旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



大日山頂より1本
  
  大日岳山頂付近-1020
                                      山頂直下、大日小屋が見える



大日小屋に3日間仕事で入ってたので、帰りにロングな1本滑ってきました
大日岳山頂(標高2501m)より大日平の端っこまでその標高差実に900m
先週の新雪で白き雪面、そしてデブリの少ないこの谷は、上部は急峻であるが、至福の1本でした。



滑ってゆく友人たち-1020 山頂付近から大日平、鍬崎、白山方面-1020
              前日滑ってゆく友人たち         大日平、鍬崎、遠くに白山が浮かぶ


小屋での作業を終え歩いて帰る他のメンバーは、滑落に備えての装備に、アンザイレン体制。
スキーでの下りは、瞬間瞬間に変化する雪質、雪面の状況ゆえに、常に大きな危険と隣り合わせです。しかし歩きに比べればやはり異次元的な速さなので、牛ノ首で1時間半同行者を待ち、その下のヤバそうな雪付の斜面を、おいらはスキー担ぎ気をつけて一緒に下がりました。ここの雪付は登るより下るのが倍怖い。帰りは、いつもの金太郎温泉でしっかり足腰のメンテナンス。
無事家に辿り着く、ほっと一息。任務終了である。さぁ今日からGWのやり直しだぁ~!(^^)!





この記事に対するコメント
趣味と実益ですな。
仕事で大日小屋とは羨ましいですな。
スキーの方もどんどん上手になってるようですね。
明日から、白馬方面と聞きましたが
今日は家庭サービスに専念してください。
昨日一人で、何年か前に一緒した猫又谷に行ってきました。
朝から雪が腐ってて、コルまでヘトヘトでした。
【2009/05/04 09:57】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


♪yamanoutaさん
猫又谷、朝から雪が腐ってましたか・・・
それって、かなりの負荷です。山頂まで行ったとは、さすがです。

自分が滑った当日
ほんの知り合いの方のパーティーのおひとりが、大日岳スキー滑降で重傷負われたようです。
途中少し話したのでその後が気がかりです。一日も早く完治されれば良いのですが。

明日から予定通りnyamaさんらと猿倉基点に、鑓、杓子方面をうろちょろです。
っで、今日はしっかり家族(イングリッド)サービスしております、はい"^_^" 
お互い良いGW後半を過ごしましょう。。。だば。


【2009/05/04 10:26】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/144-b1e7502c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)