旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



文字づくこの頃 - 2016.5.8(日)

にいかわのむかし - 2016.5.8(日)

天気の良い休みの今日は市内2ヶ所の図書館巡り。
膝に心細さもって初めて気づいたんですが、何故に図書館ってのは床まで本並べてあるんでしょうね。 老眼手伝い、下から2段はなーんも見えない。 通路狭いし。 スクワット力求められるのが今の黒部の図書館です。 
あーぁ、なので強く興味そそられる分野以外は下の方パス。

久しぶりの図書館。子供の動物園宜しくもうわっくわく、長居しちまいました(出入り含め3時間半)。 行ったり来たり、時々一人笑み浮かべたりしてたのでしょう、受付のおネェさんの「あなた危ない人!的視線」攻撃も( 一一)ただの文字飢餓人なのですが。 今日は私がこどもの頃、確か教頭先生だった柴垣先生の著書、ともう一冊借りてきました。 これで黒部奥山暮らしもしばらくより充実,文化的になると云うもんです(笑)  返却期限前の自分の休みの日に返さなきゃいけないのが、一般人と違いちとプレッシャー、忘れないよにしようと思います。

さて、山は今も我が心のふるさと軸足なれど、行けない時、時期もある。 そして頭丸めて半年、現在見かけは小さなプロレスラーぽいですが、中身は文学も愛する、品の良いおじさんながですよ、おほほ(#^.^#)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/1135-b3dbc1fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)