旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



剱北方稜線(速報)
  
  池の谷ガリー-700ta
             右"池の谷ガリー"を下り、左の棚今宵の幕営地、三ノ窓に到った
             クリックしてでかくして見ると、写真中央辺りに登山者を確認できます


今年3度目の剱岳、今回は北方稜線を歩いてきました。

初日   : 自宅 → 室堂ターミナル → 剱岳山頂 → 三ノ窓、テン泊
二日目 : 三ノ窓 → 小窓 → 池の平小屋 → 仙人池ヒュッテ、小屋泊
三日目 : 仙人池 → 阿曾原、テン泊
四日目 : 阿曾原 → 欅平 → 宇奈月 → 自宅

重荷を背負っての剱岳登頂、そして北方稜線は、少しキツかったですが、
天候と、良き岳人たちに支えられ、今回無事に歩き通すことができました。
そして、剱岳北方稜線、そこには気の抜き所の少ない世界が広がっていました。


初日、カニノヨコバイでの事故救助現場に遭遇。タテバイ下には血塗られた岩が生々しくありました。そして今日午後帰宅し新聞に目を通すと、北アでの集中した山岳事故多発にとても驚きました。同じ山を歩く者として、ご冥福をお祈りすると共に、それは自分への戒めでもあると心に刻み、山に入らなければと思いました。


・・・さて、荷の片づけと洗濯は終わったのですが、ちかれたので、詳細後日報告です。




この記事に対するコメント
北方稜線
ずいぶんご無沙汰しました。

 北方稜線、それもテント担いでの縦走ってほんとすごいですね。次元が違いすぎて想像できません。

 シュンちゃん達の初日、大日岳に行ってました。 (その時の写真を拡大したら、シュンちゃんが写ってましたよ------ウソ)
降り出してすぐにたまたま近くにいた人から、「あんなところにヘリがいるけど何でしょうね?」 と聞かれ、見るとヨコバイのほんの少し下で岸壁にへばり付く感じでホバリングしてました。
「ヨコバイで事故があったみたいですね。」と話したんですが--------。

 実はこの5月にも、立山で僚船から山崎カールに滑落した事故に遭遇しています。自分が主人公にならないように自戒しなくてはと思っています。
 
【2009/09/24 15:41】 URL | 酒呑老子 #sADubaXA [ 編集]


♪酒呑老子さん
どもです、そしてこちらこそごぶさたです。やっとかっと行ってきました、北方稜線です"^_^"。 そうですか、あの日大日岳でしたか、こちらからも見えましたよ、な~んて。ヨコバイの事故直後の様子も見られたのですね。かわいそうですし、自分に置き換えてもそうですが、自業自得、主人公になる日が来ない様、おいらも用心します。
また、山ご一緒下さい、宜しくお願いしま~す。

【2009/09/24 21:14】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/222-40dbfde5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)