旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



♪早く来い来い(^^♪
  
  
                                   パウダーランだ~ うっと~り


今シーズン初めての寒気の南下。昨日11/3文化の日の朝、黒部はみぞれまじりの雪が平地でもやや強く降り、車の屋根は一時白くなりました。今シーズン初めての事でした。

・・・と、なれば、早く山で滑りたいなぁ。あの浮遊感・無重力感・雪の中を泳いでいるような独特の感じ、もうわくわく。3月~5月いわゆる春山スキーにも出かけるが、やっぱり、新雪深雪パウダースキーが最高にいい。 板のチューンナップは済んでる。道具と気持ちの準備はできている、つまり後は雪だけなんよねー  昨年は11/6立山に初滑りに出かけているが、今年は天気のいい日が少し続くようなので、初滑り、まだ先の事になりそうです。

で、目で見ててだいたい分かるのですが、立山にはどん位積もったのかと、ライブカメラ見てみたら、ありゃりゃ、まだ少ないやんでした。見た目より現地に行けば雪はあるものなので、斜面(ルート)を瞬時に選べればスキーはできますが、おいらの実力では板ズタボロだにゃ~です
立山-091104午後5時半
                   今日11/4(水)午後5時半の立山の様子
                      ・・・標高2450mから3000mを見ている

うちの周りにはいらんけど、山にはフカフカの、一日も早くたんと降って欲しい。


富山に生まれ住んで「山」と出逢ってしまった。そして富山はいわずと知れたりっぱな雪国である。標高によるけど富山の山はざっくり半年雪の世界なのよ。つまり雪山に行かないってことは残された人生の半分棒に振るってこと。ならば、無雪期のみならず、雪のある時も山に行こうじゃないか。雪のない時1時間掛からない里山の頂に、7時間掛かったこともある。十分楽しめる大人の遊び場だ。そしてできれば、より童心に返って楽しめる「山スキー」という世界の扉を開けよう。その時あなたの心には、子どもの頃暗くなるまで近くの小さな雪山で無心に遊んだ、そんな自分の姿を思い起こさせる様な、懐かしくてほのぼのとした感覚・世界が浮かんでくることでしょう。





この記事に対するコメント

板のチューンナップって何をすればいいがけ?
教えてね。
この前ちょっと見たらエッジのところに錆が見えました。
あれくらいなら一度滑れば取れるような気がしますが・・
【2009/11/05 13:45】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


♪yamanoutaさん
どもです。一言で言えば、エッジ、滑走面、ビンディングの手入れ、板をよりgoodな状態へ、な訳ですが、それについてはこのあたり参考にご覧くださいです。
http://www.asahi-net.or.jp/~FZ9Y-NIKR/skitune.html

yamanoutaさん昨シーズン確かエッジを使うバーンをあまり滑ってない様に思いますし、滑走面も傷はまだそんなに無いのではないでしょうか。エッジの錆程度のみでチューンナップまだ不要でしょう。

おいらは、山スキーを始めて一度もこのチューンナップしてなかった(ほとんど気にしてなかった)ので、今回初めて外注に出して行いました。板3本の内2本出したのですが、1本は滑走面かわいそうなくらいギタギタだったのが、それがツルツルに仕上がってきました~、エッジも鋭くなりました!(^^)!

【2009/11/05 17:51】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/249-d533f45a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)