旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



Saturday Night Fever
  
  
                                '77年 映画 Saturday Night Fever


ここの所、富山はいい天気が続きます。秋晴れというヤツ
そろそろ水仕事は冷たいものの、外仕事は捗るし、風呂場も洗濯物も良く乾きます
で、おてんとさんに負けない元気のいいの、ということで、これだ。

ご存知、サタデー・ナイト・フィーバー、日本では翌 '78(昭和53)年夏に公開された
クラブ やなくて、ディスコと言った時代の話し。もち、リアルタイムで観た。
主題歌は、映画「小さな恋のメロディー(メロディーフェア)」も手掛けた、ビージーズ。
今は死語だがこの映画が創り出した “フィーバーする” ということば長く使ったなーです。

そのトラボルタももう55歳である
今は亡きあのダイアナ妃とホワイトハウスで踊った事があるというからすごい。
今こうして見ると、なんやースローモーションみたいな踊りやにかーとも見える
腰を振り片手を天にかざす、あの振り付けが脳裏から今も離れない
そして、あの妙な腰の振り、当時見てて、こちとら、とても恥ずかしかったものだが
女子の目には、どう映っていたのだろう?? ・・・今も誰にも聞けな~い
そしてそれは、後にマイケルや、日本では、サッカーのカズが真似たんでは?とも思った。

昔「サタデーナイト」今「花金」・・・えっ?それももう古いって・・・ならいつ仕事するがよだが
休みが週末一極集中型から、平日分散型へ大きく移行した時代の移り変わりは否めない。


ともあれもう何年も、こういう妖しく艶めかしい雰囲気の灯りの下には行ったことがない
そして、昔行った事があるとは言え、それは自分の場合
遠い彼方青春の頃、夢は見るものの、寂しくも切ない、そんな思い出と共にある
ただ、歳を重ねた今も、時にはグッと来るよな、そんな熱い時を過ごしたいものである。




この記事に対するコメント

最近友達に「絶対に好きだと思うよ」といわれ2枚のv-52をもらった。

「GREASE」(トラヴォルタ、O・ニュートン=ジョンニーン)と「Saturday Night Fever」。
先に「GREASE」は観た。面白かったヨ。
「Saturday Night Fever」はまだ観てない。
ここでネタになってるし、なるべく早くに観ようと思う。
【2009/10/29 21:14】 URL | sora #- [ 編集]

サタデ~ネ~ト フエ~バ~!
いきましたよ、そのころディスコへ。ディスコの殿堂、六本木のスクェアービルですよ。
友達といったんやけど私だけ入り口で止められたんですわ。「そのお洋服ではちょっと・・・
」だと・・・まわりにいっぱいおったし、田舎もんや~見破られたおもって、顔から火ふくほど恥ずかしかったですよ!そんなんやったら田舎もんのど根性みせたるわいおもって、外の非常階段で裏口からはいったんですわ。ジャッキーチェンばりですよ!・・・ま、踊り場でもしっかり淘汰されて結局ソファーで爆睡やったんですけど。行き詰るとこやっぱ田舎もんだったんですな~。
【2009/10/29 23:45】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪sora
同じ78年に封切られた、“グリース”だね
ほにゃららほにゃらら~フフフッツ~てー歌の入る映画だね
分かります分かります。高校生ものだったと記憶しています。
サタデー・ナイト・フィーバーも、結構楽しめると思いま~す。

♪hシェフ
そう、六本木のディスコへ、そして服装で入れてもらえなかった
そんなことも当時良く見聞きしましたし、実際あったね~
しかし、ジャッキーチェンばりで入ったとは、今のシェフからは想像できませんな~
ま、ともあれ、ディスコってのは、僕らの世代の一つの共通する思い出だね。

【2009/10/30 06:13】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/246-138674e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)