旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



朝日岳山開き2010
  
  山開き神事-100626(土)
                                    山開き神事、厳かに執り行われる
                (今年は天気が悪いので、朝日神社・朝日岳に向かい、小屋の中で)

北アルプス 朝日岳(標高2418m)が山開きした。同時に例年通り山開き登山会が開催され、神事が執り行われた。多くの人々が集う行事にあたり、食事他小屋仕事の手伝いに、小屋入りする通称「エプロン」の引率責任者として今年も参加。当日小屋入りする18名全員の上山そして全員無事下山の為に微力ながら協力させていただいた。僕らエプロンの上下山含め今山行の様子紹介です。

 北又小屋出立時-100626(土)  1合目-100626(土)  オオサクラソウ-100626(土)
      北又小屋出立前に      “ ザ・まぼちゃんショー ”     オオサクラソウの群生
  先行部隊は1合目で先へ     ・・・和む(1合目)   8合目前後、すばらしかった

 イブリ山頂-100626(土)  夕日ヶ原-100626(土)
       本隊、イブリ山頂           夕日ヶ原をゆく
 先行部隊が鎖場下から手を振っていた

前朝日岳横へはほんの少し雪渓をトラバースしながらも夏道にほぼ忠実にかけ上がった。そして疲れてると結構くる最後の最後の雪の長い緩斜面は、もう目の前である小屋での「泡の出る燃料補給」「いっときのやすらぎ」「友との再会」そして「お手伝いの不安緊張、自分の立ち位置はどこ?」…そのバランスは各自違うのだろうが、誰もがそんな事心に描きながら淡々粛々と詰めていた様に最後部から見ててそう思った。そして確実に本日の最高標高地点(バンザイの丘)はやってきた。風があり、辺りはすぐにガスってきた。で、全員無事小屋に到着。

一休みし身を綺麗にし、それぞれができることでお手伝いです。厨房・食堂は、体がよく動く若い力が似合うし、お客さんから見た時ビジュアル的にもいいと思う。そのほが元気出るもん。
 渋ちゃんと再会-100626  食前酒サービス-100626(土)  隊長、リーダー-100626(土)
        渋ちゃんと再会     夕食時にサービスされる   登山隊長リーダーほかの方々
 室堂でなかなか会えなかった      食前酒の準備も万全    お客様の食事中に懇親だ

僕らエプロン・お手伝い組は、影の力持ち、理由無く表で目立ってはいけません。なので、お客様の様子は敷居が高くて無いのですが、エプロンなど下々の夕げの様子です。どこかで見かけましたら気軽に声をかけてやってください。
 夕げ①-100626 夕げ②-100626 夕げ③-100626
                        浜ちゃんやねか~

 夕げ④-100626 夕げ⑤-100626 美女と・・・-100626
  人気急上昇中 はっぱ隊長


翌朝はけっこう大きい雨に風もあり、ご来光目指す朝日岳山頂への登山は残念ながら中止となりました。お客様は朝は比較的ゆっくりされたものと思います。そして山開き登山隊が下山して行った後、天気が悪いので僕らエプロンも早々に下山体制に入った。
 夕日で集合写真-100627  夕日②-100627
     夕日で集合写真       エプロン、隊を乱さずゆく
  きつい道登り、手伝いこなし
そして、この余裕。いいじゃない。

 新旧道①-100627  新旧道②-100627
      9合目⇔イブリ山頂間、今年から新道となった。

 7合目下さがる-100627  6合目上から-100627
       7合目下をさがる       6合目上から
 新緑がまぶしい程ステキだった       富山平野を望む

