旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



“ばんつま” でびゅ~ 
  
  栂池に雪上アート-573ta
               栂池にのアート ・・・オラにゃ無縁だけれど、いいねか、だ


“ばんつま”と言っても、正和や高廣、亮のおやじさん、伝説の二枚目スターあのばんつまのことではな~い。。。ん~それ自体がわからん読者が多いでしょう、っておいらも名前しか知らないのですが。。。っで、それは誰かと言うと、banちゃんの奥方・・・つまり略して「ばんつま」なわけ。その“ばんつま”ことkりちゃんが栂池で山スキーでびゅ~されたのでアップです。そもそもが今回は「スキー合宿」ということで他のメンバー共々栂池に一泊で出掛けたのですが、初日に僕ら3人別メニューということにしてもらい、でびゅ~となりました。


天気・眺望に恵まれる中、僕らの歩き始めが遅かった(11時スタート)ので、15名の大パーティー始め先行者がたくさんおりラッセル不要。しかしゆえにテカテカになっててずるずる下がってくる場面も。そしてあいそむないので、敢えて新雪に入り込みスキーラッセルも体験。そんなこんなで当の“ばんつま”さん、急登に難儀するシーンもありましたが、初めてとは思えない、スムースな登りでした。ボーダーも頑張って登っていた。上から見るとやっぱ高度感がある。
登り①-1120 登り②-1120 登り③-1120

登り④-1120 ボーダーもがんばる-1120 登り⑤-1120


登ってゆく時、先人のシュプ~ルが見えた
もう、ウキウキ~、こころおどった
と、ハクノリ(白馬乗鞍岳・標高2436m)の一角が見えてきた。
先人の真新しいシュプ~ル-1120 ハクノリ目指すボーダー-1120 今日のハクノリ①-1120

今日の目的地天狗原(標高2204m)に到着。天気良く眺望もまずまず
そして何よりこの日は、こことしてはかなりレア、ほぼ無風だった
          今日のハクノリ②-1120     oranokage-500ta
             ばんつまさんとハクノリ              おいら

シール外し、しばし休憩の後、下がる。おたのちみの滑降タイム。底はあるものの、なかなかいい雪質で上部はご機嫌な滑りを楽しめた。ゲレンデスキー歴20年以上、足に覚えのある“ばんつま”さん、今回は30~50㌢下に底のある比較的安定したバーンだったので、基本上手だったが、やはり勝手の違いに、たま~に難儀。ターン切る時・切った直後のバランスに苦労していた。しか~しあらら…エリア柄ちゃんと「白馬の王子様」がやって来るのでありました~。雪が融けてしまうかとおいらは少し心配しました~
今日のドロップ地点-1120 滑りのひとコマ-1120 本日のシュプ~ルだ-1120
     今回のドロップ地点      すーっと王子様が        本日のシュプ~ル
    左奥がゲレンデトップ                   中央右奥の小回りがbanちゃん
白馬の王子様ことbanちゃんは、軽いパウダーに、時たま感ずる無重力感・ふわっと浮く感覚に、ファットな板で快適クルージングを楽しんでいた。や~見ててと~っても気持ち良さそうだったし、また惚れ惚れするターン、特に小回りの上手さは素晴らしかった。


さて、山から下り来て、今日の合宿所である民宿が見えてきた
で、メンバーと合流し、夕食をいただきました。ほっと感全開。
林道から栂池村?-1120  合宿所でみんなと合流-1120
    宿に飾ってある山スキーの写真の迫力に圧倒された。

翌日は半日当初の目的通りゲレンデスキー、昼に上がり昼食・コーヒータイム楽しみ、のち、静岡から来てくれたikumiをバスターミナルで見送り、帰路に着いた。途中最近のマイブーム「ながいもの漬物・わさび風味」を買い求め、質素ながら時が止まった感のある品の良い来馬温泉の熱い湯に身を沈めさっぱりした。そこで保勝会の大先輩坂本さんにお会いした(裸見たのは初めて)。おいらの尊敬する山屋のお一人であり、御婦人方にとても人気のある山屋。と同時にまた、77歳現役山スキーヤーでもあるから、鉄人の域である。


これ以上ないというくらい好条件揃った下での、今回の “ばんつま” さんの山スキーでびゅー
扉ほんのちょっと開けてみた、この山スキーという世界 “ばんつま” さんにどう映ったのだろう・・
雪国で山に登る仲間として、登山の一スタイルとして、これからも続けましょうね。





この記事に対するコメント

先日は、本当にありがとうございました。楽しかったです。
あの山並み、とても素敵でしたね。また、行く機会があればよろしくお願いします。
【2010/02/04 09:38】 URL | ばんつま #- [ 編集]


♪ばんつまさん
どもです。や~あの日は素晴らしい眺望の中、気持ちよく山で過ごせました、
山スキーは、雪国ならではの冬山の楽しみ方の一つです、これからも続けましょうね。
「白馬の王子様」共々、また行きましょう。こちらこそ、よろしくです。
【2010/02/04 18:24】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


あんなハートv-238があったなんて!!
知らなかった~
今回はお世話になりました。初めての栂池、楽しかったです♪
鐘も鳴らせたし。

またよろしくお願いします。
【2010/02/05 19:50】 URL | ikumi #- [ 編集]


♪ikumi
そうなんです、登りながら、栂池自然園方向に少人数のトレース確認してたんだけど、カップルだったのでしょうか、すばらしく良くできた「栂v-238池」 とたぶんスノーシューで描かれたアートを、その後休憩した時に見ました。若者もまだまだ捨てたもんじゃないなー、やるじゃん、と思いました~

こちらこそ、遠い所顔を見せていただき、ありがとう。 また遊ぼうぜ~v-218


【2010/02/05 21:25】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/299-9cd437f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)