旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



夏山通信2010Ⅲ-唐松岳方面
  
  八方尾根標高2100m付近をゆく-100801
                              八方尾根、標高2100m付近をゆく (2010.8.1)

それぞれにそれぞれの事情あり、もあり、しばらくご一緒してなかった近間の山仲間と唐松岳方面に出かけた。同行者は、hシェフにたまちゃんにhoochieさん。長短あれど久しぶりに山をご一緒した。そしてこのメンバーでの山歩きは初めてだった。

今回はhoochieさんに教えてもらい、標高1510mまで車入れ身支度…黒菱という聞き慣れたよな地名だった。リフト2本乗り継ぎに掛かる時間もたった15分。楽々八方池山荘(標高1850m)に到った。と、そこはもう、下界の猛暑ちゃ何け~??…肌サラサラ、吹く風も気持ちイイにか。では歩きましょ。
                     登り1-100801 
                          八方池(標高2080m) 
 登り2-100801  登り4-100801  登り3-100801
    皆バリバリ元気だぜ~        標高2330m登山道沿いにあるでかい雪渓で一休み
                     登り5-100801
                         標高2580m付近をゆく

今回の山歩きは私以外、前述の様に「大小あれど・それぞれがそれぞれの事情を抱えての」だったのだが、結果「hシェフのリハビリ要素」が一番強かったかな。ピークハントに拘らずは計画段階からの暗黙の了解合意と出立。で、今日は累計標高差±880mほど、唐松岳頂上山荘(標高2620m)までのピストンだった。もうそこな、行けば行ったになった唐松岳山頂(2696m)だったが、皆と一緒に過ごす時間を誰もが優先選択。
   休憩1-100801  休憩3-100801  休憩2-100801
    隅を使わせていただいた     hシェフの杏仁豆腐・夏山風   たまちゃんの銀盤ビール
    やっぱかんぱ~いから    

測ったようにちょうど1時間休憩。心安らぐひとときであった。この仲間に感謝。名残り惜しいは惜しいが、今日は眺望なく、また最終リフトの時間もあるので下がる。ただ、登山道そばは今まで見たことのないような花・花・花、お花畑広がっていたので、二度め楽しみながら下る。
 下り1-100801  下り2-100801  下り3-100801
hシェフ下り難儀していたが、そもそもがリハビリ山行、筋力アップがんばりましょう。「アタタ・・アタタ・・ア~~」などと独特の感性で辛さ表現していたが、そこは持ち味、リップサービスも忘れない。「熱中症」も「ネッ、しよう~」などと、受傷状況からか(そんな訳ないか、失敬) ひねりのあるギャグも飛ばしていた。そして同行、整形外科医であるたまちゃん先生が、下山時はすぐ後ろにずっとついておられた。丸一日ドクター付という、恵まれた豪華な環境下での実践リハビリだったわけだ


〔今山行で出会った高山植物たち〕
花の、種類、個体数とも、群を抜いてすばらしかった。出かけたタイミングが良かったのだろう。とにもかくにも、お花畑歩いているってこういうことですね。そんな出会った花たちのほんの一部紹介です。特筆すべき点として、オオサクラソウを登山道上から一ヵ所でだけ確認。ハクサンチドリに久しぶりに会えたし、大好きなタカネマツムシソウもたくさん咲いていた。あっ、クルマユリの右の緑色のは何と云う花なんでしょう。どなたかお教え下さい。
  花1-100801 花2-100801   花4-100801
  花3-100801 花5-100801 花6-100801
  花7-100801 花8-100801 花9-100801
  花10-100801 花11-100801 花12-100801
 ♪分からなかった花の名、わたすげさんとこ見たら「ハクサンタイゲキ」とありました。


帰り道最寄りの倉下の湯でさっぱり。山帰りの風呂は大体がシンプル、この日受付のおじちゃんかなり無愛想、だけれど山の後の湯には、華美・過剰な設備・仕掛けはなくていい。塩味の源泉掛け流しが全てを帳消しにしてくれたし、料金もリーズナブル。なかなかいいにか。風吹荘と共にこれからも利用したい。

今山行、終えてみてひとりひとりのサブタイトルも今きっとあるに違いない。それは体力確認山行であったり、リフレッシュ山行であったりか。自分と言えば、立山と違い、アウェイながら、自宅黒部からだと、立山室堂に立つより時間的に早く行ける八方尾根を見直し、また改めてここの「夏山の人と花の多さ」に驚くと共に「訪れる人のファッション」にどーもがいった~。 手軽に日帰りでこの様な高山を楽しめるコースに、心・足、癒された。コンパクトでお手軽なゴージャス山行だったわけだ。また歩き終えた正にその時に聞こえてきた、風呂で湯使う音・声に、その八方池山荘に一度泊まってみたいものだとも思った。

表面にぎやか、内面静かで落ちついた、そんな私好みな夏山であった
同行下さったみなさんのおかげでいい山歩きができました。さんきゅう。


※ 標高、累計標高差 はmyGPS値より



この記事に対するコメント
唐松岳でのニアミス
お久しぶりです!!今年も数々の山行を楽しまれている様でうらやましいです!!
8月の1日に唐松岳行かれたんですねー!
実は私も30日・31日と彼女と二人で唐松テン泊してました!!
雨嵐で最悪の状況だったので五竜は諦めて早朝に下山しましたが、、、、
もう一日頑張ればお会いできたのに残念です。
初の後立でしたが雨以外はかなり気持ちのいい山でした。
これからもどんどん北アルプスに伺いたいと思ってますので
そのうちどこかでまたお会いできることを期待しております!
P.S.五竜~鹿島槍間を縦走してみたいのですが、Shunさんは行かれたことあるでしょうか?いいプランやアドバイスをいただければうれしいです。

