旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



81(S56)年2月は大雪だった



大瀧詠一 ♪君は天然色
発売当初はシングルカットされてない。アルバム「ア・ロング・バケイション」に収録された曲
歌詞はともかく、比較的軽快でノリのいい作品である。
「さらばシベリア鉄道」も収録されているが、その中で今でも取分け好きなのは「恋するカレン」
むむっ??では今宵紹介したのが何故「君は天然色」なのか、、、それはな~いしょ。

この作品が世に出される直前81年2月は大雪だった。いわゆる56豪雪(S55.12~56.3)である。どうして憶えてるかというと、今はとんと見なくなった幌付トラック(三輪ではない)に家財道具を積み込みそれを自分で運転し東京さから引き上げてくるS56年2月後半、米原から日本海側に入ったとたん猛吹雪。福井で高速下ろされ延々下道を走ったからです。今なら学生も荷物は少ない上にみんな親任せ業者任せなのかも知れないね。今より「生きる力」あったかも。

大事な事はすぐ忘れることが最近多いのに、「心のネガ」っていうやつはすごい
天然色とは程遠い、色あせたセピア色と言うか、、、ほとんどモノクローム色なしだけれど
いつまでも心の奥底にきちんとしまっておいてくれ、時たま思い出させてくれる、不思議。。。
因みにこの歌の発売の直前からこの年爆発的にヒットしたのが、寺尾聡「ルビーの指輪」でした。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/27-d41cd3b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)