旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



福島二人旅 ~磐梯山編~
  
  磐梯山山頂社-430ta
                       磐梯山山頂  見えないが祠の向こうが飯豊連峰



福島二人旅、2日目は会津の名山、磐梯山(標高1819m)に登りました
猪苗代湖側の平野から見るとこんな感じのすっきりした秀峰です。
平野からの磐梯山-1050


適当に起きて、ゆっくり腹ごしらえ
標高1200mだけあってサラリと気持ちの良い朝だった
あれこれあれこれして、じゃぁそろそろ行きますか。
本日の朝食-500ta  八方台登山口-750


登山口を出、下草の少ない伸びやかで明るい樹林帯の林道をゆっくり歩き始めました。裏磐梯からの登山ルートと合流し、ほどなく磐梯温泉中ノ湯跡。湯(水かもしれない)はあったが施設建物今は廃墟と化していた。その先から250m程のトラバースぎみありのやや急登を行くと、弘法清水小屋直行コースとお花畑経由弘法清水小屋行きの分岐点に到りました。お花畑を巡り弘法清水で力水飲み山頂を目指します。目指す途中から見えた景色も高度感と雲の形が良かったです。
最後の登りの途中から-1050


いよいよ山頂に着きました
山頂に至る-700

着いた瞬間はガスに包まれていたのですが、すぐさま眺めは良くなってきました
山頂からの眺めⅠ-1050  山頂からの眺めⅡ-1050
時折の絶景に、ことばはもう意味を持たなくなった。

山頂の様子-1050
白いTシャツのお姉さんに写真を撮っていただいた。

お茶しながら刻々変わり行く山頂からの眺望に見入り、また他の登山者を眺めながら、また写真撮ったり撮られたりしながら、山頂で1時間40分過ごす。さすが百名山です。若き山人、イケメンにべっぴんさんも多かった。番台のごとき磐梯山ながら、のやり場に困る事なく、右も左も360度すばらしかった。

で、少し下りて弘法清水小屋(宿泊施設ではなくいわゆる茶屋)で一服しました。なめこ汁をいただきました。それだけなのに、漬物やお茶コーヒーをタダでサービスしていた。女将さんもご主人も明るく気さくでやさしかった。気持ちの良い休憩所だ。
弘法清水小屋-900  冷たいものたち-850
休憩所。。。たったこれだけだ(^^♪   冷えたものたちが喉を癒してくれる

この頃すでに相棒は違うものに目を奪われ始めていたらしい
投げかける会話が時折かみ合わなかった。なま返事に無言の時があった
ふと目をやると、皇太子ご夫妻が来られたときの写真がありました
歩かれたのは平成9年らしい。ご結婚が平成5年だからその4年後、
そして、これから4年後平成13年に愛子様が生まれている。
雅子様は宮内庁のバッシング受ける前で、いい顔しておられる。
おらも同じ岩、触ってきましたぞ。
岩はカナリ硬かったです、えっ?何で?って。 そりゃー硬質。。。皇室ですもの~
皇太子ご夫妻Ⅱ-540ta  皇太子ご夫妻Ⅰ-540ta


夏の光が射していた(下山道にて)
夏の陽ざし-700

無事下山
駐車場朝-700  →  駐車場帰り-700
      朝はがらがらやったんに          膨れ上がり路駐も見られた
       とんでもないとめ方してかんでいかった、と心からそう思いました



今回の妄想的 安達太良、磐梯山行 最後の湯は
押立(おったて)温泉住吉館だ。
おっ立て~ おいおいマジかよ~  マジです。
押立温泉-700
北陸と異なり、明るい緑のまぶしさがとても印象深い露天風呂でした。

さっぱりし、再び旅の人。上越ジャンクション手前で少し渋滞しました。
と言っても、長野方面へが動いてない訳で、北陸道は渋滞と言うほどではありませんでした。
渋滞-700


磐梯山ログ-887
磐梯山


1975年5/16、世界最高峰エベレストに女性として世界で初めて登頂した、登山家田部井淳子のふるさと福島の山。一度歩いてみたかった。今回相棒と一緒にその願い夢叶った。北アと違いなだらかな尾根尾根がどこまでも続いている印象が残った。大きい。森林限界の低さも体感した。1700m1800mの山が北アの2500mに相当する様に感じた。

