旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



今週の野外活動、蒲原山(小谷村) -2015.1.25(日)

標高1130mにて(登行時) -2015.1.25(日)
                                             この後ブロッケンに遭遇(登行時、標高1130m)  2015.1.25(日)

蒲原山に8人で出かけました。 登行それなりに大変なれど、気象状況、斜度に恵まれなかなか良ろしなスキー山行になりました。
総じて斜度あるので今日以上さらに軽いふっかふかだったら快感MAX、スキー山行にはもってこい!スッゲーいい山だろうと思いました。

標高1340mより
後ろ、雨飾山~焼山~天狗原山~妙高山
標高1340mにて(登行時) -2015.1.25(日)

本日のドロップ地点に到達。
つわものども4名は山頂(1630m)まで。私を含め4名は標高1430mで下山に鋭気養いました。
上目指す組 -2015.1.25(日) 待機組 -2015.1.25(日)
長時間歩いた後に、残り標高差200を30分掛らずササッと登り上げたと云うから脚力気持ち偏差値70オーバーだね(^^ゞ
僕らは、シムフリーにテレの話しで静かに盛り上がる。 いろいろ勉強になりました。
 
現場の様子 こちらでちょっこりどうぞ (カメラマン、ヒロシ)。
そう言えばヒロシくん今日は初めてテレマークで参戦。器用な彼でもなかなか難儀だと云ってた。


下山は東北東斜面に入り、いくつか尾根を越え登行時の開けた大斜面に戻りました。
標高1150mにて(下山時) -2015.1.25(日)


今日は下がって風呂も食堂徘徊もせず帰宅。洗濯機回しひとっ風呂浴びて目方1.5㌔落ちてました。と云ってもガンガン歩いてた頃は一日で4,5㌔落ちましたから今はそれほどハードなことやってないってことですね。 でも今が良きゃいいんです! ん~ビールが美味~い!(^^)! 

私の終了点にあっても単純標高差ざっくり1000m登り上げ、下山はいくつもの尾根越え。取分けメジャー処では無いのでしょうが、久しぶりに山に分け入った、そんな感あるなかなか渋くて良い山でした。 同行者あってのスキー山行。 みなさんありがとうございました。 



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/1037-7c5ea3fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)