旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



小さな旅 - 続・富山駅前放浪編
  
  小さな旅-1006①
                             シネマ食堂街に静かに夜の帳下りる頃
                      周辺では、また新しい‘箱もん’の工事が進んでいた

昨秋出かけたっきりの富山駅前シネマ食堂街に、近所のきんちゃんあっちゃんと出かけた。
あの怪しい世界にひとつ足を踏み入れてみよう、と言うこと(笑)
自分の趣味・嗜好におつき合い願ったという意味合い強かったかもしれない
そしてそれは、黒部 ⇔ 富山間、汽車で往き帰りという、putiローカル線の旅でもあった。

工事中仮設の改札抜け、マリエからシネマ街へ。まずは勢いつけに秋吉へ。
生ビール流し込み、変わらず粒の小さい焼き鳥を弱くなりつつある歯で一気に串から腹へ
まぁこの秋吉も好みの別れる所だろうが、大衆焼き鳥屋としては完全に市民権を得ている。
いつもの飲み食いし、さっと帰る。そんな一人で晩酌の常連さんも多い。
カウンター席の客の回転の速さもこの店の特徴なのだろう。
小さな旅-1006②  

2軒目は今日のお目当て「茶文」。あの桝天さんのお隣り。
店内細かな所まできちんと手が入り小ざっぱり。売りのおでんはなかなか美味かった。
そして、目立たないが、女将さん、やたらと芸能界とかK○Bの女子アナに詳しい、
音楽好きなご主人も交え、一頻りそんな話題で盛り上がった。きんちゃんもう大喜び~
小さな旅-1006③ 小さな旅-1006④

良いも悪いも酔いは回り、気もでかくなり、だば、怪しい奥の世界に行きましょう。
昭和30年代から一代で今もやっているという「コクテール」の戸を開けた
白衣の老紳士がマスター。ピックで氷を割って一杯づつ飲み物を作っておられた
ちょっとおちゃべなのが自分とすればアンマッチだったが、味のあるマスターだった、
よくよく話すと、高校の大先輩(もちろん古き良き旧制中学時代の)だった。
 小さな旅-1006⑤   小さな旅-1006⑥

駅に着いたが、最終一本前の汽車までもまだ30分ちょっとあった・・
突然、あっちゃんがマリエ方面に小走りで走り始めた。えっどーしたん?と二人で追いかけた。
と、次の瞬間3人タクシーに乗っていたからおかしい
タクシーん中で聞いたら、ただらーめん食べたなったがいと
歩いてっても十分汽車に間に合う距離にあるのに、リッチな人はちがうなぁと思った
まぁリッチはリッチだろうが「らーめん食べたい」という気持ちがそうさせたのかも知れない。

こうして、平均年齢55歳男女混合チームの怪しい旅は、ありがちな魚津途中下車もなく、4軒もはしごしてるのに、気がつけば午前様になる前に家に帰還していた。黒部で4軒飲んでたら午前様はまちがいないのに。時間的にはコンパクトながら、情緒味わえたいい旅だった。
この富山駅前シネマ食堂街、登山始めた頃の様に、。。。もうちょっとはまりそうだ。




この記事に対するコメント

学生の頃、先輩に連れて行って貰った‘ゴールデン街’を思い出しました。
長崎出身のママでしたが、最初の‘男’が同じ大学の人だったという理由だけで優しくしてくれた情のある店でした。

ここも雰囲気ありますね。
【2010/06/10 12:17】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


♪ラガーマンマンさん
‘新宿ゴールデン街’へ先輩に連れられて・・・っで、長崎出身のママが。。。。(*^^)v そうですか。富山駅前シネマ食堂街、まぁ、ミニミニ新宿ゴールデン街といった所でしょうか。ちなみに、新宿と言えば、西口ガード下辺りと、あっちの気はありませんが、二丁目に学生時代何度か連れられて行った記憶があります。ともあれ、昭和中期の香り残す飲み屋街って平成に入り急激に減りましたし、形と共に、情けのあるいい飲み屋・ママがずいぶん少なくなった様に思います。お互い、たまには昭和を探しに徘徊しましょう。


【2010/06/10 15:52】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


コクテール、昭和三十年代から一代でやってるってのが凄いですね。
♪夢の坂道は~木の葉~模様した石畳~・・・かっては、そりゃぁ~、世の中ステンドグラスみたいにきらきら輝いていたんでしょうね。あっという間に過ぎ去ったあの頃、今はセピア色した思い出ですが、時計の針をゆっくり戻せばあの頃の彩色が手に取るように浮かびます。なんかそんな世代になりました。もち、焼き鳥も噛まずに喉を通りますよぉ~!
【2010/06/11 07:31】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
一代通してのコクテール、それだけですごいよね、
やっぱ一言ひとことが昭和の生き字引、うんちくに裏付けあり、でした。
今は昔、セピア色の頃も、一杯飲れば、もうバラ色です。そうだね、
今をキラキラ・ステンドグラスって思える人のほうが少ないんじゃと思うし、
だからこそ、人って「あの頃」を思い出し、それ肴にしてワイワイやれるんでしょうー

【2010/06/11 20:45】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/343-f2d4dd00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)