旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



広島行 ・・・寺ちゃん結婚披露宴編
 
  寺ちゃん披露宴後に-1200
                       ANA CROWNE PLAZA HOTEL 広島  2009/11/28(土)


寺ちゃんが結婚した。
えっ寺ちゃんちゃー誰けー?だね。すいません、それは、今世紀に入ったちょうどその年、朝日小屋でバイトしていた広島出身の男である。控えめで気持ちのいい男である。俗に言う「いじられキャラ」的な一面も持つ。が、当時小屋の手伝いで困惑するシーンがあった自分に、彼はいつもさりげなくそっとアドバイスをくれた、助かったのよ。今も感謝している。若いがハートのある男だった(もち今も)。そしてそのハートは管理人清水さんによってさらに磨きがかかったものと思う。山行としては、いつだったか。。。yamanoutaさんと3人で、日本海の塩水に身を清め、ロングなあの栂海新道でかい荷物背負い登り、朝日小屋の小屋閉めに入ったこと思い出す。

また、ちょっと天然系(寺ちゃんごめん!)だが、その頭脳は明晰「都の西北」の出である。その辺のアンバランスさも彼の魅力だと思う。その寺ちゃんが、結婚したわけよ。っで、定期便の様に富山に来てくれる彼(・・・たぶんこの8年で25回以上足を運んでくれているのではないだろうか)に、今お返ししなきゃーとの想い、日頃の気持ちを行動で示さねばとの思い、なんて。。。。まぁ早い話し簡単な話しが彼に会いたくての広島入りだったのです。

いつもは富山というAwayな彼の、ここ広島Homeでの顔を初めて見た
人生の大舞台にあっても、結構余裕やん。「広島じゃけん!」だろうか、いい顔しとるわい
おいらの方が・・・誰も見とらんがに。。。緊張してたみたい
余裕の寺ちゃん550ta


今回、富山からは披露宴に、朝日小屋管理人清水さん、当時の小屋の番頭で現在富山県警山岳警備隊員としてがんばっている哲也夫妻が招かれていたのだが、ぼくら3人はお抱え運転手宜しく、“かけつけ隊”として宴(・・・僕らの本番は二次会ですが)に立ち会いました。
“かけつけ組”寺ちゃん夫妻と①-1120 “かけつけ組”寺ちゃん夫妻と②-1120

新婦一家のはじけた感じは、ここ富山と違う風土習慣なのだろうか。かなり、マグロマグロ、ブリブリ、・・・じゃなくて、そう、サバサバしたご家族だった。親御さんより自分の方が老けてるんやなかろうかと、内心ちょっと焦ったり。そして明るくドカンと落着きのある新婦と慎重派の寺ちゃんって、いいペアリングじゃない、と思った。神様は上手いこと引き合わせるもんだね。ほな二次会へ、であります。

寺ちゃん夫妻の乾杯でゴ~ング
奥さんのノリもなかなか、いいキャラしてるねー
二次会のゴング鳴る-550ta
蛇足ながら、奥様英里子さんは「陸の王者」の出であるとのこと
ありゃりゃ、人生を賭けた早慶戦が今正に始まったのだ、などとも思った。

会場は貸切り、たくさんテーブルあったが、僕らの一角は「富山村」だった。ここが広島であるという事を除けば、それ位小屋で飲んでるのか、笹川で飲んでるのか・・・いつもと変わりなき空間だった。

と、こうして見るとモンベルに勤務し東京から来た“じっきー”結構酔ってるやん。超天然な彼女、皆の追及に会い、結果大ネタ提供(何)。不思議な雰囲気持ってる彼女だが、変わらずきゃわゆいヤツだった。そしてさやかは披露宴中新婦のお父様にマジぽく口説かれたらしい。ほしたら哲也はいったいどーすりゃいいがけ~。TPOからすれば意味不明だが、すんげーパワーある父君ですね。そして嫁を危うく取られそうになった哲也は、持ち前の社交性とファジーさ(失敬)を大いに生かし、場を盛り上げていた。
二次会朝日組-1120





改めて、寺ちゃん  結婚おめでとう!

今回の華燭の典に際しては、お祝いのことばが北アのふもとから何本も来ていた様ですね
朝日小屋、北アのみんなが、寺ちゃんに毎年会えることを、本当に楽しみにしています
所帯持ち、機会が減ることは致し方ないのかもですが、奥様共々また遊びに来てやってください。

そして、月並みではありますが、二人力合わせて、幸せを探し続けてください
自分も同じ歳の、やはり同じ秋に結婚しました。結婚生活を続ける一先輩として
こういう時いつも決まって思うのですが ・・・・ これからが本当の愛なのかもしれない。





この記事に対するコメント

この報告待ってました!
banちゃんの速報でも見てたけど、てらちゃんい顔してるね。
沢山の知人が駈けつけて、てらちゃんもさぞ喜んだことでしょう。
それにしても、あの辛くて寒くて遠かった栂海新道思い出すね。
【2009/11/30 21:06】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


こんばんは。
寺ちゃん、ご結婚なされたのですね。
何度か、朝日小屋でお会いしたことありますが・・・・
綺麗な奥さん貰われて・・・・
ほんとに、おめでとうございます。
【2009/11/30 22:02】 URL | gappa san #- [ 編集]


♪yamanoutaさん
Homeで人生の大舞台に立つ寺ちゃんは、見慣れてる雰囲気とちょっと違い
とても堂々としてました(笑)。また、後光が差した様に、輝いて見えました。
でかい荷物背負って登った、あの栂海新道、懐かしいですね。

♪gappa san
入籍、新婚旅行(北インド)は済ませての、今回は披露宴のみだった様です。
奥さん、きれいで明るくて、豪快そう(・・・人間でかそう)な方でした。
二人に幸あれ、ですね。



【2009/12/01 06:05】 URL | #8XEONt72 [ 編集]


寺ちゃんとは小屋と連絡所でお会いしただけなんですけど、とびきりのナイスガイという印象が
濃いです。
早慶ってことですか・・・うまくかみあっていますね。ほんと、おめでとうございます!
どことなくもう尻にひかれてるように見えるのは気のせい?
【2009/12/01 12:05】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
寺ちゃん、ん~ん、いいキャラしてるよねー
人生というステージで毎日24時間早慶戦が繰り広げられる
や~贅沢だねー・・・・違うか^^;
>どことなくもう尻にひかれてるように見えるのは気のせい?
そんな匂い、どこから嗅ぎつけられましたか~?
感度が高いのは舌だけかと思いきや、鼻もだね、さすがでありま~す^^;

【2009/12/01 19:42】 URL | #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/266-d2c33c48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)