旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



朝日小屋調査山行 - 調査そして下山編
  
  前朝日を下がる-430
                       前朝日岳を、巻きながら下がる (標高2115m地点)
                                  積雪期特有のルートどりである



小屋周りの積雪の状況は想定の範囲内と言ったところでした
小屋の様子Ⅰ-900  小屋の様子Ⅱ-900

                水確保-650
                 いっぷくの後、なにわともあれ水づくり
                 灯りは電気屋さんがいたのでバッチシ
                 一気に文化的生活へ !(^^)!
                 

朝日岳-1020  小屋の様子Ⅲ-900
 神社に手を合わせた後、朝日岳を見上げた     朝日平はやはりまだ結構な雪に覆われていた  


小屋、施設・設備・備品類、他一通りの確認・調査を済ませ、あるもので夕げに入ります。

「あるもの」と言っても、憶えてるものだけで。。。。
メンマ、チャーシュー、さば味噌缶、まぐろフレーク缶、チーズ、豆腐、ニラの辛し漬、コシアブラの醤油漬、
行者ニンニク、らっきょう、ワインにチューハイ、〆にカップラーメンそしてコーヒー、と、かなりの品数。
起こされた朝日小屋-650  山菜担当の板さん?-650
 いつもの年より少し早く起こされた朝日小屋     山菜担当の新しい板さん?


                夕景-900
                 朝日平からの夕景  静寂の世界だ
                 山の世界もこの時期は日が長く、夜は短い
                 小屋閉めの頃とは大違い、ウレピー



しっとり打合せ?-650
 質素ながら楽しい夕食を済ませ、床に入り
 管理人さんと番頭さん、何やら密な打合せ・・・でしょうか?
 枕ならべ修学旅行みたいで、なんか楽しそうやん





                さて、一夜明け、調査も終わったので、ほなかえりましょ
                下山前集合写真-1000 
                 今山行オールメンバー

夕日をさがる-900  馬の背への頭頂部-900
 夕日ヶ原を下がる                                  

                 夕日からイブリ方面-900 
                 夕日からイブリ方面を見る



クサリ場→イブリ山頂間は、夏道に沿って帰りました
私はイブリ山頂でアイゼン外し、足スキー楽しみながら
他メンバーは往く時着けた8合目下でアイゼン外し、山菜取りメインで下山。


5合目新緑萌える-500
 5合目 若葉萌える    安らぐ。



足腰の疲労感否めないものの、達成感と共に北又小屋に帰還
米澤管理人にちめたいものいただき、しばし情報交換など。っで温泉に下がります。

と、北又林道終点近く、対岸に女性専用露天風呂が見える丁度そこで
愛車ランクルの左前輪パンク。この林道では初めての経験でした
ありゃりゃ。。。でも多勢は心強い。手伝ってもらいタイヤ交換。
しかし、車の陰にしゃがんでみたり隠れてみたり、そんでもって時折姿現わしたりと
女風呂から見たら、かなり怪しい人たちに見られてたかもです "^_^"

ハプニングの後、温泉着
小川温泉の熱い湯に身を沈め、開放感に包まれ、ほどなく一同解散。

なかなかゆけないこの時期の朝日平(小屋)
ほとんど降られずという好条件の中
貴重でいい体験経験がひとつまた増えました。
同行のみなさん、世話になりました、ありがとうございました。



◇ 標高値は、私のGPSより算出ですので参考値とお考えください。
◇ 北又林道は、一部の許可車両のみ通行可、
               一般車両は通行出来ませんのでご注意ください。
◇ 写真は、同行隊員はっぱさん提供もあり。




この記事に対するコメント
ご苦労様でした・・・
 初めての書き込みです。
先日、大日岳での件では、ご心配おかけして・・・・・
有難うございます。友人も、少しづつですが、回復傾向です。
朝日小屋、この時期も良さげですね・・・・
山開き前には、一度登ろうと思ってます。
これからも、よろしくお願いいたします・・・!!!



【2009/05/26 22:14】 URL | gappa-san #- [ 編集]


♪gappa-san
いらっしゃいませ~
ご友人回復しておられますか、それは良かった!
早く山に復帰できるまでになられるといいですね。
朝日小屋、今年は山開き前に一度登られますか
↑仕事がらみでしょうか? 
ともあれ、こちらこそこれからもよろしくお願い致しま~す。
【2009/05/26 23:22】 URL | 管理人 #- [ 編集]

お疲れ様でした
いや~、上巻下巻たっぷり楽しませていただきました。
二部構成ってなんか「レッドクリフ」みたいで大作って感じがしていいですね。
【2009/05/27 10:24】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
おいらのは、大作レッドクリフとは違って
上手くまとめられないので、だらだら長い。
なので、二編に分かれとるだけなんよーん "^_^" 
見てやってくれて、ありがとう。
【2009/05/27 18:24】 URL | 管理人 #- [ 編集]


こんにちは。上下編、楽しませてもらいました。
これから始まる前のわくわくした感じと緊張感が伝わってきます。
みなさんお元気そうだし何よりです。

いいですねぇ。山の空気が吸いたい頃になりました。
山菜も以前食べさせてもらったうどんとか思い出します。
てんぷら、いいですよね。



【2009/05/28 18:36】 URL | ikumi #- [ 編集]


♪ikumi
拙い日記読んでいただき、ありがとう。
眠り覚めやらぬこの時期の北ア最北端は殊の外すばらしいです
山の空気吸いたくなったら、いつでもおいで。まっとるぞ~!(^^)!

【2009/05/29 06:11】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/158-41472041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)