旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



大倉山(1443m)再び - 2009.4.29(水)
  
  新雪がきれいだった-430
      大倉山から毛勝三山 ・・・この時期としては真白き雪が取り分けきれいだった
                        猫又谷の雪もかなり融けているのが確認できた

今日はお約束な家族サービスデー。 予定通りイングリッドと山歩き。
新雪の直後なので高いやばいとこはムリなので、天気もいいので大倉山に行きました。
彼女にすれば、今月の負釣山(959m)以来、割りに良く歩いています、山が好きになったのかな?
この4/12にも行ったのですが
今日は夏道がほとんど確認でき、かなり歩きやすくなっていました。

1000m地点の様子
この先雪はちらほらあるが、山頂手前までほぼ夏道
1000m地点-600

GWの頃は黄砂で黄色く汚れてる事が最近多いのに
雪が真っ白。とってもきれいでした。向こうは濁谷、大平方面
雪白し、濁谷方面-1020

今日の山頂の様子。 今日は3パーティー16名と会った
下山してくる信輔ちゃん(誰)一行にも1265m地点でお会いした
山頂の様子-1020

カメラ向けると大きなアクションをとるイングリッド"^_^" 
主役はあなたではありませんよ(ーー;) 
・・・すみません、がんばって登ってきたので
大目にみてやってください。
山頂佐知子ななめの-800? 勘違いする人-500
あんた、何したいん?

っで、帰りは疲れて、ぶーたれて寝ちまいました
こどもと一緒です
寝ちまった-500 動かなくなった-600
つ、ついに、動かなくなりました。どーしよー

なだめ。。すかし。。。やっとかっと下山したのでありました
ふうっ~。まぁ無事下山ってことで、一安心、良かった。

帰りは、 上市側からの剱岳登山の前線基地である馬場島荘に立ち寄りました。
馬場島荘から-600 

「本日食堂終了しました」と札が下がっていたのですが
「だめながけ~」って聞いたら
「なら作ったげっちゃ、食べてかれ」って具合に交渉成立ぅ~
決してゴリ押しした訳ではなかったのですが、周波数が合ったというか、OKでした。
ここまで来た甲斐があった。だってひそかに今日はこれが目的だったんだから
おいらは山菜てんぷら蕎麦、イングリッドは同うどんをいただきました。
今日のおめあて-600
普段は人の倍汗かくおいらですが、きょうは汗かくこともなく、つまり
お楽しみの風呂もなしで、おうちに帰りました。

五十路に入り定期的に配偶者とふたりきりで時を過ごすことはとても大切なことだ思う様になってきました。自然の中で一日過ごすのは特に良い。近くにだ~れもおらんしお互い逃げ場がないのだ。

年々お互いの「わがまま」「我」が表に出てくる四十路五十路。 譲り合い、妥協、思いやりを、相手が分かる形で表現しないと、今後一緒に暮らせないのだ。ぎくしゃくするのだ。「一方通行即離婚」である。←うちのばやいですよ。お互い譲り合うことが容易ではなくなってくるこの熟年期以降、これからそれをどう方向づけまとめてゆくか、という課題を自分にくれてるみたい。宿題が出ると自分は答えを探すのが好きだから、もしかしたらイングリッドはおいらのそういう性分を見抜いての、これもひとつの作戦なのかもしれない。


この記事に対するコメント

おっと~、しゅんちゃん大倉ですか。わては千石城山でした、わてのことをいつも尻にひく、うちのひっぷバーンと一緒にです。ところでイングリッド、大胆ですな~。ま、その片鱗は幾度となく垣間見てる訳なんですけど。今回は瞬間変わり身の術は出ずですか?
 
さて、今日は珍しい人に会いました。天婦羅の食材を求めて登山道を離れて林道に下りたら、デッキチェアーにカップ片手の人がいたんですよ~。「なーにぃ!やっちまったなー!」「男は黙ってコーヒィ!男は黙ってコーヒィ!」、てことでその違いのわかる御仁は、なんと、t 口さんだったんです。しかし、すごい絵になっておりました。エロかっこよかったです。
もち食材も労せずして見事にゲット。タラノ芽、うど、ススタケ、コシアブラ。
t っつあん、ごちそうさまでございます。しかしあの場所は頂上より一層眺めよかとです。
【2009/04/29 23:17】 URL | hシェフ #- [ 編集]


こんばんは、大倉山行ってこられたのですね!
気持ちよさそうで何よりです!

