旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



コルチナの記憶
  
  コルチナの記憶
                        わらび平ゲレンデから見る後北アルプスの巨人たち

記憶-Ⅰ
小学校の同級生i野くんと出かけた。彼の滑り、すっげーと思った。
ここでパトロールしてる陽子に偶然会った。カトちゃんpe!(何)で写真に納まる
ゲレンデ眺めながら、風呂でさっぱりする。
   1-1     1-3     1-2

  1-4   1-5   1-6


記憶-Ⅱ
メロディと出かけた。限定一日15食の海鮮丼をいただいた。
  2-1 2-2 2-3


記憶-Ⅲ
yamanoutaさん、はっぱさん、まーくんと出かけた。
バイキングランチでまったり。ゆっくり食事を楽しんだ。
この日わさび平ゲレンデの上部の林道は、雪崩の危険ありで封鎖されていた。
  3-1 3-6 3-4

            3-2    3-3  

          3-5          3-7


記憶-Ⅳ
隣のkinちゃんと出かけた。
券売所で「シュンちゃ~ん!」と声を掛けられた、patoの陽子再び、だった。
ここの風呂の滝は勢いがあり、肩・腰によく効く。備品もしっかりしていて良い。
整体があればputi美術館もある。そして、そもそもここはリゾートホテルである。
おしゃれなカフェテリアもある。おやぢには似つかない、そう、まぶしい世界
  4-1      4-2      4-3

  4-4  4-5  4-6

          4-14     4-7 
  4-8   4-9   4-10 

  4-11 4-12 4-13 
 


コルチナは、小じんまり奥の間的、かわいいスキー場
そのコルチナは、本日4/4(日)で今シーズンの営業を終えた。
振り返るに、コルチナの記憶はどうもスキーというより「食」と共にあるようだ  
そして、まだまだ滑れるスキー場もあるが、
わたしの心は、すでに立山を始めとする北アの高みにある。




 ※写真の一部、はっぱさん提供。



この記事に対するコメント

同級生のi野くんって、ひょっとして自分も中学生の時、同級生だったTトムくんですか?
もしそうやとしたら、彼スキーうまいんやー・・・。高校だったか、大学の時、一緒に僧ヶ岳
テント泊したことあります。確かあん時は鉱山道の雪渓トラバースで「こえ~~!!」って
大騒ぎしてたんですけど・・・。
【2010/04/05 20:51】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
そのと~り~、Tトムくんであります。スキーの腕前・・足前か^^; ・・それはすばらしいもんでした。それも、おいらのへったっぴにつき合ってくれて、たぶん実力の半分も出さずにの余裕の滑り。形がきれいでパワフルで安定感を感じました。昔、僧ヶ岳の雪渓トラバースでそんなことがあったんですか~ 彼が僧ヶ岳でテント泊したことがあるって方が、意外だなぁーです(~_~;)

【2010/04/06 06:49】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/319-ad6fd22b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)