旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



読了 「花のあと」 - 2017.1.26(木)

花のあと - 2017.1.26(木)

藤沢周平「花のあと」読了。 
市井もの五つ、武家もの三つ、都合八つの短篇からなる。
・・・「旅への誘い」を市井ものとすれば。

表題「花のあと」が取分け素晴らしかった。
藤沢作品にしては少ないながら、情景描写が言わずもがな美しい。 そして、
ばば(祖母)が孫に、自分が剣に通じし若かりし頃の事を物語の様に話し聞かせる
そんな様子を小説化したものだが、ことばの言い回し簡素ながら時にほっこりさせられる。 
短篇とは云え、格調高き品のある秀作だと思いました。
「疑惑」に「鬼ごっこ」もなかなか良かったです。

と、今日1月26日は藤沢周平の祥月命日。 死して20年。
69歳でお亡くなりになっておられるので今生きておられれば満89歳です。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/1214-a447bc6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)