旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



デビュー戦
  
  スキー登行①-550ta
                            清水さん初スキー登行(標高820m地点)


このたび朝日小屋の管理人清水さん、山スキーでびゅー。その歴史的瞬間に立ち会おうと同行。当初白馬方面の予定で一旦出立・出かけたものの、不測の事態に時間遅れ、気がついたら・・・何故か国少にたどり着いていました 人生にトラブルはつきものですね。でその辺で山に入りました。

装備・道具に、クライミングサポートの操作方法、ビーコンの動作確認を行い、出発。ぐんぐん天気が良くなってきてとても気持ちのいい登行となりました。あれこれしゃべりながら「スキー登行」を体感・確認しながら、まずは大丸山(標高732m)まで。と、いくらも歩いてないのですがすでにもう昼近かったのと切り開かれた高台・景色いいので、ここでランチタイム。立山方面の眺めが、それはそれはすばらしかった。ずいぶん得した気分味わった

サポートの操作-500ta   スキー登行②-550ta   スキー登行③-550ta

大丸山から立山方面-1120   大丸山集合写真-1120


景色楽しみ小腹満たしたのち、再び歩きの練習
快調にと言うか、すげー順調に、来拝山(標高899.3m)に到りました
さすが、山に係わる仕事をなりわいとする人だと思った。
個人的には、前日の山ノ神尾根の、いいリハビリと言うかストレッチになった。
来拝山頂に到る-1120

とても気持ちがいいので、てっぺんでお茶休憩、のち下がる
富山平野もおだやかに見えていた。
来拝山集合写真-1120   来拝山頂から富山平野-1120 

そもそもかわいい小さな山であり、
山スキーに快適な山域(地形・樹林)でもないことに加え
雪が比較的重かったので、みんなガマンの滑り余儀なくされました。
なので、今回滑り(転び?)の写真はパスです
今日の一本-550ta
今回唯一気持ちいかった斜面


my GPSトラックログ
来拝山ログ-884
赤:登り 黄:下り


今思うと何に触発されて始めたのか良く憶えていないが、蝶のように舞い、原野を狂喜乱舞しながら滑り降りる、そんな自由な解放された自分をイメージして始めた山スキー。その始まりは「衝撃的と言うより正に笑劇的」だった。2シーズン笑われ続けた。滑りなんて問題外。シール付けて山を登る事さえままならなかった。。。笑われてもいい、自分のイメージする滑りができるまで、そう思って今まで続けてきた。が。。。今だ「雪に遊んでもらってる」感の強い僕の山スキー。そんな自分のこと思うと、今回デビューされた清水さんの山スキーは実に謙虚でソツなく上手い。特に登ることについてはもう慣れだけだと思う。ただ、滑りを中心に今後楽しいと思えるまで上達されるか否かのキーポイントは「短期間に集中的に場数踏むこと」と「山スキーへの情熱・想い続けること」、この二点だと思う。

他同行者 : はっぱさん  banchiさん





この記事に対するコメント
デビューですか・・・!!
とうとう、社長の山スキーデビューですか・・!!
今度誘ってください。
しかし、皆さん、板太くありませんか・・・?
それって、超激パウ狙いの板ですよね・・・!!
なんか楽しそうだなぁ~!!!
【2010/01/25 21:34】 URL | gappa san #- [ 編集]


♪gappa san
つ、つ、ついに、デビューされました~v-219
そうです、さすがgappa san!みんな底なし激パウ族、
春山よか真冬の深い雪に埋もれ、遊びたい族、の模様~ 
「gappasanに電話してみるけ~」なんて当日向かいの山で言ってました、
聞こえましたか? 今度ぜひ、ご指導お願いいたしや~す、です。



【2010/01/26 00:18】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

山スキー
ゆかりさんもとうとう。。。ですか。。昨日はありがとうござました。
新しい携帯に変え、あまりに使い勝手が違い、時間がかかるの
でこちらに返信しますv-5
朝焼けの五龍を撮りたくて二週続けてテント担いで、八方尾根に
行きました。ピンポイントの天気予報も山では通用せず、荒れ模様
。過去に二度テントで浮遊体験をして以来、学習能力がつき即、
小屋泊に変更。朝四時に出ましたが、地吹雪のため立つ事も困難。
何とかうっすら染まった五龍に出会えましたが、三脚が倒れカメラ
が破損v-40散々でした。このままではやりきれない気
持ちで帰らないといけないのでゲレンデで半日券を買い、吹雪の
中滑りまくり何とか気持ちが治まりました。撮れない時はスキーで
すね。
いつもしゅんちゃんのブログを拝見してて、羨ましくて仕方がありま
せん。私もいつか山スキー再デビューしたいけど。。
登りより下りの方が時間がかかるかもv-12
【2010/01/26 08:42】 URL | ねぎ #SJMMuUIM [ 編集]


♪ねぎちゃん
携帯、時代の最先端のやつですね、羨ましいです。
ゆかりさん・・・ついに山v-223です、
冬の山域が広がるものと思ってます、これからが楽しみです。

二週続けてテント担いで、八方尾根に。さすがです、
人がなかなか見れないきびしい山の世界を見ているのでしょう。
北ちゃんとこで雪の池ノ谷・三ノ窓の写真拝見しました、
小窓尾根から撮られたものでしょうか?・・すばらしかったです。
これからも“ねぎちゃんらしいらしい山歩き” 続けましょう。
山のストレッチに、スキーでもいかが~v-10


【2010/01/26 19:05】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/296-71d392c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)