旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



山岳遭難
  
片山右京パーティーが今、富士山で遭難している
テントが飛ばされたらしい。救助を要請してきた片山氏本人から
すでに死亡者がいるとも伝えてきてる、とNHKがラジオで報道した。
これ以上大きな事故にならなければいいのですが。

※ 関連記事


〈追記〉
今宵これから長谷川穂積の世界戦。
彼の、相手を見ての冷静な攻防はすばらしいというか、美しい
天才穂積に勝算ありとは思うが、こればかりはやってみないと分からない。
外は寒く荒れぎみ、久しぶりにまとまった雪の様相の黒部だが
おいらの心はウッキウキ  もち穂積KO勝ちでの熱戦・・・キボンヌでR。




この記事に対するコメント

猛者でも、相当の装備があったとしても、経験が豊富であったとしても遭難するんですね。
気を引き締めて、と改めて思いました。
【2009/12/18 19:38】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
穂積4回KO勝ちってことで、早めのレスです!(^^)!
まずは右京氏だけだったら遭難しなかったと思います。誘った仲間お二人の山の経験・実力どのくらいだったのでしょう。この時季からの富士山は変な表現だけれど「日本じゃない世界」だと思いますから、気軽にと言いますか強引に誘ってれば、彼の「過失致死とか未必の故意」を感じます。まあそいうキナ臭いことにはならないと思いますが。 ただ、今遭難事故は、行く先に寄っては、誰でもカレでも誘っちゃいけないという見本の様に思います。
【2009/12/18 20:49】 URL | #8XEONt72 [ 編集]


 何で、この時期、特に大荒れの予報が出ていた筈なのに。
普通ならって思いますよね。。。。
でも、時速300kmで走っていた人だからなぁ。。。
残り2人の安否が心配です・・・・・
【2009/12/18 20:53】 URL | gappa san #7eSlJQ8A [ 編集]


♪gappa san
ちょっと理解しがたい登行ですが、
風はともかく、降雪については
あっち方面の予報はそんなに悪くなかったのかもです。
ほかのお二人の安否、ご家族のこと思うと、本当に心配ですね。
【2009/12/18 21:00】 URL | #8XEONt72 [ 編集]

ベテランの遭難
お久しぶりです

大昔のことですが、こういうニュースを聞くたびに、南極観測隊ベテランの福島隊員の遭難を思い出します。
昭和基地で、居住棟からほんのわずか(数十m?)離れた毎日通っていた観測棟に出かけ、そのまま帰らぬ人となった事故です。

当時も山に行ってましたので、強い衝撃を受けて今でも忘れられません。

(だから今でも天気の悪い時の山行は苦手なのかって?   いえいえ、それは単に軟弱なだけです。)

【2009/12/19 14:14】 URL | 酒呑老子 #sADubaXA [ 編集]


♪酒呑老子さん
ども(^^)です
>昭和基地で、居住棟からほんのわずか(数十m?)離れた
>毎日通っていた観測棟に出かけ、そのまま帰らぬ人となった事故
そういうことがあったのですか。恥ずかしながら知りませんでした。
ご家族のこと思うと痛ましいですね。
そしてその頃も山に!だからですか、あの山座同定の正確さは。ガッテンしました~

今回の片山氏の事故・・・つらつら思うに、
どうして、ひとつのテントで泊まらなかったのでしょうか??
何か理由があったのでしょうか? わたしには考えられません(ーー;)

【2009/12/19 19:43】 URL | #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/274-7b172d6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)