自然残る本当に取分け静かな場所ですね。
【2010/08/21 21:48】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/372-babaddd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)