旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



黒部、山岳事故続く -20171002(月)

このところ黒部裏剱で山岳事故が続いています、 
ネット社会、誰でもいけますな登山風潮まん延してますし、
いわずもがな、高齢者の山歩きも、益益絶賛花盛り、
死亡事故も起きたことは悲しいことです。

剱岳ガイドが書かれた記事シェア。 ←これです。

剱沢下り阿曽原に至るについての意見ごもっとも! 思い類似同感。
剱沢雪渓や雲切新道に細心の注意足運びはもちろん必要ですが、
このルートの核心は、仙人池ヒュッテから仙人湯小屋間だと私も思います。
ハシゴ谷乗越下部、内蔵助出合いに至るに似たとても難儀な部分が各所に隠れています、
今回の死亡事故も仙人湯の少し上で起きたようです。
歩かれる方は気をつけて歩きましょう。 ぺちゃくちゃ話しせず、足元に集中しましょう。

有事の際は最寄りの山小屋の方が中継し遭難対策にあたりますものの、 
山小屋は、その登山者に出す夕飯ほかあれこれに追われ猫の手も借りたい多忙な中、
己自分より他人のことを優先し、命の救援にあたります。
登山者は「山は自己責任だよ」 と息巻き俺はオレ私はワタシを決め込むのではなく、
有事の際、誰かが自分のために動く。 年寄りの仲間入りした自分への戒めにも。


参考に追記。 10/4朝現在の山岳情報 (本郷氏主宰される、REMS 山岳ガイド より)
山岳情報 -20171004現在、from剱岳ガイド本郷氏


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/10/04 08:16】 | # [ 編集]


♪ ♯ さん
そうですか裏剱でやはりたいへんな思い、山歩きされましたね、
つらさがあってこそ! 初めて山歩きですが、
これからも、お互い生きておうちに帰りたいものです。
コメ、ありがとうございます!

【2017/10/05 22:21】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/1296-12571654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)