旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



夏山通信2009Ⅵ -クラス会的、立山(3015m)縦走山行
 
  大走りより雄山-600ta
  大走り下り終え、ホッと一息。川原(標高2300m)から、立山の主峰「雄山」を見上げた
                  これって、ありそであまり見ない、結構レアな構図だと思う
 

朝日町の友人達そのご家族の方々と、富山県人には「地元、ご近所」と言える立山に出かけました。私自身立山は今年4度目。今回はうちのイングリッドも一緒。朝日小屋を通じて知り合った、いわば「山でのクラスメイト」といった方々との山歩きでした。中には立山初めてという人いれば、40年前登ったorそれ以上昔に一度来た事があるななど、今は昔、現在山との係り方さまざまなながら、顔見知りの老若男女でのメンバー構成、総勢9名ででした。

そういやぁ8/22(土)から今月末まで、富山 『市町村デー』で乗り物代が3割引!(^^)!。家計にはやさしい。が、山道に変わりはない。室堂(標高2430m)に降り立ち、もわーっでぐゎぁーんと来る下界の暑さはどこへやら。とってもクリーンでさわやか透明感ある空気に身も心もすぐに反応。癒されます。h美ちゃんが上手い事言った「ここの空気は高級品だ」と。全くだ。集合写真を撮り歩き始め、一ノ越(標高2700m)をまず目指しました。一ノ越に着くと、遠くに、小さくではありますが富士山がその姿を見せてくれましたし、今頃yamanoutaさんがいるはずの奥穂高岳を始めとする、槍・穂高連峰もはっきりと見えていました。ゆっくり休憩し山頂を目指すことにしました。
室堂出立前に-900 もうすぐ一ノ越-900 槍穂-650


岩とザレのミックスした、なかなかの急登を行きます。初めて一緒に山を歩いたKノリちゃん、なかなかの歩き、脚力あるし何しろペースが乱れない。きれいな歩き方をされるのだ、大人ジャ~ンといったところ、さすがでした。そしてbanちゃんの父君78歳。これまた脚力体力ペース配分申し分ない。己を知ってる、自己分析力自己判断力に秀でた筋金入りのおやじさんだった。n美ちゃんちの跳治郎くんは、寄り道大好きで、あっちこっちと立ち止まり、ママを困らせていた。

話はそれるが映画「剱岳・点の記」の影響もあり近年になく賑わいを見せる剱岳。映画の中で柴崎らが山頂に到ったのが長次郎谷から。漢字は異なるが同じ「ちょうじろう」とはやはり山好き山ト係るだ。そしてともあれ、全員雄山(三角点2991.5m 山頂神社3003m)に到着。山頂神社へ参拝に数名が上がって行かれた(山頂神社へは入場参拝料要500円也)。
雄山へ-900 富士の山-650 立山三角点にて-900
                            跳治郎君はお土産屋へ直行で不在(ママも)


みんな揃い参拝も済ませた所で、体調良く、ならばという事で富山県で一番高いところ大汝山・・・標高3015mに向かいました。一番高い所でパチリ。黒部ダムもよく見えていました。結構狭いのですぐ下の大汝休憩所まで下り、ひるめしとしました。今回は各自持参。おいらんちはおいらが担当でしたので、適当に準備=全部担ぐである。山で食べるものは何でも美味い。天気は尻上がりに良かったものの、今日はここ、風やや強く寒かった。
 大汝山にて-900    黒部ダム-900
    大汝、n&t-500ta          おらちのランチ-750


一時間以上休み、たあいない会話を楽しみ、ここで二班に分かれました。来た道を帰るピストン組3名と、さらに先に進み、大走りを下り地獄谷・みくりが池見物組6名とにです。おいらは後者。
大走りに入る-500ta 大走りを下がる-800ta 篠原パーティー-500ta
富士の折立を背に、大走りを下がる         篠原パーティーだ

と、ちょうど良い休憩ポイント(標高2650m地点)で、下りてくるみんなの写真を撮ってたら「朝のバスも一緒でしたねー」と先に休憩しておられた方から声が掛かった。朝のケーブルと言われたかバスと言われたか・・・よく憶えてないが。そして「どちらから?」と言われ、黒部朝日からだと言うと、「朝日岳、朝日小屋がありますね~」となった。金沢市本多町「ティールーム ぶらっく」の篠原パーティー3名だった。スリムで山なれた感のする美男美女揃いだった。今度ぜひ朝日小屋おいでください。花と食事が取分けバツグン!一級な山域に小屋で~す。


