旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



静寂の朝日岳2010 -Ⅰ…上山、小屋入り
  
  8合目上をゆく-100619
                                 8合目上(標高1680m付近)をゆく

今日は、北又小屋(標高710m)から、地味できついイブリの尾根を登りイブリ山(1791m)に到り、夕日ヶ原を経由して朝日小屋(標高2150m)に着き、夕食前まで。天気回復せずで山頂に行く時間はあったものの、沈殿決め込む。

 北又小屋出立前に-100619  それぞれのわたり方?-100619
  北又小屋出立前に全員で   いきなり標高は下がり
                         それぞれの渡り方で

1合目で隊を3つに分ける。1班 : ikeike班6名  2班 : 松田班6名  3班 : 富山橋班10名
私は3班と行きました。なので写真は3班に偏ります、悪しからずです。
 5合目-100619  3班イブリ山頂-100619
          5合目の様子       3班、イブリ山頂にて

      ガスの夕日ヶ原に突入-100619        朝日小屋に到着-100619
      夕日が原は迷走原野と化していた          朝日小屋に着いた 
      ※yamanoutaさんとこから拝借         変わらずガスん中だった

夕日が原を渡りきった頃、哲也が「きゃっきゃっ!」と自然児と言うかお猿のよな声出しながら、前朝日へ駆け上がる夏道下まで、背負子のいでたちに温かな紅茶持って出迎えに来てくれた。3班全員バテた者もおらず淡々粛々と玄人ぽく進んでいたのですが、お迎えは嬉しいもんです。温かな紅茶がのどを潤した時、心身両面で“その温かさ”の真の意味を感じ取ったのは自分だけではなかったと思う。そしてそれは小屋番清水さんの心配りからのものであることも即感じた。哲也、久しぶりの里帰り?でゆっくりしたかったろうに、さんきゅう。

ほどなく小屋に着いた。全員無事に。
先着順に-何はなくとも江戸むらさき(古っ)-じゃないが、燃料(ビール、日本酒、ウィスキーとも言うらしい)補給。先着班はすでに宴会モード華やか。静寂な大自然の中の雲上のオアシス朝日小屋の中では、久しぶりの再会もありで嬉しさでくちゃくちゃに大盛り上がり。もう、懇親か、アトラクションか、はたまた生けにえか(失礼)。○きちゃん中心にもう 爆裂ぅ

こいことでいいがかよ~ ・・・いいがです。生きてて、厳しいこの山道天気悪い中歩き登って来た者だけがこうして楽しめるのですから。いーがです。そして前述、山への「「想い・嗜好・考え方、従ってそのスタイル」異なれど、そこはほれ山好きに変わりなし。時に生死分かつ現場見たり自らも体験してきてる者多く、小屋の中では相手のすることに、目くじら立てず・文句挟まず、背を向けず、自分の身の置き場考え、そして、だけれどシラケず・・・そんな気づかい・寛容さを皆さんに感じた。和やかなムードの中で気持ちよく酔い、それぞれがそれぞれの過ごし方で夕食までの時間を、漂い楽しんだ。
  
と、まぁ食事前でのこの盛況ぶりに、今夜はいったいどうなるんやろ~ 楽しさの中に、大いなる期待と「寝られるんやろかー」と言う不安が、まだ夕食前だと言うのにすでに入り交じり始めていた

 ・・・夕食会へつづく


※「哲也」と言うのは同名のワンちゃんではありません
  ワンちゃんには違うことで今回いろいろ世話になった。 



この記事に対するコメント

夕食後が恐ろしいなァ~! 何せ飲み始めて1時間後(15:30?)位から、記憶がほとんどないからなァ~。
【2010/06/21 22:31】 URL | 酒呑老子 #- [ 編集]


毎回、ブログ更新を楽しみにしています。今回も楽しそうですねえ。また行きたくなりました!
【2010/06/22 00:20】 URL | 三太郎 #- [ 編集]


♪酒呑老子さん
えっ、3時半頃から記憶が無いのですかぁ ・・・
そうは見えませんでしたが~  そして、老子のことです、
きっと最後まで矍鑠として、品格があったことと思いますよ。

♪三太郎さん
m○x○退会しすみません、お変わりありませんか。
三太郎さんの山行の様子を拝見できなくなり寂しい限りであります。
そういやぁ、ご一緒した「雪洞泊初雪山」メンバーも今回おられますね、
また朝日へ遊びにお越し下さい、お待ちしております。大歓迎です。


【2010/06/22 06:10】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


帰りの車んなか、〇キちゃんに「乱れたん?」て聞いたら、「人生、たのしまんにゃ~、サービスやねけ、おとなしかったら具合悪いんかと思われるねけ、修学旅行やちゃ」・・・って。いいですねぇ~!
師匠が助手席で終始ぐったり、無事引率を終えしばし安堵の船こぐ教頭先生のようでした。
【2010/06/22 07:27】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
◯キちゃん大いにサービスされてました、、、
+ご本人もカナリ、前向き、楽しそうでした。
そう、師匠が引率の教頭先生のよに。。。正に言い当ててますねぇ。
他お二人の大沢野軍団の美男美女もステキな方でしたよね。
シェフ、忙しいのにいろいろ、ありがとう。

【2010/06/22 19:04】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/349-20064c39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)