旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



夏山通信2010Ⅰ-剱岳・前編/初日・室堂から沢のテン場まで
  
  剱岳と剱沢テン場-100718
                                       剱岳と剱沢テン場(2010.7.18)

が~ん、いきなりやられた感の強い、一気にやって来た今年の夏。最近にしちゃ珍しいにか。剱岳に出かけた。今回は初日室堂から剱沢にてテン泊、翌日剱沢を下り長次郎谷出合いから長次郎谷詰め、長次郎のコル~剱岳本峰、のち一般ルートである別山尾根下り、剱沢テン場に戻り撤収、そして室堂に戻り家路につくという、黒部の自宅発着1泊2日の計画。結果、盛夏到来天候にも恵まれ、絶好の避暑山行となった。今日は初日の様子紹介です。

藤橋・称名川左岸上部の比較的奥の方に車を停め、いつもの感じでそこ千寿から美女平、室堂へ。美女平で、朝日小屋つながりで以前ネパールをご一緒した、かめちゃん一行(荒木さん松尾さんもおられた)が、かわいい岳人を引率されてるのにお会いした。室堂ステーションでは「働くK藤くん」にも会った。彼とは久し振りの再会であった。元気そうだったので安心。
 室堂出発時-100718       みくりが池温泉の向うに剱岳-100718
 yamanoutaさんとユキコの3人で     みくりが池温泉の向うに剱岳拝み
 室堂ターミナルしゅっぱ~つ        ながらに、自然と静かに気持ち逸る  

         地獄谷経由で雷鳥沢へ-100718    雷鳥坂の始まりはだだっ広い雪渓だった-100718
          地獄谷経由で雷鳥沢へ       雷鳥坂は大きな雪渓畑?で始まった

と、雷鳥坂のなだらかな雪渓からひょいと夏道に入り込み程なく視界に、元ちゃん夫妻の姿が目に入った。ふた登り程して合流、暗黙の了解・・・があったかどうか実は定かではないものの、パーティーは一つになりのち2日間ご一緒することとなる。おふたりには「二人の山」があったでしょうし、夫婦水入らずでお楽しみの所に本当にすみませんでした。・・・などと言いながら、個人的には元ちゃんの、このエリアの長い山歴・知識経験に加え、彼とは5年前に2人で同ルート-長次郎谷から剱岳本峰-を歩いていることから、今回の計画にあって、何より心強いガイドができたと内心ホッとしたこと否めなかった。 事実、彼の、計画性、パーティー山行時のモチベーションの保ち方は取分けすばらしい事を今回も翌日体感することになる。

話しは雷鳥坂・剱御前に到る急登に戻り、人前で大きな声出すことなくなって久しい昨今、周囲に与える影響・効果の是非あれど、なかなか気持ち良く周囲を和ませてくれた「ファイトーーー、いっぱーーーっつ」の魚津出の横須賀の存在感あるユニークなおいちゃんペア(何)にお会いしたりしながら、歩を上へ。そして本日の最高点、剱御前小舎(標高2750m)に到った。で、一息するも何も、すぐに映画「剱岳・点の記」の木村監督が登山者の方々と次々と写真に収まっておられるのが目に入った。実物、TV等で拝見するのと違和感無く、そして気難しい方との先入観あったが、かなり庶民的・友好的、この為にここに来ました、と云ってる様な人当たりの良さにちとびっくり・‥剱岳がそうさせているのか・・・ とも思った。

で、剱眺めてばかりもいられずで剱沢へ下る。御前小舎から35分で今日の宿、剱沢のテント場に着いた。pu-su--!!でまずは落ち着き、各自テント設営。で、荷の片付けや着替え等して再び落ち着いて食事場に集まり、またpu-syuu--!!で本格的に北ア剱岳のふところに浸った。ああーー剱沢でのテン泊っての、富山にいて山を歩いていながら、改めてホント贅沢だなーと、でっかい剱岳眺めながら、そう思った。
 剱沢テン場近景-100718  テント設営後乾杯-100718  テン場の様子①-100718

剱沢では、O橋くんにM田くん、元気そうに任務に当たっていた。やつらは山で見るとやっぱカッコいい。「♪娘さんよく聞けよ 山男にゃ惚れるなよ~」 を違った意味で理解できた~ 失礼、何のこっちゃやね。ともあれいろいろ世話になりました、ありがとう。剱のふところでyamanoutaさんのはぎれのいい話しに、社会性(常識)と天然さ入り交じった(失敬)楽しいユキコ、また元ちゃんの知り合いのjimbei(T嶋)さんにお会いし、しばらくご一緒もさせていただいた。専門書の翻訳家で物静かな写真愛好家だった。そして、本間夫妻にはこの後、大いにその豊富な食材と楽しい会話のお世話になった。自分のものは余ってしまったが、それほど山の神の手際の良さと食材の豊富さに、改めて驚いた。世話掛けました、ありがとうございました。

