旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



この夏の我が家の出来事
  
  
                                     娘がねじれる時 井上陽水


娘が髪を染めた。この中一の夏休みに。今でもパンツ1枚で恥ずかしげもなく廊下うろついてる娘がだ。つい最近までこどもだと思っていたのに。正直驚いた。彼女の世界は中学に入り大きく広がり情報も多く入ってきてるのだろう。でも、それって父親にとっては「のりピーの覚醒剤」ぐらいインパクトがあるのよ。「ウソは泥棒の始まり」「朱に交われば・・・」、今は黒く戻したが、気になる・・・が、見てみぬ振り、何も言えないテテ親がここにいる。

そして、中三受験生の次男坊が一人旅(家出的)に出た。一人旅と言えば聞こえは良いが、予兆があったとは言え、決行前日イングリッドに、飼ってる「ハムスターの面倒頼む」の一言残しふっと自転車で一人旅に出たのだ。精神的に何かに行き詰まりいろいろ考える所があったのだろう。自分は当日山の中に居たので、どのような装備で出かけたの分からない。

穴水のコンビニの軒下で寝ている所を補導され、夜半自宅の電話が鳴ったそうだ。ママチャリ的な自転車で一日で県境を越えて行ったのだ。イングリッドは「知っています、一人で旅に出ました」と言い、警察官が「じゃー公園で寝るように言います」と言ったそう。普通だったら、「○○警察署で保護してますからすぐに迎えに来てください」が当局の判断であり、「ご迷惑かけ、申し訳けありません、すぐ迎えにいきます・・」が母親の対応じゃないだろうか、そういうのが「中学生日記」的シナリオではなかろーか。改めてイングリッドのおおらかさ?実感。またその警察官の対応もいかがなものかではあるが、なかなかのヤツだとも思った。いいおまわりさんじゃない。

その次男坊、9日間の予定(と兄ちゃんに言い残してったらしい)が、僅か2日間(一泊二日)で家に帰って来た。足血だらけで帰って来た。どうも自転車で転倒したようだ。理由は、子猫が道に飛び出してきてそれを避けようとして、転倒、自転車前輪が回らないほどゆがみ、本人血流となったらしい。穴水からでは自転車押して歩いて帰るのも大変。なので、両足に負荷掛け自転車こいできたらしい。野球で鍛えた足腰も悲鳴をあげ、一週間位妙な歩き方をしていたのが、痛々しくもありそしてかわいかった。

この旅、処世術身に着けていないツンとしたぶっきらぼうな丸坊主の小僧にやさしくする人は少ないはず。旅では世間の冷たさ、一夜とは言え闇夜の寂しさを味わったはず。心細かったことだろう。そして家の温かみが少しは分かったはず。いい経験になったと思う。ともあれ無事で良かった。

こども育ててりゃ、いろいろある。人様に言えない様なことも。
うちの子に限って・・・これ砂上の楼閣、どんどん崩れ去る
当事者ながら、第三者的に実体感するこの頃です。

今その時の猫(キョン)がうちの子のように、次男坊の部屋にいる
アレルギー体質の自分はあまり近寄れないが(ーー;)
自分が轢きそうになった野良猫のきょん、生後3週間くらい
家に来た時は、餓死寸前、体ノミだらけ、片目はヤニでほぼつぶれていた。即病院行き。
次男坊はそのきょんを見るたびに、今回の「家出的小旅行」を思い出しているのだろう。
かわいい子には旅をさせろ、とは良く言うが
この次男坊、自分に似て、自ら旅に出るタイプなのかも知れない。

生きる事に悩み始めたのだが、生きる力は増したと思う
ねじれてもいい、上に向かってねじれるのであれば。


 


この記事に対するコメント

う~ん、いいね。シュンちゃんも、子供達も、きょん猫も、そして誰よりも大らかに事を見ているイングリッドさま(!)が…。
上手く言えないけど…、いいね、いいね。何かいいね~♪

ねじばな(モジズリとも)は、らせん状に花をつけていくけど、ねじれているように見るのは人間の勝手、花(草)自体は結局、天に向かってまっすぐ伸びて行くんですよね。
【2009/09/02 23:37】 URL | (か) #- [ 編集]


うん、いいねいいね!!
子供3人大きくなるまでには色々、ほんとに退屈しないくらいに、いや、もう勘弁してって程の出来事があるんだよね。

で、きょんちゃんが第4子になるのかな??
不思議とかけがえのない存在になるんだよ・・・にゃんこって。
二男さんのこの夏の恋人出現だ!
【2009/09/03 00:16】 URL | よったん #VwhHdBBk [ 編集]


♪(か)さん、よったん
そんなこんなで、この所悩みがちなんだけれど、お二人とも勇気づけるようなコメントありがとう。どの家庭にもこども育ててりゃいろんな事があるんだと言う事、そして親って神経質になりがち(自分の子だもんね)、だけど時には大局的に物を見なきゃいけないということ、改めて思いました。いろいろな現象?はこどもらが大人への階段登り始めた証と考え、今後対応することにします。
イングリッドは、「おおらかさ」と「無神経さ」がミックスしてるというのが真理の様に思います。まーとにかく何事にもあまりキリキリしない人です。きょんは、次男坊の娘、おらから見たら孫といったところでしょう。
【2009/09/03 05:53】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


今どきの子から見ればスケール大きいというか度胸あるというか凄いですね。なんらかのシグナルを発信してるんかも知れんし、でも行動が前向きで思いっきり天に伸びて行っていくと願っております。どんと背中を押して今度は全国一周、いずれは登山家野口氏をも超える勢いでたくましく、そして子猫に寄せるやさしさをもって歩んで行かれることを願っております。
【2009/09/03 11:30】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
一歩人生先行く長男のやることは常識的というかかなり大人しい方だったので、次男坊の最近の行動やらかす事には、親としてはかなりドキドキもんです。多少ヤル事はみだしてても、気持ちだけは真っすぐに育って欲しいと願うばかり。今は先のことまでは考えられないなぁ、です。おいらんとこより一人こどもが多くもっと成長しているhシェフんちはこの様なことはなかったのでしょうか。また教えて下さいです。
【2009/09/03 17:48】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/210-649657e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)