旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



小屋閉め 2009
  
  最後の晩餐-565ta
                                    “最後の晩餐” 開宴 (10/14)
              分かりにくく、そして顔とは限らないが12名全員が写り込んでいる。


今年も、仲良くしてもらっている北ア最北端の営業山小屋“朝日小屋”の今シーズンの小屋閉め作業を手伝いに行ってきました。初日は好天の中、“ほほをやさしく撫でてくれる様な秋の陽ざし”を五感で感じながら気持ち良く、言い換えれば、快晴の中、前へ前へではなく、次ぎ踏み出す一歩に心踊り、踏みしめた一歩に幸せを感じる、そんな登山を満喫できた。クサリ場の上で小屋閉め一次大隊(20名以上)とすれ違い、後に夕日ヶ原で昼食を取り、小屋入り。

一息ついた所で、その日にやるべき作業はほぼ消化されていることが判明。ならばと午後からは、重要任務“残酒整理作業”に専念。何事にも得意不得意があります、今回同行のタクちゃん先輩、早速面食らったことと思います。すみませんでした

来年の小屋開け(6月上旬)まで小屋は8ヶ月間眠りにつく。越冬でもある。大自然の中にポツンと残される小屋が小屋開けの時まで無事で居てくれるようにと、清水管理人が作業工程表を作成されます。僕らはそれに基づいて作業を進めます。また、いくらやりたくても全館水抜きや大蓮華(という最後みんなが一緒に寝る部屋)の畳上げ布団の始末、最終日の朝食や弁当の準備や片付け・ごみ出し、そして戸締りの様に、最終日でなければ出来ない事もありますので、下山日早々に下がり始める為には段取りが決め手、極めて重要。作業計画がタイムテーブル的に紙上で目で見て分かるように出来ている事、これは非常にスマートでやり易い。漏れもなくす事ができますね。

さて、一夜明け、天気は上々。
ただ、山の天気は変わりやすいので、早速外仕事に入ります。
水タンク周り補強-565ta  無線アンテナも撤去-565ta
小屋の裏の水タンクの囲いを西棟梁の下、しっかり補強
てっぺんにある無線機のアンテナも外します
今となってはレアなシステムとなった公衆電話のアンテナも撤去格納
ぶら下がりに滅法強い○ちゃん大活躍。餅は餅屋ですね。

そして、来年6月上旬の小屋開けの頃、小屋の周りはまだ雪に覆われています(こんな感じ)。ほとんどが雪の下、なのでその為の燃料確保や、他、畳上げ、厨房処理などが、今回は僕ら最終作業部隊の前に順調に行われていましたので、今回はじっくりあれこれ小屋を観察チェックすることができました。一次大隊に感謝します。



そうこうしてる内に下山日の朝がやって来ました
一通り小屋閉め作業を終え、いよいよ下山です。
最後の朝-1120  最後の白馬岳-1120  最終下山部隊-800
                                                最終下山部隊

暫しの別れ-1120 
バンザイの丘で小屋と最後のお別れ。それぞれにそれぞれの想いがあるだろう。
後は、部隊が怪我事故何事もなく下山する事、これが最後の小屋閉め作業です。 

夕日ヶ原をゆく下山部隊-1120
夕日ヶ原を下がる。若い衆は大きな”下げ荷”を背負っての下山です。

今回、イブリ山頂⇔9合目間、この8月に新しく切り開かれた新道を通った
途中眺望開け、剱岳も望める。僅か4日間で開通させたとはとても思えない
良く拓かれたすばらしい登山道であった。


ブナ平をゆく-565ta  1合目まで下がり来る-1120  最後の100段-565ta
5合目付近ブナ平ではブナと木漏れ日に癒され、そして1合目まで下がり来た
最後は、ジャスト100段の階段を、ただただ登り、無事何事もなく北又小屋に帰還。



☆ 登山道から紅葉などの様子紹介
  昨年ほどではなかったが、時折光が入るときれいだった。

7合目下紅葉-565ta    降霜-750    クサリ場上部より朝日岳-565ta
7合目下(上山時)       8合目下降霜(上山時)        鎖場上部から(上山時)


7合目上部からの紅葉-565ta    イブリ紅葉-1120
7合目上部から(下山時)   イブリ山紅葉(下山時)



北アのスーパースター白馬岳は真っ白、朝日岳も雪で薄化粧、
そして、中日と下山開始直後には朝日平にも雪が舞った
北アルプスは本格的な冬篭りに入ろうとしている
小屋よ 朝日に集う岳人達よ 今年もありがとう
そして また逢う日まで。




この記事に対するコメント
万歳は散会にあらず
最後のおつとめもたくさんあるんですね、ほんとうにお疲れ様でした。
乾杯の写真は勢いがあってとてもナイスです。
最終隊はバンザイの丘でバンザイがないんやぁ~、そういやぁそっかぁ・・・初めて気が付きました。いつもしてもらってること・・・改めて感謝、感謝です。
小屋はまたの再開まで深い眠りにつくんですね・・・本当に一年間お疲れ様でした。

バンザイ、バンザイ、バンザイ~~!
【2009/10/16 23:32】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
最後のおつとめ・・・山小屋には、利用する側からは見えない、そして山岳地帯ならではのたくさんの作業がありますね。乾杯の写真褒めていただきさんきゅう。カメラ(コンデジ)壁に斜めに立て掛け、2秒セルフ使用。場の空気感、臨場感出すのにノーフラッシュ撮影。タイミング読むのが難しかったです。最終部隊を、小屋で雷鳥たちが見送ってたかもよ、なんて!(^^)!
【2009/10/17 06:28】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]

ご苦労様でした・・・
 黒部のシュンちゃん、小屋締めご苦労様でした。
天候にも恵まれ、また一つ、心に残る小屋締めだったのでは・・・?
僕も、いつかは参加してみたいです・・・・
【2009/10/17 08:15】 URL | gappa-san #- [ 編集]


♪gappa-san
!(^^)!どもです。
3日間とも降られませんでしたので、外作業捗り、順調に事が進み良かったです。朝日は、花のいい時が一番の人気ですが、小屋開けと小屋閉めどちらも心に込み上げるものがあり、また良いものです。小屋閉め、即戦力的gappaさんは大歓迎、いつでもおいでください。あっ!重要任務残酒整理もヨロシクです(~o~)
【2009/10/17 12:53】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


こんばんは。小屋閉め、おつかれさまでした。
お天気に恵まれて、何よりでしたね~
そして飲み会、楽しそうですね

シュンさん、あまりに汗だくで登っていたので、調子が悪いのかと思いました(笑)

新道は落ち葉でふかふかで、とっても歩きやすくてよい道でしたよね。

今年は行けないと思っていた朝日に行けて私も楽しかったです。
いろいろ手配してくださった管理人さんにも感謝感謝です。
また、よろしくお願いします。
【2009/10/18 01:03】 URL | ikumi #- [ 編集]


♪ikumi
今年も無事小屋閉めが終わりました(ホッ)。今の道が使われなくなる一抹の寂しさあるものの、ホント新道気持ちの良い道でしたね。その通りです、すれ違った時汗だくだったのは、イブリ山頂でガブガブ飲んだ「冷たい水」で腹痛起こしての体調不良でした(ーー;)。腹痛で辛かったけど、みんなに会えたのでうれしかったです。今度は雪山においで。
【2009/10/18 06:03】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/235-45d6bff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)