旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



忘年会最終章2009
  
  連絡所忘年会①
                                     朝日小屋連絡所にて 2009.12.25


今年は後半に来ていろいろ重なり、忘年会への参加は極力控えた
そんな数少ない今年の忘年会のフィナーレを飾る集いが、山賊たちと共に(失敬!)恙無く終わった。
それはいつもながらの光景、山屋らしくすべてが手作りの会であった。
イケメンO江氏O島氏もおられたが、眺めるに、か・なんちゅー濃いメンバーながよ~だ。美女と野獣たちの集いとでも言おうか。フラッシュたかずに撮った記念写真、かなり補正しないと、お顔が浮かび上がってこないのよ。逆に美白の女性方は白飛びしてしまうから塩梅が難しい。

そしていつも通り、他愛のない話題・会話がエンドレス的に続いたのだが、室堂山荘の梅さんが「えーっオレが一番歳上かよー」って困って驚いた様に言われたが、眼光鋭く桁外れの健脚梅さん、ハイ間違いなくあなたがぶっちぎりで最年長だど~。富士山での仕事もしているy本君には、先日の片山右京パーティーの遭難事故について彼なりの見解をお聞きした。富士の嶺の怖さが伝わってきた。また、阿曽原温泉小屋の泉ちゃん・・・森英恵の孫で密かにちょっとファンなきゃわゆい泉ちゃんではな~い。そいことあったりまえやにかー・・・が実に雰囲気のある歌を3パターン程夜更けにチョイスし聞かせてくれた。センスあるなーおしゃれ~と思った。そしてgappaさんも遠い所顔を見せて下さった(←濃さの元かも)。○ちゃんが真っ赤なお鼻のトナカイならぬ、珍しく目の周り真っ赤んなってた辛いヤツ、あれ味に奥行きと品があり、んまかったです、ありがとうございました。

他の方々とも久しぶりにゆっくり話すことができた
いろいろな話しが聞けたし、自分の思いもいろいろだらだら語った
山という共通項持つ気の置けない仲間に包まれ、酔いに任せハッピーな時間を漂った。
最後は長なりながら雑談、のち、自然消滅的てんでにその場で沈没=雑魚寝

連絡所忘年会②


今回、朝日小屋清水さんがその連絡所を会場に開放、提供下さった。
そして、自分は企画からお世話まで何もしていない、座ってただ飲み好きな事語るの~み
贅沢なものである。ご好意に甘え、大いにはしゃぎ、騒がせてもらった、
実に伸び伸び、気持ちよく過ごさせてもらった。

今年は忘れたいことが多い。心は「酒と泪と男と女」なのだ
悲しく辛い時程時にはしゃぎたく、そして無条件でそれにつき合ってくれる仲間はありがたい。
文字通り“年忘れ”にふさわしい、夢の様なひと時を過ごさせてもらった。
ひとえに、参加者皆さんの気遣い心遣いお世話のおかげと、今大いに感謝している。

心やさしき山賊達と、うんうんと話しを聞いてくれた美女たちよ、ありがとう。





この記事に対するコメント

留守中に近所で強盗事件があったようだけど
警察官同席のアリバイが有って良かったね(笑)
【2009/12/26 17:53】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


♪yamanoutaさん
そうなんです。朝8時には家に戻ったのですが、びっくりしました、こんな近くで!って
世知辛い世の中、年末ですね。
「オラにはポリス付きのアリバイあり!」と、家内にすぐメールしました~ "^_^"
【2009/12/26 18:10】 URL | #8XEONt72 [ 編集]


へぇ~知らんかった(笑)
しゅんちゃん、次回はスキーでご一緒させてください。
新型デビューです(笑)
【2009/12/26 23:25】 URL | banchi #- [ 編集]


♪banchiさん
犯人今だ逃走中、捕まってないので、こんな間近にはもう居ないと思いますが、うちの横を逃走してったかもと思うと怖いです。今度山へ深い雪狙いにスキーに出かけましょう。新型の板の性能は3サイズ見ただけで、異次元へいざなってくれる位すばらしいと思います!(^^)!
【2009/12/27 06:27】 URL | #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/279-88c2d82f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)