テント場の様子
剱沢夕暮れの時となり、アーベンロートもステキだった。
 テン場の様子②-100718  テン場の様子③-100718  テン場の様子④-100718

                一服、前剱、本峰-100718
                          一服剱~前剱~剱岳本峰
                     山は、早朝と日没前が殊の外、いい
                 聞く所によると、星空もすばらしかったらしい



今日は早くに起き家を出、自分にしては重荷担ぎ歩き、早くから特別にゆったり山に浸り、そこにアルコールも手伝った事から、不覚にも、全てのものからの開放感に浸るに時間はかからなかった。7時半シュラフに潜り込み、程なく眠りについた。友と過ごした時間の長さの割には、今ひとつ深い話しができなかった様に思う。失礼した。そしてテント揺らす、夜半の小雨や風の音2,3度記憶あるものの、朝まで一度もテント出る事のない、静かな剱沢の夜だった。


・・・つづく





この記事に対するコメント

いやぁ~~~、超うらやましいです。自分、三日間なにやってたんでしょう?・・・あっ、長女が東京から帰ってきてたんでそれなりに楽しく充実してました。まあ、山は逃げないけど長女は嫁にいったら逃げるわけだし、それでよしとしないと。・・・それにしても絶好の日和のなか剣沢の天幕、メンバーもすんごいVSOPみたいやし、木村監督まで。カレンダー、文科省に言って、山の日を追加してもらわんと、ですね!
【2010/07/20 21:21】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
(^^♪ へへへっ、うらやましいやろ~ って、
長女さん帰省されてたのですね、それはそれで楽しいじゃん
娘はいくつんなっても娘(当たり前か)、でかくなると男の子よりいいんじゃない?
木村監督にはあまり興味ないのですが、やっぱ幕張っての山は良かったです。
「海の日」であって「山の日」って特別扱いしないところが自分は好きです、
山、また行きましょう。

【2010/07/20 21:37】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


こんにちは~。

いいな、いいな、素晴らしい!!!

ぜーんぜん山に行けないぶん、素晴らしい写真で山気分を堪能させてもらいました!!
【2010/07/21 09:11】 URL | しもだです。 #- [ 編集]

こんにちは。
山でのテン泊うらやましいな~~。
アーベンロートもロマンチックやろうな~。
続きが楽しみです。
【2010/07/21 09:59】 URL | わたすげ #MYxGgOkM [ 編集]


♪しもちゃん
へへへっ・・・いいやろいいやろ羨ましいやろ~ なんて。
札幌から旭川に赴任し、高校野球の取材で忙しくしてるのですね、
暑さに負けずに、いい仕事してください。
拙い山の写真見てくれて、さんきゅう。

♪わたすげさん
日帰り、小屋泊まり、そしてテント泊 ・・・
それぞれにそれぞれの良さがありますが、朝夕の山岳風景には
泊まるのが、そして、より地べたに近いテント泊ってのは、いいもんです。
つづきは写真中心になると思います。 乞う御期待・あれ~ 



【2010/07/21 12:45】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


はじめまして、いつも見させて頂いています。
また、今回歩きながら何回か拝見させて頂いたのに
シュンさんだとは気付かずにいました。
すみません。
当日、立山駅では本間さんにも初めてお会いし、ウキウキ気分でした。
みくりが池温泉の向うに剱岳の写真をここからコピーで保存して良いでしょうか?
実は、ヒョコヒョコ歩いている私たちなのです。
初めてコメントさせて頂きますのに、申し訳ございません。
【2010/07/22 13:58】 URL | gongon175 #vqYIZnXs [ 編集]


♪gongon175さん
こんにちは~ そして初めまして~

〉みくりが池温泉の向うに剱岳の写真をここからコピーで保存して良いでしょうか?
〉実は、ヒョコヒョコ歩いている私たちなのです。
後ろ姿とは言え、勝手にブログに載せさせていただいております、
もち!OK!!です。 ・・・寛大なお気持ちにこちらこそ感謝致します。

そうですか、早朝の立山駅では元ちゃんご夫妻にもお会いになっておられるのですね、承知しました。gongon175さんお二人、当方はっきり記憶にあります。ご主人の装備かなりしっかりしておられるようにお見受けしましたし、僕らは雷鳥沢テン場で一息入れたのですが、そちら追い越して行かれ橋を渡ってすぐの所で休憩しておられました。また、室堂から終始、奥様を待ち待ち、気遣いながら、歩いておられましたね。

そちらのブログも拝見させていただきま~す。


【2010/07/23 13:10】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

ありがとうございます。
ありがとうございます。
なかなか歩いている姿のスナップなんて無いので、嬉しいです。
アルバムの中に入れさせて頂きます。
【2010/07/26 08:26】 URL | gongon175 #TIXpuh1. [ 編集]


♪gongon175さん
モデル料もさし上げず、です
遠慮まったく不要で~すv-221

【2010/07/26 15:11】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/361-c794f937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)