山を歩き、東北訛りに旅情感じ、湯に浸かった
ゆっくり時が流れた、実にいい山旅であった。



この記事に対するコメント

福島県には結婚したての頃2年あまり、いわき市に住んでました。
会津、郡山、二本松とても懐かしいです。
そんな関係で、磐梯山(麓の猪苗代スキー場には何度か行きました)には
今もとても登りたい憧れがあります。
いつかと、思ってましたが、先を越されてしまいました。
会津と二本松は戊辰戦争の最後の激戦地、悲しい物語がある町です。
【2009/07/22 20:49】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]

宝の山
空がとても爽やかで素晴らしい景色ですねぇ。
hなシェフさんと男二人の旅もなんとも楽しそうでうらやましい。
ちょっとハリウッド映画みたい。
中年男二人が車に乗って人生を見つめなおす旅にでて
その先々で色々な体験をする・・・・なんて・・・(゜m゜*)プッ



【2009/07/22 20:54】 URL | もも #halAVcVc [ 編集]


♪yamanoutaさん
そうですか、新婚当時福島に住んでたんですね
2年居りゃぁだいたいその地方のことば文化歴史が分かりますね。
そして、会津と二本松にはその様な悲しい物語があるんですね
歴史もトンと疎いものですから、勉強になりました。

【2009/07/22 20:59】 URL | 管理人 #- [ 編集]


♪ももちゃん
空に雲どちらも柔らかで穏やかなる表情
そして乾いた空気を感じさせてくれる日でした
> ハリウッド映画みたい
そんな上等なもんじゃないよん。
しょぼくれた中年男同士、相哀れむ旅なのであります。
【2009/07/22 21:05】 URL | 管理人 #- [ 編集]

♪あぇぃづ、ぶぅっあんっだいさんは~~番台の山?
硫黄の臭い立ちこむ湯船、戸板一枚隔てて泣き叫ぶガキンチョ。「おばちゃん、しつけもっとちゃんとせーやぁ」と心の中で思ったのに、風呂から上がってみれば、ボンッ、キュッ、ボンッ、雛形あき子似のかわいい、ねえちゃ・・・いやママ。こんなことだったらお縄覚悟でしゅんちゃんに肩車してもらえばよかった・・・。フレンドリーに絡みを入れるしゅんちゃん、ふ~む、完璧なまでに自然体。・・・で自分は?ていうと、「このねえちゃ・・・いやかわいいママのてぇー主はどこやー・・・なーにぃ、先に頂上へいったー・・・蹴落としにいったろかぃーっ!」
・・・脳の中で渦巻く一人芝居。全ての妄想はここから始まりました。
で、2日目の磐梯山も妄想は膨らむばかり。今度は目もくらまんばかりのボンッ、キュッ、ボンッ、ルパン三世、峰富士子が実写版でとびだしたみたいな。時折の前かがみはまるで「逆さ磐梯」・・・旅の落ちが「押っ立て」だなんて、さすがしゅんちゃんプロデュースでしたー!!
【2009/07/23 00:17】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
や~旅の空の下、とっても感じの良いお姉さん、ナイスバディのお姉さん、仕草のかわいいお姉さん、そして弘法清水小屋のやさしいお姉さん、等々・・・今回の福島山行、たくさんの出会いがありましたね。久しぶりのチン道中でした~ 何のこっちゃぁ~ おいらが行きたかった山に今回はおつき合いいただきました。さんきゅうです。また遊ぼうね。
【2009/07/23 06:57】 URL | 管理人 #- [ 編集]

こんにちは。
お疲れさまでした。
山頂からは、まさに絶景ですね!
いつも東北にドライブする時は、福島県は通過するだけでしかありませんでしたが、
いつか目的地に据えて旅したいと思います。
【2009/07/23 09:24】 URL | 浜ちゃん #NPhlPyRE [ 編集]


♪浜ちゃん
や~行ってみるものですね、やっぱ山って、
頂に立った時、それはすばらしい絶景が待ってくれていました。
浜ちゃんはまだ若いから健脚活かしての速駆け登山に傾倒でしょうが、
機会があったら会津まったり旅に出かけてみてください、風情ありまたいいものですよ。
【2009/07/23 12:21】 URL | 管理人 #- [ 編集]


