旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



生業再開し安堵 -20170907(木)

湯霧の滝 -20170906
                    宿南面黒薙川に落ちる 湯霧の滝 

どーして湯霧の滝なのかと云うと、
ここ黒薙は、湯とガスからこのような風情見られるからでしょう
湯霧の黒薙 -20170906(水)

ジャスト!二ヶ月に及んだ休業から、このたび9/1金曜日旅館再開に至りました。
この前夜からのゲリラ的集中豪雨で、時は止まりました、
豪雨の時 -20170701(土)

営業再開前日に。 いよいよ時が動き出します。
再開前日 -20170831(木)
※上記写真2枚黒薙温泉HPよりお借りしました。

夕食  器がこの日から少し新しくなりました。
夕食 -20170901(金)

お宿の晩ごはん -20170901(金)

朝食
朝食 -0170902(土)
お宿の朝ごはん -20170902(土)

再開の日はうれしかったです。 
オーナーに云ったら怒られますが、お客様増えればそれで良い、それ至上それ第一優先私は好きではありません。 江戸前期1645年の発見から372年に及ぶ歴史、慶応四年今の営業小屋になって150年(宇奈月に湯が引かれてまだ94年です)。 そういった秘境黒部の、質素で素朴、時代をさかのぼる、タイムトラベルできる、そんな世界広がる奥山の湯宿に静かにひととき身をおきたい、そういう方だけに来ていただきたい、というのが実は番人であるわたしの思いであります。


この記事に対するコメント
おめでとうございます!
再開おめでとうございます!
渓谷の紅葉も「間に合って良かったぁ」と、一気に色付いてくれそうですね。
18日に職場の4人で初めて黒薙温泉にお伺いしまぁす。よろしくお願い致します。
【2017/09/10 20:37】 URL | 雷鳥坂のハイジ #- [ 編集]


♪雷鳥坂のハイジさん
今年は気温の下がり方がはっきりしているので紅葉は良いように思います。立山ではもうちらほら10月前半までが見頃でしょう。黒部幽谷の地くろなぎは奥山にあるものの、その標高は300mくらいですので、紅葉の見頃は10月後半から11月初旬が例年。話し前後しましたが、黒薙ご宿泊18日と云うのは今月9月のことでしょうか?そうでしたら私おりあーす。メーッセージありがとう!ハイジちゃん(^^ゞ

【2017/09/11 12:07】 URL | 黒部のシュン #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/1291-a0dd29b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)