旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



朝日岳方面偵察山行 -小屋にてそして下山偏
 
 下がる-100530(日)
        偵察隊下がる
          … 前朝日岳を巻き劔岳を見ながらは、この時期ならではのルート工作
            ガスられ視界失うと、ここから先ややこしくなる。そうなったとしても
            最近神器のよにもて囃されるGPSなしでも、地形を読めなければいけない。

【2日目:5/29(土)】 北又小屋 → 朝日小屋(朝日平…標高2150m)…つづき 5名

標高を上げ朝日小屋(標高2150m)に着き、一通りの作業、点検作業を終え、ガソリンも回って来た頃、気がつくと、シャバの“街の灯り”を眺める事はできなかったものの、眼下に広がる雲海と落日の夕景が僕らの心を癒してくれた。すばらしかった。夕日は撮らない方なのだが、この日は無意識にシャッターを切っていたほどだった。

小屋の回りにて、小屋の回りから
 朝日神社-100529(土)  朝日平①-100529(土)夕  朝日平②-100529(土)夕
 朝日神社から朝日岳           朝日平の様子
     雷鳥くん①-100529(土)  雷鳥くん②-100529(土)
     番でいた。縄張り主張。少しモードだった、邪魔してごめんね。

           雲上夕景①-100529(土)  雲上夕景②-100529(土)
                静かな落日に ちゃむいけど、うっと~りだった


【3日目:5/30(日)】 朝日小屋 → 北又小屋 → 小川温泉 5名

5時過ぎ、ストーブ2つ点け、一度外に出る。晴れた日の山の朝の空気は格別にうま~い
ヨネさんのおにぎりをカレーライスにし、チャシュー入りミニカップメンで朝食、コーヒー付だ
他に、トマトジュースやカップ焼きそばなどもあった。

男、何想ふ。。。-100530(日)早朝  白馬岳、旭岳-100530(日)早朝  偵察隊下山直前に-100530(日)
  男、早朝に何想ふ。。。           白馬岳、旭岳        偵察隊小屋前にて

          前朝日中腹より劔岳方面-100530(日)  5合目まで無事帰る-100530(日)
                 圧観、劔岳見参        5合目まで戻り来る


偵察隊は無事北又小屋に下山し、そして小川温泉に戻った。任務を果たし無事帰還した。2週間後の小屋開け、4週間後の山開き(登山会)に向け、現場のさまざまな情報収集をすることが出来た。有意義な登山だった。

山も数々あれど、手つかずの大自然広がる北ア北端に位置する朝日岳(標高2418m)界隈。高山植物の豊富さも一級な山域です。お気に入りの頃に何度も歩くも良し、またいろんな季節に足を運んでみるもまた良しです。一度ならず幾度も訪れてみてはいかがでしょう。どのルートから入られても比較的ロングな道のりですが、自分のペースから十分に余裕を持った計画を立てられ、ゆっくりゆっくり歩を進めれば必ず着きます。そして辛くてもそれに耐えて登り来た時、そこには「とびっきり美味い食事」に「ふっかふかな布団」そして「飾らない温かな人情」が迎えてくれるものと思います、身も心もきっと満たされるものと思います。



この記事に対するコメント

ご苦労様でした。
先に行かれてしまって、ちょっと悔しいけど。
今年は何度か行きますよ!
【2010/06/01 20:53】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


しゅんちゃん、写真、コンクール出した方がいいですヨォ!特に落日と剣岳。
それから一枚目の写真。剣岳」から手前の斜面まで、交互に折り重なる、遠近斜めのライン。それに一歩一歩クサビをうつかのように歩を進める登山者・・・ん~、絶妙です。
きっとこのポイントしかないんですよね。千載一遇のチャンスを逃さぬ嗅覚はさすがですね!!
【2010/06/01 21:45】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪yamanoutaさん
先に行っちまって、ゴメンです、
忘れられん内に、
懐かしい顔・顔・顔に会いにまた行きましょう。

♪hシェフ
いやいやおいらの写真なぞ、ちっちゃい安価なカメラで撮ったもの。コンクールに出すような代物じゃーありませんよ。などと言いながら、褒めてもらうと嬉しいもんです、さんきゅう。写真には思い入れはあります。「その時の空気感、臨場感」出せればといつも思いながら、シャッター押します。写真は、カメラの操作を含め基本的な知識・技術も大切ですが、「撮りたいという情熱」+「山神さまが、今だよ、撮っていいよと微笑んでくれた」、その瞬間にのみ、気に入った画が浮かび出てくる様に常々思います。なんちゃって。


【2010/06/01 22:33】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


‘構図はセンス’といいますが、topの写真、本当に素晴らしいです。
最高の天気でしたね。

上山編の岩魚メシ、これは美味しそう(^0_0^)

朝日小屋はまだ行ったことがありませんが、行きたくなりました。
【2010/06/02 18:30】 URL | ラガーマンマン #- [ 編集]


♪ラガーマンマンさん
〉‘構図はセンス’といいますが、topの写真、本当に素晴らしいです
褒めて頂き、ありがとうございます。構図ですが、
完璧から少~しずれてるところが、自分は気に入ってます^^;
味の好みは人それぞれですが、今回の岩魚メシ、僕は、
街で食べたなら、吸い物・香こ付、2杯で1,500円は払いますね、あれには。
とにかく、薄味ながら絶妙なる品のある味付けに山椒の香り、最高でした。
上の朝日小屋、ぜひ一度お越しください。納得のいただける小屋と思います。

【2010/06/02 20:17】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/340-130fb0f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)