先日はアドバイスありがとうございました。

念願かなって昨日4/28に立山から滑って着ました。
通常のアルペンスキー+アイゼンで行きました。


天候もよく、もう最高です!


おかげ逆パンダになってしまいましたが。f^_^;

本当にありがとうございました。
【2009/04/29 23:58】 URL | いち通行人 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/04/30 00:00】 | # [ 編集]


♪hシェフ
うちのイングリッド、行きはよいよ帰りはなんとやらで。。。
まぁサービス山行ということで、今は足腰ぱんぱんの模様"^_^"
そうですか、tちゃんに会って、同時にそこで山菜ゲットだったんやね
一石二鳥だったねv-221

♪いち通行人さん
ちらりとブログ拝見しました。28日に雄山山頂から滑ってこられたのですね
降雪直後で表層雪崩の危険大きな日でしたが、無事滑降おめでとうございます
それにしても、きれ~な、シュプールですね~、すばらしい!


【2009/04/30 06:25】 URL | 管理人 #- [ 編集]

新雪があったようですね~~
 土日が雨模様なので、4/24(金)に大倉山に登っています。

 頂上はガスってしかも、尾根の雪はズタズタ・・・・気力が萎えて1350m付近で
引き返してきました。

 もう、この山は今年は駄目だな~~~と、思ったのですがね・・・・。
【2009/04/30 15:42】 URL | なかむら #lVjAIwTo [ 編集]


♪なかむらさん
そうですか、4/24(金)に大倉山1350m付近まで行かれたんですね
あの山この時期行きたくなる山ですよね~ 分かりますわかります"^_^"
今回雪量は望めないと覚悟してたものの、純白は期待して出かけました
家内の脚力ですと、ここらがムリする限界かと考え、出かけました。
これからのGWはどこでしょう? 遭難事故が続いてます、
お互い生きてての「山」です。気をつけて、でもちょっとだけムリして楽しみましょう。
【2009/04/30 20:58】 URL | 管理人 #- [ 編集]


おいらも五十路、クリスティーナも四十路 おたがい遠き土地に暮らし、それぞれの時を歩む者なれど、連れ合いとの空気感は相通ずる不思議さなんよね

自然のなかに抱かれたイングリッド様としゅんちゃんの様子はなんともよか感じやん

おいらも見習うべ!
【2009/05/01 16:05】 URL | KURUMEの3144 #- [ 編集]

Re: タイトルなし
♪KURUMEの3144 さん
そっちも五十路に四十路ですか"^_^"
3144さんは、やさしそうだから問題なし!でしょ
見習うの。。。。。きっと、おいらだす。

> ・・・なんともよか感じやん
v-8ブログ用です、なんて。
【2009/05/04 07:36】 URL | 管理人 #- [ 編集]

救われました
>お互い譲り合うことが容易ではなくなってくるこの熟年期以降
同年代であるがゆえ、しみじみ身にしみました。
近場の御在所岳へ出かけましたが、初心者には無理で6合目まで出引き返してきましたが
お互いを見つめなおす良い機会でした。
大自然の中、逃げ場がないですね離婚?も考えているこの頃ですが、この記事によって
救われました、意固地にならずもう一度でなおそうと思い始めました。
【2009/05/13 23:59】 URL | Hiro #ROA0Ur9g [ 編集]


♪Hiroさん
奥さんと御在所岳へ出かけられたのですね、
途中からふたりで一緒に歩き始めた「人生という旅」、いろいろあるけれど、
やはり最後まで共に歩き通した方が、いいのかも知れません。
私のほうこそ、共感に勇気づけられました。ありがとう。
【2009/05/14 05:10】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/143-f549524b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)