旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



堀くんらきたる -2014.9.28(日)

堀くんらきたる -2014.9.28(日)

堀くんらがやってきました。 中学高校の同級生で今主にハレルヤで一緒に山にも入る、つき合いアバウト45年、お互いの長所短所知りつくしててもうなんも隠しごとできない腐れ縁って彼中心に、山を通しつき合いあるコアなやつらがやってきたわけであります(#^.^#) こういう友との交わりは気心知れてるから、ことばなど要らない、、、つまり楽なわけ(^^)

さくっと懇親。
渾身の懇親(^^ゞ -2014.9.27(土)

hシェフにたまちゃん先生、日頃多忙な二人、静寂黒薙に憩う。
黒薙ワールドに寛ぐふたり -2014.9.28(日)

育休中なママとS太。 ママもゆっくりできたかな。 T也にも会いたかったが今回は叶わず残念。
さやかママ&そうた -2014.9.28(日)


かつのりちゃんひろみちゃん始めみんなには差し入れありがとう。 幽谷黒薙ワールド、湯に静寂に手料理そしてちょっぴりたあいないおしゃべり、楽しめ癒されましたでしょうか。 顔見せてくれありがとう、ぼくはうれしくそして楽しかったよ。 ここには昭和というか大正というか、そんな現代の日本人が忘れ去ったもの、雰囲気がまだ残っています。 次はお忍びで(おっと)訪れてみてはいかがでせう。



この記事に対するコメント

しゅんちゃん!しゅんちゃんの言う通り、黒薙は幽玄の精気みなぎるパワースポットでした。宇奈月からわずか三十分、徒歩二十分で、あんな奥深い隠れ家みたいなとこに着いちゃうんですね!
それになんだか温泉のお湯のようにじわ~っと染み込むおもてなし・・・対価が伴うサービスがあたりまえの世の中にあって、無駄なものが一切なくって心身ともに癒されました!
最高の温泉と最高の景色、そして最高の料理。干しがれい一匹でご飯三杯といっておりましたが、片身で三杯、計6杯いきました!!
最高って「また”さっ行こう!”」ってことでもあるよね。来たお客さんほんとリピーターになること間違いなしって感じでした!!ほんとにありがとう(*'▽')
【2014/09/29 11:06】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
登山する者にとってトロッコって、欅平に降り立ってから、或いはゴタテや剱沢からケヤキに辿り着いて、と言うのが使用シーンのスタンダードだね。 黒薙って登山を軸に生きてる人種にはかなり宇奈月寄りだしで、今までの私もそうだった様に山屋さんはあまり立ち寄らないスポットですが、にゃんとも良い所だったでしょ。 そしてそう、すばらしくシンプル、昭和通り越し大正ロマンさえ感じる佇まい、湯の力と共に多忙なる悩み多き現代人を、すっとタイムスリップさせてくれる力がありますね。

料理も気に入ってくれてありがとう。 絶対舌もつシェフが誉めてくれりゃ☆3つな気分だよ、、、って大半僕が作ってるわけじゃないけどね^^; 朝食にご飯6杯は正直驚きましたが(@_@)

シェフ、今回は計画からみんなの世話そして取りまとめまでなんもかもありがとう。 おかげでぼくも楽しかったよ。 来館された方がみんなみんなリピーターになるとは限りませんが、黒薙良いとこ、また来られ~(^^ゞ

【2014/09/29 18:19】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/1009-089d8ca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)