旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



すっかり秋になりました - 2016.11.4(金)

人の一生片道切符なれど季節は巡る、
黒部奥山黒薙、今年もいつの間にか秋本番をむかえました。
派手さはないがやーらかく渋い大人な秋色、私好みであります。
秋の山道 - 2016.11.3(木)昼過ぎ

トロッコ秋をゆく - 2016.11.3(木)

薬師様の上に後光が - 2016.11.2(水)七ツ


黒部に冬がもうそこまで来てると、山は顔色で知らせてくれる。
雪迫る黒部 - 2016.11.3(木)



過日の事ですが、
子供の頃からの旧友堀くんにたまちゃん先生に仲間たち今年もやってきました、
ゆっくりできましたか。 竜宮城の様な楽しいひとときに、差入れもありがとう。
持つべきものは腐れ縁な友と云うところでありませうか。
堀くんら来る - 2016.10.29(土)

堀くんら帰り際に - 2016.10.30(日)朝に


と、ここは山小屋か(笑)  まー確かに山にある宿ではありますが。
剱沢はレアなる小雪であれなものの、昨年ほぼ不通だった下ノ廊下、
今年は登山者多く、その流れで沢山寄って頂いた。 ありがたいことです。
ここは山小屋か - 2016.11.1(火)朝


そして、奈良の島村氏が御家内さまと来館。 
おらが村に以前から知り合いがいるとおっしゃった、あービックリ!! 
齢も然ることながら山においても大先輩。
そして何よりすばらしい体調維持管理に驚きました。 極めし男はやはりカッコもいい。
もっとゆっくり話したかったが他のお客様もおられます、叶わず残念。
奈良の島村貴雄氏とご家内 - 2016.11.2(水)朝に
                                                    2016.11.2(水)朝に


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/1183-b39a3444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)