旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



白山 -2014.10.9(木)

室堂より御前峰 -2014.10.8(水)
                             室堂より快晴の白山・御前峰(標高2702m)を拝む  2014.10.8(水)

11年ぶりに白山を歩いてきました。 登り観光新道のちトンビ岩コースにて南竜山荘自炊泊。 下山は砂防新道にて。
岐阜側の平瀬道からしか歩いたことがなく、何となく縁のなかった石川県側からの白山。 今回はサンデー毎日な山の歌さんの同行叶い、つまりこの山域私より詳しいのでポイントごとに解説付き。 ありがとうございました。 紅葉は先日の台風で葉が落ちたとみられ今一つでしたが、山の中に一夜身をおくことができました(^^)  写真羅列にて備忘録。

霊山の雰囲気たっぷり、よく整備されていた登山口。
登山口 -2014.10.8(水)

右の方に登山道が見えますが、まずは尾根に登りあげるまで忍の一字な五輪坂。
まずは五輪坂の洗礼 -2014.10.8(水)

黒ボコ下付近より観光新道振り返る。
黒ボコ下から観光新道振り返る -2014.10.8(水)

ポイントポイントで山の歌さんの解説付です。ありがたい。
山の歌さんの解説付(^^) -2014.10.8(水)

好きなタカネマツムシソウほんの少しだがまだ咲いていた。
タカネマツムシソウ -2014.10.8(水)

室堂に着きまずはかんぱ~い(*^_^*)
まずはおつかれちゃ~ん-2014.10.8(水)

で、別アルへ。塩っけほしくオイルサーディンも出た。
そして別アルへ -2014.10.8(水)


程良く酔いが回ってきたところで、山頂に思いなかった訳ではないのですがかと言ってピークハンターでもない私は、魅力的な睡魔に襲われ秋としてはこの上ない陽気に早々昼寝決め込む。 結局1時間半ひるねを楽しみ山頂には行かずでした。 ピーク踏んできた山の歌さんに起こされ目覚めました(#^.^#)

そして快晴のトンビ岩に遊ぶ。
快晴のトンビ岩に遊ぶ -2014.10.8(水)

今宵の宿が眼下に見えてきた。
今宵の宿が見えてきた -2014.10.8(水)

南竜山荘入口付近。簡素質素だが良い雰囲気。小屋の人もこちらの心をゆったりさせてくれる(^^)
南竜山荘 -2014.10.8(水)

今回は自炊泊。 一日の終わりの楽しい夕げかいし~(^^)
自炊場で夕げ -2014.10.8(水)

ここにはガスに炊飯器の設備まであった。リーズナブルさにも驚いた。
自炊場にはガスがあれば炊飯器もあった -2014.10.8(水)

居あわせた方々とも楽しく過ごさせていただきました。ありがとうございました。
小矢部?の“やまもとようこ”さんパーティー-2014.10.8(水)

皆既月食な日でした。
しばし天体ショー(皆既月食) -2014.10.8(水)


そして早々8時に寝入るzzz


翌日は砂防新道を下がりました。
下山は砂防新道 -2014.10.9(水)

今一つながら一応良さそなところ切り取り紅葉の様子です。
白山紅葉1 -2014.10.9(水)

白山紅葉2-2014.10.9(水)

白山紅葉3-2014.10.9(水)

白山の紅葉を振り返る -2014.10.9(木)

そして無事下山。
無事帰る -2014.10.9(木)

一ノ瀬の永井旅館さんの湯でさっぱり。 昭和レトロな宿の雰囲気良ければ、湯がこれまたとても良かった。
白山白峰永井旅館 -2014.10.9(木)

山の歌さんお勧めなすしべんで昼メシ。 速い美味い安いなメニュー。
速い美味い安い、すしべんメニュー -2014.10.9(水)

チキンカツ丼とミニそばセット。味もいい。これで620円也。
すしべんで昼メシ -2014.10.9(木)


初めての王道ルートな白山。 台風一過でまた次の台風襲来な隙間的白山山行。 紅葉は今一つでしたが、観光新道という登山道、大猫山から猫又山に至る山道に雰囲気似ており、その上快晴に恵まれた事があり、とてもすばらしかった。 そして、山に入りて山中にて一夜過ごす。 ん~にゃんともぜいたく!(^^)! 山はやはりいいです(@^^)/~~~




この記事に対するコメント

皆既月食も見れてツキにめぐまれた最高の山行でしたね!!
自分も全く同じルートを一度歩いたことがあるんだけど、南竜山荘のあたりはまったりと落ち着けたほんといいとこでした!日帰りだっただけに、自炊泊なんとも羨ましいです!あっ、それから永井旅館の湯もすごく良かったです(´▽`)
【2014/10/09 23:11】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
台風襲来の間に挟まれたグッドな晴れ間に皆既月食という天体ショー付きな稀なるすばらしい山行でした。筏井さんの解説付だし(*^^)v  平日なのに人の多さにびっくりもしました。

そしてそうですか山と温泉まで同じルートで。 観光新道は眺望が開け山道らしくて良いですね。しっかし日帰りとはもったいない^^; つか若い頃はそれがスタンダードでしょう。 最近は山に身をおきゆっくり時を過ごす、そんな大人な山歩きがぼくのお気に入りです。

【2014/10/10 06:43】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/1011-bedc992e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)