気になっていた「相棒は違うものに目を奪われ始めていたらしい・・・」って、「とっても感じの良いお姉さん、ナイスバディのお姉さん、仕草のかわいいお姉さん、そして弘法清水小屋のやさしいお姉さん、」 それは、これですか!(笑)

やはりって、八張した訳?
【2009/07/24 00:10】 URL | banchi #- [ 編集]


♪banchiさん
相棒が目を奪われ始めてたもの・・・それは
ボン・キュッ・ややバ~ン、「逆さ磐梯」と言うか「逆さ梵鐘」のごとき
超りっぱなお乳、そしてバディの持ち主。ハーフ(たぶんUSA)の
かなりべっぴんな、うら若きお姉ちゃんだったのです。
年の頃、18~22,3位だったでしょうか・・・・・
若くてあれだけ巨大で形の良いお乳、生で見たのは
おいらも、半世紀生きてて初めての様な気がします、
両方で7,8kgあるんじゃないかと思いました。
まぁともあれ、僕らは「うどん屋の釜」
「湯ばっかり」・・・「ゆーばっかり」・・ですけどね。
【2009/07/24 06:44】 URL | 管理人 #- [ 編集]

磐梯は火山だっ、爆乳大噴火!!
ゆーばっかり・・・うまっ、しゅんちゃんと一緒やったら座布団、何枚あってもたりませんわ。

てことでbanちゃん、五十年に一回ですよ、五十年に。皆既日食よりすんごいんやから。推定、100、57、92ですよ。・・・y=X2乗・・・見事な放物線の天体観測ショーなんやから、おまけにスザンヌよりかわいいし。そりゃー無口にもなりますよ。弘法の清水の小屋の商品棚のガラスケース鏡にみたてて独占ですもん。鏡の国のアリスですよ。・・・いろいろ妄想中ですもん、しゅんちゃんの声?・・・スルーですよ、スルー。モッコナンバー、マジックでかかんといかんなぁとか・・・ま、充分楽しんでしゅんちゃんにもこっそり教えてあげました。そりゃぁ大騒ぎですよ、つまずいたふりして「ヨレヨレ、ムギュ~」って演技指導してくれましたもん。・・・妖力ってここにもあったんよ、妖艶なる魅力ってのが。
【2009/07/24 12:45】 URL | hシェフ #- [ 編集]


すごい!!きれいな空ですね~♪うっとりです。
私も行った気分になれて、ちょっとすがすがしい感じ

剱、キャンセルしてしまってすみません。
行きたい気持ちは変わらないのでまたお願いします!
【2009/07/24 13:29】 URL | ikumi #- [ 編集]


『磐梯は火山だっ、爆乳大噴火!!』
(^0^) なんすかこれぇ~(笑)
ちょぉ~ぜっこぅちょおー↑ って感じですね。
恐ろしいほどの『妖艶なる魅力』に取り憑かれたようで、口を開けて空を見ながら運転している顔が目に浮かびます・・・・・
魔力に引かれて、夜な夜な徘徊しないでね(笑)
【2009/07/24 13:31】 URL | banchi #- [ 編集]


♪ikumi
きれーやろー 富士や南アに比べれば標高は低いのですが
山って不思議。そこはやはり人類の住まない世界、神々しい。
眺望に恵まれ、ほのぼの心落ち着くまったりした時を過ごすことができました。
1000円高速使っての遠征山行。。。これ、癖になりそうです。

今週末、天気悪そうだから、剱キャンセルは正解かもよ
おいらがそちらあたりにお邪魔するほうが先だったりったりしてー
な~~んて。。。。近い内に。。。遊びにおいで。


♪hシェフ&banちゃん
いろいろブログ盛り上げていただき、39!です(^^♪

おらは、縦走、山に浸る滞在型が好みなので、
この夏、久しぶりにどっかうろうろしよかと画策中であります
・・・・・叶うかどうか分かりませんがです。
これからも「軸足は山にあり」でよろしく。そして、またたまに遊んでね。



【2009/07/24 17:51】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/195-52ec9e7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)