旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



今年初めての朝日岳"^_^"
  
  山頂近くより朝日平-1120
                                      朝日岳山頂近くからの朝日平


今年初めて、朝日岳の頂に立った。朝日平、つまり朝日小屋(標高2150m)には、今回で今年4度めだったのですが、ありゃりゃ、恥ずかしながら(横井さんかよー、えっ誰?知らんて?、こりゃ失礼)・・・山頂(標高2418m)に到ったのは、実は今年これが初めてだったのよ"^_^" そしてそれは今年の山開き以来だから、純然たる無雪期は、これまた久しびり~ってことでした。

同行者は、まりんさんご夫妻。ネットの山友、初対面。モデルにもなっていただいた。
眩しい位の朝の光を受け、すばらしい天気空気に包まれながら、まずは1合目で小休止。後、ほぼ2つ刻みで急登を登り上げ、イブリ山頂(標高1791m)まで。ここで10分小休止の後、夕日ヶ原(標高2000m)まで歩を進め、ランチタイムとしました。途中には、マスクマンもいましたぞ。 元々"今日はここまで"という美枝ママにゆっこさんにやっと追いつき合流。しばし話しそして分かれる。美味しいものもいただいた、ありがとうございました。草紅葉が少し始まった静かな夕日ヶ原だった。
1合目にて-1120  朝の光を受けてゆくのだ(^^♪-500ta  マスクマン現る-600
ゆっこさんは次が「朝日100回」だと言っておられた。ぜひその記念登山は同行させて下さい。因みにおいらは、今回が44度目の朝日(小屋)であった。ん~まだまだやね~だ。


        で、6時間掛からず、小屋に無事とーちゃ~く
        ふ~っで、ぐび~っで、おつかれさ~ん
        朝日神社には好きなタカネマツムシソウが咲いていた
        タカネマツムシソウに向かってお参りしてるようなもんだ(^^♪
        さて、一休みしたし、だば、朝日岳山頂へ行きましょう。
        小屋にとーちゃ~く-850  タカネマツムシソウ-500ta  朝日岳山頂山名盤-700
        3人で登頂。眺望には恵まれなかったが、暖かく風のない静かな山頂だった。
        「山頂さん、いつも小屋止まりでごめんね」・・・と心の中でつぶやいた


   山頂から戻り、"「朝日岳の夜は紫」・・・別名「恋の雫」"で かんぱ
   何?それ?だね、特別お教えしましょう、それは「しそジュースに焼酎」から成るのです
   先週、命名された、出来立てホヤホヤの新酒らしい
   そして、その比率は76:24が黄金率らしい  ・・・が、おらは79:21が良かった~って
   ↑なーん変わらんにかやね。
   ともあれ山を歩きえた体には、これ、なかなか、いいじゃん、マジ美味しかった。
   小屋のご主人も一押しの様子でした。
   最初の乾杯-750    小屋の主人も一押し-750


                 今日何度めの乾杯だっただろうか
                 おいしい食事をいただきながら、歓談
                 夕げの乾杯-850    落日の時-1120
                 食事の後、外の風に吹かれに出ると、ちょうど、落日の頃であった。



咲き誇る高山植物やすばらしい紅葉の頃ではなかったが、
確かな秋の訪れ感じる、哲学的ですてきな登山道を歩いた。そして今回は山頂にも到れた。
静かな時間を山で過ごすことができた。 あー山ってのも、おい、やっぱいいじゃないか。




この記事に対するコメント

シュンちゃん、今頃やっと頂上制覇ですか(笑)。
と、言いつつ私はまだ一度も・・・(^^;;。今年は、なんだか縁がなさそうです。(小屋閉めで期待)
『恋の雫』イケルでしょう(^0^)、来年から販売されるかもしれませんね(笑)
【2009/09/19 09:28】 URL | banchi #- [ 編集]


♪banちゃん
(^^♪どもです。
やっと、今年初めて朝日山頂に立ちましたです"^_^"、はい。
恋の雫、や~、んまかったねー アレとあれ、荷揚げん時から目にしてたのに
そのコラボは、酒好きのおいらとしては、灯台下暗し、ちょっとした驚きでした。
営業・プレゼン次第では、ぐっと売上げ上がりますし、お客さんも大喜びだ。
banちゃん今日からの連休山に行くのかな? ・・・別の家族サービスだね、きっと。
【2009/09/19 12:13】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/219-ddcf2f83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)