旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



ほぼ白馬岳山頂(2932m)より一本
  
  今日の白馬岳山頂-990
                                     今日5/10の白馬岳(2932m)山頂



5日前の白馬鑓温泉スキーツアーの後、翌日消化できなかった宿題が気になっていたのですが、名前が名前やからいっそのこと白馬岳山頂から大雪渓滑ろー、という個人的な企画。山スキー終盤戦にでかいのひとつやっておきたかったと言うのも否めないところ。ということで本日消化。猿倉荘P(標高1230m)⇔白馬岳(標高2932m)間スキー山行ってことです。ただ、山頂から白馬山荘までは雪付が中途半端だったので、スキー滑降は山荘(標高2840m)付近からとしました。

有事の際に備え、はっぱさんに同行オファー
忙しい中おやぢにつき合ってくださいました。さんきゅうです。



流石全国区の山
この日もたくさんのスキーヤー、ボーダー
そしてこの時期少数派の登山者で賑わっていました。
ボーダーがんばる-500     おいらもがんばる-990 
ヤんなってきて横を見ると  おりょ!     ち、ちきしょーぉ ならおらもがんばるしかない
ボーダーががんばってる(標高2400m)   アイゼンに履き替え、スキー担ぎこの直下を登り上げた




白馬山荘-990  山頂より大雪渓を見る-1020
白馬山荘につきました 今の出入り口付近             山頂から長大な白馬大雪渓を見る
はっぱさんお待たせしました~寒かったでしょう          いつ見ても気が遠くなるぅ
中の方の応対が気持ちよかった!(^^)!                



滑降シーンであります。自分のも載せるのはレアかも
ひろしの滑り-1020  おいらの滑りⅠ-1020

おいらの滑りⅡ-1020  おいらの滑りⅢ-1020
ゲレンデ・基礎スキー一級とか指導員クラスであっても、山スキーというのはまた別クラスだ
同じスキーって言っても「ゲレンデ」と「山」では全くと言って良いほど、別世界なのだ
。。。ともあれ、よさそな瞬間だけ載せてあります "^_^" 


無事
無事カエル-800


北又小屋からの朝日小屋位の距離ながら、累計標高差は優にそれを上回るこの単調な(失敬)雪渓道、富山で30℃を記録したらしい今日は特に雪が緩んでおり、足(スキー)を取られ参りました。万年雪が残るとは言え夏山装備で臨む夏道に比べ、全面雪という今頃の道のりは、スキー装備もあり遠かった。

しかし、この時期にスキー山行で山頂を踏めた事に今日は意味があったのだ、嬉しかった。達成感倍増であった。そして久しぶりに3000m級の頂の空気を吸った(←強風吹き荒れてたけど)。実にいいじゃないか。そしてスキーでの下がりは、重心をいつもより一段ぐっときちんと落とさなければ雪面を扱えないじゃじゃ馬って感じ。太もも登りで売切れ、スキーは100m下がるごとにもも充電。・・・その時間も年々長くなるしまた満充電にはならない内にまた滑り出すのだ。「携帯用大腿四頭筋」なんてのないだろうか。

そんなこんなでなんとか下山。
帰りは最近ご用達白馬八方温泉で、身も心も100%開放。湯につかり白馬三山を眺めた。
ほぼ貸切り状態だったので、ぶくぶくと頭まで湯に沈めたりして遊び、帰りました。 


これでしばらく板をおこうか・・・  



※ おいらの写真は本日同行のはっぱさん提供です。





この記事に対するコメント
レア画像
カッコイイですねぇ・・
まるで金沢のドクターみたいじゃないですか!(・3・)ヒューヒュー

【2009/05/11 20:45】 URL | もも #- [ 編集]

たしかに。
はっぱくんもいい写真を撮りますね。
ももちゃんの言うとおりです。

それにしても天気のいいことで羨ましい。
晴れ男の私もこの頂上だけは眺望のあったことがありません。
いつも立ってるのが大変なくらい。
はっぱさんのを見たらやはり風は強そうですけど。
来年はまた一からスキーを教えてね。
【2009/05/11 21:12】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


♪ももさん
ももちゃんのももおくれ~ なんのこっちゃ~
山スキーは行ける世界が広がるすばらしい世界です。
今日ドル換に行ったら、円高で損したよ~ ←ダカラ?
自分で突っ込んでみました"^_^"

♪yamanoutaさん
お褒めいただきありがとうございます
でも、大事なのは自分がどれだけ楽しむかだと思いま~す
だって、こどもに戻れるもん、スキーって。
スキーでの白馬岳登頂は、ちょっとうるるんと来るほど感動でした。
またスキー遊びしましょ。こちらこそよろしく。

【2009/05/11 22:21】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/146-b96f8145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)