 北又着-100627
                  エプロン、無事北又小屋に帰る

北又小屋⇔イブリ山間例年煩わされる虫もyamanoutaさんに教えてもらったハッカ油(myブレンドもんだが)、のおかげでほぼ気にならず。スプレーも良いが、汗っかきの自分は、直接手に取り、香水…などと言うものには全く興味も縁もないが…の様に耳裏や何ヶ所かにつけても効果バツグンだった。マーキングとしても使えるんじゃないだろうか…そんなようなこと下山時banちゃんとの会話から思った。また、例年そうなのだが、今年のエプロン部隊は特別、チームワークが良かった様に思う。すばらしい「ペースメーカー&ムードメーカー」まぼちゃん、サブリーダーのyamanoutaさんありがとうございました。そして一人一人が良かった。みんな言う事聞いてくれてありがとね。取分け疲れたまってる翌日の下山はすばらしい歩きでした。話しは前後するが、小屋では、今年もお客様始め、関係者のみなさんのとびっきりの笑顔に出会えた。遠く県外から手伝いに来てくれた方もいた。まぁ近くにいてもなかなか会えないってことも今は日常な訳で、とても懐かしかった。この様な再会、歳を重ねるごとに大きな楽しみ、喜びとなってきている事も否めない。

さて、北又に着き、しばらくしてお客様の車が温泉に向け出発して行った。そして名物?ぶっかけそうめんにおにぎりいただいて落ち着く。また今年は所用で参加できなかった我らが「朝日小屋応援団長・まさおちゃん」が北又小屋にかけつけ苦労をねぎらってくださった。あれこれあるだろうにありがとうございました。こうして今年のエプロン部隊は、無事小屋入りし任務遂行し、そして無事帰還した。温泉に下がり、最近めったに入ったことがなかった小川温泉の「ホテル」の湯に身を沈め、さっぱりして帰宅。

高山植物の宝庫と言われる山域に位置する、朝日岳が山開きした。そこに北ア最北端の営業山小屋 朝日小屋がある。取分けここの、妥協・手抜きを許さない、そして進化し続ける夕食は逸品であると思う。一度ならず幾度も賞味する価値ありです。「花と食事」を楽しみに、何度も訪れてみてはいかがでしょう。





この記事に対するコメント

一年に一度会えるか会えないかのなつかしい面々、しゅんちゃんガォ~~の図。
一緒に写ってるのは刺激ちゃんのご令嬢NみちゃんとAねちゃん・・・お~、それとなつかし
Nおちゃんではないですか、どことなくふっくらとした感じになってます。「すわらはったらええんちゃいますかっ!」(なにもたもたしとんねん)・・・あの時の記憶がきのうのことのように蘇ります。でもみんな遠いところから駆けつけて、ほんと素晴らしい仲間達ですね!!
【2010/06/28 20:01】 URL | hシェフ #- [ 編集]


シュンちゃんさん
エプロン隊お疲れ様でした!v-218


小雨の中、シュンちゃんさんに朝日小屋で出迎えていただいたときは、
すっごく、うれしかったです!

あいにくの雨模様でしたが、なぜか非常に楽しい山行きでした。
スタッフの皆さんが笑ってるとこちらも自然に笑ってしまいました。
それも、スタッフの皆さんの努力の賜物だと思います!

又、今度どこかの山行き、ご一緒できるとうれしいです。v-91


初雪山の写真すっごくきれいですね!
自分もつらい思いをして行ったので、
写真見てるとウルウルになってしまいました!




【2010/06/28 22:20】 URL | ひろりん? #- [ 編集]


♪hシェフ
n子の山頂での「すわらはったらええんちゃいますかっ!」 ・・・あったねあったね~、そんなこと~ 懐かしいです(笑)。 今回は温泉に下りてきて真ん中のkりちゃんにも会ったから、一日で刺激ちゃんとこの令嬢3人全部会いました(初めて~)。

♪ひろりん?さん
ひろりんさんは今年世話役側、奥様は一般客として参加された方、あのひろりんさんでしょうか。ともあれ、きつい山道ようこそ来られました。わたしらも辛いが、皆さんも大変だったでしょう。ご苦労お察しします。でも、あの小屋は極上オアシスですね。初雪山にも出かけておられる由、何処かでお会いしましたらこちらこそよろしくお願いいたします。

【2010/06/29 18:53】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/353-4f303d9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)