旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



メロディとの旅 Part2~観光偏

    忍野八海①-747ta
                                         忍野八海 湧池

天気予報の具合いから静岡入りしてすぐに山に登ったのだが、下り来てまだ午前中だった。っでこれは儲け物と三保の松原を訪れ、昼メシの後、たまにはこちら側から富士を眺めようと朝霧高原に向かった。途中富士が姿を見せてくれた。そして道の駅朝霧高原に着いたのだが、ここ風呂が遠いのよ(11km)。あれこれ思案中に日没。で、富士山時計回りに車進め山梨入り、風呂のある、道の駅なるさわに移動。暗い中車走らせてるからか、メロディ、青木ヶ原樹海という案内板見て怖がっていた。で、入浴。ではここで車中泊と思ったがここ妙に車少なく辺りも暗い。なのでまたまた予定変更。結局この日は道の駅富士吉田の近く138号のローソン駐車場を宿泊地とした。泊まる場所決めるのに二転三転したが、まぁ元々無計画な旅なので何にも縛られることなくうろちょろ、途中睡魔に襲われればコンビニで昼寝を楽しみながらだ

夜中、まるで象においおいと車揺すられている様なそんなでかい風に、寝た気がしないまま朝を迎えた。車ごと飛ばされたらどうしよう・・・と思いながら、明けない夜はないごときで、朝方には風は一旦治まった。朝メシと身支度済ませ、楽しみにしていた忍野八海を人が少ない朝に散歩。良かった。少し体動かした後、学生時代1年間世話になった下宿探しに行った(笑)。建ってちょうど32年半。なぜ正確に言えるかと言うと、世話になって間もない夏前に火事で焼け、僕らは焼け出された。それが夏過ぎに建て直されたから。自分は当夜街で飲んでて外出、午前0時過ぎに帰ってきた時はすでに鎮火していたが、辺り騒然。大切なものは他にもあろうに、下敷き一枚持って出てるヤツ、風呂桶一つ持って外にポツンと立ってるヤツがいるのが目に入ったこと覚えている。服装はTシャツにオーバーオールってのが多かった。・・・もちろん酔は一気に醒めた。そんな思い出のある下宿だった。
西側からの富士山-1122  忍野八海②-1121  学生時代のアパート-1120
 朝霧高原側からの富士山          忍野八海、湧池   あったあった下宿があった

しばし遠い昔の思い出に浸り後、白糸の滝を訪れた。山友で地元のikumiがガイド役だから安心だ 美しい滝だった。正に富士山からの贈り物。そして、この白糸の滝、確か学生時代、懇親ハイキング行事という様なことで計画されていたのだが、体調が思わしくなかったのか…気が進まなかったのか、参加せずだったので、つまり32年振りに宿題片付けたよな感もあった ただ、物事ストレート・タイトにしか見れなかったあの頃見るより、五十路を過ぎた今見る方がその深きを感じ取れたものと、勝手に解釈 またそーいゃー「ホームのikumi」を初めて見た。今回は、現地の生の情報、事前にあれこれもらってたからこそ、いろいろ楽しめた。メロディも大喜びでした。さんきゅう。    
音止めの滝-1121  白糸の滝②-747ta  休憩中-550ta  富士をバックに-372ta
         音止めの滝        白糸の滝         休憩中     駐車場にて


さて、山を歩き、富士山一周し、名勝景勝楽しみ、青春時代の思い出の地を訪れることができた静岡を後にし、東京へ。東京と言っても首都高からの「東京夜景見物」だけですが  東名少し渋滞。20kmにちょうど1時間だったから、まだ「流れてる感」あり、ストレスはほとんど無かった。小腹が空いたので途中港北PAでやきとりを食べた。メロディとおいらは食の好みが似てるので、こういう時意見はすぐに一致する。食べ物を見、目合わせれば、そこはあ・うんの呼吸。

東京ICから埼玉に抜ける間の首都高速からの東京はこれまたメロディにとって初めての景色。上下左右迷路の様に走る、まるで生き物のような立体道路、ライトアップされた東京タワーに巨大なビル群、その巨大ビルの中で動いてる人々、そして、見え隠れする街中の様子に行き交う人々、などなど。どれもこれも、写真撮ること、話すこと忘れて見入っていた。首都高から見る大都会東京の夜景は、メロディにとって、きっと次々に現れては消える映画のワンシーン、夢の世界だったに違いない。

そして、二者択一的首都高速をクリアし都内を脱した僕たちは、さらに北へと進路をとった。




この記事に対するコメント

メロディちゃんと2人旅、メロディちゃんの一生の想い出になりますね。なににも換えがたい
宝物です!これからもパート3、4、5・・・と、ずっと付き合ってくれるでしょう。
メロディちゃんが嫁ぐ日は、”在りし日の まぶたにうかぶ富士の山 シュンちゃん泣きぬれて 白糸の滝かな”・・・ ですね、きっと!
【2010/03/25 20:30】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
v-206メロディ、この旅、宝物になってくれれば良いのですが(苦笑)
彼女が嫁ぐ日、おいらは富士の雲の上より高いとこにすでに逝ってて、
親心知らずの高笑い、うまいもん食って皆で大賑わ~い
本人、“恋”の滝登り~って。。。。。そんなん出ました~ (笑)

【2010/03/26 06:37】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

前代未聞のまちがいです
しゅんちゃん、おはようございます。どえらいまちがいおこしてしまいました。
文法がわからんもんだから、なつかしい昔の意味としっかり思い込んでつかったんやけど
よく考えたら、ぜんぜん違う意味ですよね。はずかしくて顔から火がぁ~・・・
平にゴメン、ゴメンですぅ~、・・・過ぎた日のかなぁ・・・?
【2010/03/26 07:04】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
おっとー、すげーブラックユーモアやなーと一瞬思いもましたが、
なんのその、すぐにこりゃーことばの間違いだと思いましたよ。
シェフの言わんとする気持ちは伝わってきてますよ、ノープロブレム。

【2010/03/26 19:23】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


すごいですね~
私、そういえば三保の松原って行ったことない(笑)大変だ!
俊さんの滝への思いがすごくてびっくりしましたよ
白糸の滝はやっぱり川とかじゃなくて湧き出ているらしいです

楽しんでいただけたなら嬉しいです。
適当に詳しくもなくお伝えしただけでしたがお役に立てて、よかった!
またいらしてくださいね~
【2010/03/31 00:27】 URL | ikumi #- [ 編集]


♪ikumi
富山の人が立山に登ったことが無いってこと多々あるように
地元の人ってそんなものでしょう>三保の松原
白糸の滝、美しさはもちろん、その水源のことがとても気になりました~


【2010/03/31 06:17】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/316-6bf1cdf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)