そして、たぶん大走り組が今山歩きで一番辛かっただろう、ザレ場続く下りを「忍」の一字で下がり切り、称名川に架かる所々ややたわむ木橋渡り、雷鳥沢のテン場で腰を下ろし一休み。後、地獄谷見物しながら、みくりが池へ登り詰め、で室堂ステーションに帰り着きました。
雷鳥沢テン場-900  地獄谷Ⅰ-500ta  地獄谷Ⅱ-500ta
                           イングリッドの「試練と憧れ」-500ta   みくりが池から立山-900
うちのイングリッド、富士の折立下がる辺りから膝に違和感が出、テン場からはみなさんに追いてゆけなくなりました。「登ればみくりが池越しに立山がきれいやぞー」と言って歩かせた地獄谷からの登り。彼女にとっては正に「試練と憧れ」だったに違いない(←おおげさ~)。みなさんには迷惑かけました。結果オーライつぅーことで何卒平にお許し下さい。今度まで自主トレさせておきます


立山ログ969
                 今回のトラックログ
このコース、コンパクトながら、眺望良ければ一日中立山を眺めながら歩ける。室堂を基点にぐるりと稜線漫歩、日帰り周遊山の旅楽しめるのだすんごくお得なコース。きびしい大自然ゆえ紅葉のピークは儚く短いものの、その時季が取分け良いと思う。そして、一度立山トンネルの真上で、地中から音がしてないか聞いてみたいものだ(笑)。


みんなありがとう-900
それぞれがそれぞれの思いを持って、臨まれ歩かれたに違いない今回の立山山行。無事歩き終え今一人ひとりの心・胸中に去来するものは何か。それを正確に推し量ることは誰にも出来ない訳であるが、「きつい所もあり、疲れたけれど、満足。楽しかった。」・・・は間違いないだろう。そして、みんなありがとう。このクラス会的山歩きは、文字通り、共通項持つ者同士。しゃべらなくてもある程度分かり合える、言い換えれば、家族的になりつつある山歩きであるのかも知れない。

さて、今夜(8/24)nhk「にっぽん紀行」で「富山 北アルプスに挑む12歳 雲上の絶景」というのが放送される。タイトルからしてたぶん立山だろうと思う(違うかもですが)。 あー自然ってすばらしい。



※標高はmyGPS値より




この記事に対するコメント

奥穂の山頂から立山が良く見えたので
今頃登ってないかなと思い、携帯通じるかテストしてみました。
一応かかったけど、雄山に登る核心部だったようですね、失礼しましたm(-_-)m
みんなで、大汝で昼食美味しそうで楽しそう。
私は、寝不足と怖いのでほとんど食欲ありませんでした(涙
【2009/08/25 18:18】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


先日はお世話になりました。ほんと楽しかったですね~v-218
天気良し、メンバー良し(奥様と一緒に歩けたこと、嬉しかったです)、おまけに料金割引、そのまたおまけに偶然ばったりもあったり。

kノリも楽しかったと、ご機嫌良好。あちらこちらで話をしているらしく、ちょっと笑えます。それぞれの立場での家族サービス的山行、またどこかに行きたいです。yamanoutaさんも次回はご一緒しましょうねv-221







【2009/08/25 19:53】 URL | h美 #- [ 編集]


♪yamanoutaさん
やはり奥穂山頂からでしたか、あの電話は(^^♪
その通り、電話鳴ったのが、雄山山頂まであと標高差30m位
直後社務所でyamanoutaさんからだと分かり折り返ししたのですが
不通でした。あー残念。
標高3000mでのランチタイム、何とも言えないものですね!(^^)!

♪h美ちゃん
いろいろな条件が揃い、みんなで今回歩く事ができました
そして無事に帰る事ができました、いかったいかったです!(^^)!
Kノリさん、山歩いてないってのが不思議な位、装束・歩き方とも馴染んでたなぁ
事前に声をかけていただければなるべく都合つけます。また、山歩きましょう。
【2009/08/26 05:38】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


こんにちは。
すかっと青い空に立山、写真で見ても気持ちいいv-237ですね~。
この日私は刺激ちゃんたちと、大日岳から雄山を眺めておりました。
みなさんの笑い声が聞こえるような空でした。

いつか、どこかでご一緒できるのを楽しみにしております♪
【2009/08/27 22:09】 URL | kaoring #c1ds2r8g [ 編集]


♪kaoring
どもです。
そうですかあの日、刺激ちゃんらと大日の頂におられたのですね。
大汝の山頂では、「オー何時よ~?」とか言いながら
山の空気と眺望に抱かれ、ひととき過ごしました。
でも、実はえっらい!さぶかったのです(ーー;)。 

次は山スキーご一緒しましょう、楽しみにしていまーす。
【2009/08/29 20:53】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/207-efcbe542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)