旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



佐知子さんと出かけた
  
  



「佐知子さん」とは、後にも先にも(先は分からない)、今の所ただひとりの配偶者家内である
自分の介護と死に水をとってくれることになってる方である ←逆もあり得る
久しぶりに、本当に久しぶりにその佐知子さんとふたりで映画を観ました。
第81回アカデミー賞外国語映画賞
第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品の「おくりびと」


山崎努の自然で圧倒的な演技力、笹野高史の飄々とした市民的存在感
そして、今はバツイチとなった子持ちの広末涼子のきれいさ、ほかの出演者も良かった。

若い頃は富山と東京で良く通った映画館、年間60~80本観てた。
東京の場末は三本立てってのが普通だった
金が無くても汚くても、健康で元気だった。意味もなく前向きだったあの頃。

自分自身も久しぶりに映画館という公共の場に行ったのですが
席がとてもゆったりしていることに、びっくりしました。
そして、えっこれで終わりけ~と言いたくなるエンディング
もうしばらくあの話しに付き合っていたいと思わせたと言うことは
自分の心が引き込まれたと言うことなのでしょう。
ひじょうにまとまった秀作であると思いました。

わたしの両親はすでに旅立って二人合わせて37年
家内の両親は今も健在、あちこち痛いと言いながら
風呂上りにアイスなど食べながら、今もぴんぴんである(*^_^*)


っで、映画終わったらちかまで食事であります
何度も訪れてるファボーレだけれど一人ではよーは入れなかった
オムライス専門店のお店「ポマムの樹」であります(*^_^*)
や~どれも、おいしそ~~
menu-750


っで家内はレディスセットメニュー、お値打ち感に主婦は惹かれるようです
↑いつもは「誰がレディーや~?」って思うのに
ふたりっきりだと素直に受け入れられるものです・・・不思議・・・
おいらは牛デミグラスなんやらかんやらというやつにイタリアンっぽいサラダ
テーブルに調味料は何も置かないのがこの店の主義主張だが
サラダには好きな胡椒をオファー。サラダに胡椒みんなかけんのかなぁ??
サラダには黒胡椒がよく合うと思うんだけれど・・・・
となりのすき家でも良くそう思う。
オムライス-750
卵はもう一工夫ふわ~っとしたのが好みでしたが、ソースが自分の口にあっており美味しかった
そして、このサラダがメインに負けずとてもとてもgoodであった。

自分が20代若かりし頃富山では新作2本立てのロードショーって常識だった
前評判からジェニファー・ビールスの「フラッシュダンス」観に行って
同時上映のリチャード・ギア主演の「愛と青春の旅立ち」のほが
今では記憶に残る映画になってるように、このサラダの味は忘れないだろう。


こどもができてから
家内とふたりきりで映画観て食事したなどという記憶はほとんどない
おきまりのデートスタンダードコースである
休日をふたりで過ごしたってこと、昨秋の蓮華温泉以来だっただろうか・・・
どっちにしても山は歩かない人なので、年に2~3度のレア体験には間違いない。

これで、明日は気持ちよ~く、山に出してもらえるヽ(^。^)ノ
でも、天気と雪の具合、どうかな
家内の雲行きより、今はそっちのほが気になる。


この記事に対するコメント
おくりびと
私は、去年夫婦二人じゃなくてプラス娘の3人で見ました。
自分の父が亡くなって、あまり日が経ってなかったので
本当はあまり見たくなかったのですが、無理やり連行されました。
何か、やけに身につまされるようで、涙が出たり。
しっかり映画を鑑賞できなかったように思ってます。
横のおばちゃん二人がうるさくて気になったのもありましたが。
映画は黙って見てほしいものです。

ああ、明日よろしく(^ー゚)ノね。
【2009/03/14 18:12】 URL | yamanouta #EExJr7xM [ 編集]


♪yamanoutaさん
そうですね、これ観られた時、お父様が亡くなられて日が経ってなかったのですね。
この映画は、たぶんですが普段映画館に足を運ぶ事のなかった、シニア層がたくさんいかれるのかもしれませんね。でも、うるさいのは、もってのほかですね。それはマナー違反です。
こちらこそ、明日ガイドよろしくお願いします。
【2009/03/14 18:32】 URL | 管理人 #- [ 編集]


お久しぶりです
最近なんだかちょっぴり忙しくなりまして、久々にのぞいたら・・・ブログに!
ありがとうございます。
不思議な縁ですよね。
また遊びに行かせてください
ではでは・・・
【2009/03/14 20:45】 URL | Mako #- [ 編集]

ごめんなさい
↑ の書き込みはmakoです。
ごめんなさい
【2009/03/14 20:48】 URL | Mako #- [ 編集]


♪makoさん
カキコありがとうございます
「mako」さんは、京都の「nほ」ちゃんだよねきっと^^;
人生は「縁あっての出会い」に「綱渡り的お付き合い」の連続です
こちらこそ、これからもよろしくね
そして、また北アに遊びに来てください!(^^)! 歓待です。
【2009/03/16 06:31】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/113-5c44929f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)