旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



小屋閉め2008

仲良くしてもらってる北ア最北端の営業小屋・朝日小屋の小屋閉めの手伝いに今年も行ってきました。北又からのルートの紅葉はいつもは草紅葉が主役なのですが、今年は初雪山や定倉山も赤や黄色に染まっており例年に比べ、木々色づく山を楽しめました。
 
 
夕日ヶ原を行くエプロン部隊 (・・・「エプロン部隊」とは小屋でお手伝いする人たちのこと)
色づく周辺の紅葉は、この山域としては例年になくとてもきれいでした

     夕日ヶ原をゆく



畳を上げ部屋もきれいに掃除

     畳上げ



きびしい冬に耐えれるよう外もしっかり戸締り
山では「男女均等」は二の次
力のある男衆が外仕事、厨房などの中仕事は女衆が担当。その方が事は上手く運ぶ

     外回り



一日の仕事が終わり食堂からふと目を外に向けると、雲海が広がっていました

     食堂から



後北アルプスのスーパースター「白馬岳」夕景
夕日にほんのりピンクに染まっていた。僕らは小屋ん中で連日赤く染まってました(*^_^*)

     白馬近景



最後の夕焼けは殊の外すばらしかった
夕焼けは撮らない主義なのですが、この時は無意識にシャッターを切っていた

     夕焼け



また来る日まで
各々がそれぞれの気持ちを心に秘め、小屋に別れを告げる

     また来る日まで





清水管理人ほか小屋のスタッフ全員が10/15に小屋を後にしました
これで小屋はきびしい大自然の静寂の中、来年6月中旬の小屋開けまで冬ごもりに入りました。




この記事に対するコメント
お疲れさまでした
小屋閉め、お疲れさまでした。
私が訪れた時はお花が咲き乱る7月のことでした。
早いものでもう10月、小屋も閉まってしまいました。

誰もいない初冬の朝日に行ってみたい・・・・ってちょっと思います。
もう、身一つで厳しい自然の中で生きていける生き物だけの世界なんだけど。
そっと大切にしておかんなん所だけど。

分不相応にそう思います。
【2008/10/17 00:57】 URL | よったん #TuyMze4. [ 編集]


よったんどーもー!(^^)!
小屋閉め後本当の静寂に包まれた朝日岳、ちょっとそそられるね、
15日に小屋を後にする時そんな話題どこからともなく出てました。

「身一つで厳しい自然の中で生きていける生き物」ってすごいよねぇ~
人間って欲張りな割りに、特に一人だとよわっぴだもんね(ToT)/~~~
【2008/10/17 06:58】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


小屋閉め、お疲れ様でした。

来年は、朝日小屋の小屋閉めの手伝いに行きたいと思います。

北又小屋の手伝い仕事は有りますか?
【2008/10/17 23:10】 URL | イッちゃん #- [ 編集]


イッちゃんどーもです!(^^)!
来年はぜひ手伝いをお願いいたします
北又小屋は上に比べ営業終了がひと月ほど遅いので
小屋番の米澤さんと小屋の持ち主である大蓮華山保保会の会員が
例年小屋閉め作業をしています。手伝いは特に不要です。
【2008/10/18 09:14】 URL | 管理人 #- [ 編集]


ご連絡ありがとうございます。

某所の日記のファンでしたが、退会ということで…

v-10
パチパチパチ
これからチョクチョク訪問いたします。

朝日小屋番日記で1年後の小屋締めをチェックしてました。
もう1年が経ったなんて。。。

高所からv-276の知らせも入ってきてますね。
土の上でお会いした、ハレルヤのI井さんやO竹さんと
v-276の上でお会いしたいですぅv-275
【2008/11/05 21:11】 URL | 荒象 #- [ 編集]


♪荒象
かつての某所とな~んも変わり映えしない内容
おやぢの「想いこみと妄想」をだらだらつづった様なブログです
たまに覘いてやってください
雪が積もったらハレルヤ山行に遊びにおいでおいで!
【2008/11/06 05:29】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/23-f4663ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)