【2010/08/02 19:35】 URL | 滋賀の陽三 #- [ 編集]

リハビリ山行におつきあいいただきありがとうございました
シュンちゃん昨日はどうもありがとうございました!
深い谷から上がってくるいい香りのミストを浴びて心身ともにリフレッシュできました。
晴れは晴れ、曇りは曇りのいい山がありますね。
また一緒に登ってくださいな。
【2010/08/02 19:44】 URL | hoochie #- [ 編集]

最高のリハビリ効果!
小屋前での皆さんの笑顔を見れば、効果のほどがよく分かります。皆さんほんとに嬉しそうですね。
今度山で会えるのを楽しみにしています。花の名前は「ハクサンタイゲキ」でしょう。

昨日はわたすげさん、Sさん両ご夫妻と、平瀬道から白山の「お花松原」往復でした。
ここ20年では最長のロングコースでしたが、花の期待に十分こたえてくれました。おそらく本州有数のお花畑だろうと思います。(残念ながら、ガスで全貌が把握できませんでした。)

【2010/08/02 20:20】 URL | 酒呑老子 #sADubaXA [ 編集]


昨日、家についてもなんか腰がへんで、数歩、歩いたら、例の胸騒ぎの腰つきポーズ、
”へこっ”ってなっちゃうんですよぉ。・・・ん~、何ていうんでしょうねぇ・・・・整いました!・・・
♪イテェ~~オ!イテテ、イテテ、イテテェ~オ~・・・hサントコノエロホースッ!
コッチモアッチモイタインデネェ~ノ hサントコノエロホースッ、ドンッ(=コンガの音)♪
って、ことで自分でも予期せぬ動きにびっくりでした。
丸山を過ぎたあたりで、本日の限界ということで皆さんにはすぐそこの頂上に行けず大変迷惑をかけました。足手まといの私に合わせてもらってほんと感謝、感謝です。でもお陰でとても楽しい山行になりました!!
【2010/08/02 21:40】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪滋賀の陽三さん
去年剱でお会いしてもう1年、そうですか、
天候悪く31日に八方尾根下山でしたか。ありゃ~ホント、ニアミスですネ~
会いたかったです。ゴタテは地形上狭いけれど、静かで雰囲気また違いますね。
唐松~五竜間はテン泊装備にて歩いたことあるのですが、五竜~鹿島槍間は、今だ歩いたことがないのですよ。ただ、荷が大きければ大きいほど振られないように気をつけて通過することが一番大事でしょうか。 当たり前のことしかお伝えできずすみません。

♪hoochieさん
あのミストシャワー、気持ちいかったねーー。どんどん花に詳しくなっていくhoochieさん見てると、自分は長い間何見て山を歩いてたんやろーってこの歳んなって少し自己嫌悪で~す。
おいおい、また歩きましょう。

♪酒呑老子さん
花の名、教授ありがとうございます。と、直前にわたすげさんとこで発見しました。わたすげさん、Sさん両ご夫妻と、平瀬道から白山の「お花松原」往復されたのですね。そしてここ20年では最長のロングコースながら極上のお花畑が迎えてくれたのですね、足も心も大満足だったことでしょう。

♪hシェフ
笑っちゃいけないんだけど、「胸騒ぎの腰つきポーズ」 最初見た時驚くと同時に思わず笑っちまいました。あれ、本人も予期せぬ動きやったんやね。本人真剣なのに、ゴメン。今回は久しぶりに近間の仲間といい山歩きができました。杏仁豆腐も絶品でした。山頂より仲間です、楽しかった、こちらこそありがとう。

【2010/08/03 06:47】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


いやぁ~、私まで嬉しくなっちゃいます。
みなさん回復早いです!さすが、若いっ!!
山登りできるまで回復されたことがなによりうれしいです!!

hシェフのギャグ聴きながら山登りできる日も間近ですね♪
【2010/08/03 12:22】 URL | ユキコ #- [ 編集]


♪ユキコ
みんな、いい顔しとったぞ~
hシェフのギャグ楽しみながら・・・は、彼の今後のリハ次第でしょう、
ユキコが長次郎登った話題も出てました、やるもんやなーーって皆感動。

【2010/08/03 18:18】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

こんにちは
先々週の土日、7月24日25日に朝日岳でお世話になりました富大ワンゲルの田中といいます。

私たちもちょうどこの週末に後立に行っていました!!
今回は朝日岳の時にいた女2人での山行です。
1日違いですが7月31日に八方尾根を登り、唐松から五竜へ1泊2日で縦走してきました。
【2010/08/05 01:44】 URL | 田中裕理 #hE4kmW4M [ 編集]


♪田中裕理さん
おっとーここにもニアミスの方が~(^^)  そうですか、重荷担いで、八方尾根登り、遠見尾根を下ったのですね、さすがです。「箸より重いもん持ったことないです~」的な、とてもかわいいルックスは、仮の姿?(笑)、細い体で重い荷担ぎ歩かれる実力は「本物の山屋」だね。 本番の?南アももうすぐですね。気をつけて楽しんできてください。朝日ん時は、こちらが大変世話になりました、本当にありがとうございました。これからも良き山旅をつづけましょうね。

【2010/08/05 06:23】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/366-1fb0ba81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)