旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



立山引率その3 -2014.8.26(火)

出発式 -2014.8.26(火)
         前泊し高所順応済ませた児童と当日早朝黒部出てきた保護者・サポーター合流し出発式  2014.8.26(火)
         ちょと試練くれたおてんとさんに、みんなで、エイ・エイ・オー!! とまずはモチ上げます(#^.^#)

市内3校めの立山登山引率で立山入り。 初日は立山カルデラ砂防博物館でピンポン玉による雪崩シミュレーションで大自然の脅威を体感したり弥陀ヶ原を散策。 夕刻山荘に入り翌日に備えました。

 「昔、雨やし、って午前様まで呑んどったら朝晴れとって焦ったちゃ~」なんて同部屋ガイドの話しも聞かれましたが、心配した天気は心配通りやっぱ雨。 ここのとこの前線の停滞、どっしよもないです。 まぁそれは想定の範囲内な訳でしてともあれ子供たちに非日常を体験してもらいましょと言う事でまずは一ノ越を目指しました。

で、雨中行軍。 一ノ越(標高2700m)まで歩を進めましたものの、一面ガスに覆われ視界効かずここから上は落下物による事故リスク高いのと、かなりの風雨でバランス崩しやすいこと、加えて、子供らが履いている靴の半数以上が雨中登山に適していなく(一ノ越までの登山道も沢状態)、つまりもうズッブズブのグッチョグチョ、手袋も然り。 寒いので低体温症も想定されます。 なので今回は隊長である校長先生と協議し一ノ越にて撤退としました。 みんな「こりゃえらいとこに連れて来られたなー」だったでしょう。 よくがんばったよ。お疲れさん。
一ノ越(標高2700m) -2014.8.26(火)

下山にかかり一瞬雨が止んだ時、雷鳥くんが目の前に現れました。 男の子でなかなか丸々した子でした。 黙々雨中行軍な中、子供たちのテンションも上がります(^^) 子供たちにご褒美くれてありがとう、雷鳥くんあんたもなかなかやるね~!(^^)!
食事に出てきた雷鳥くん -2014.8.26(火)


今回は前2回の好天とは違い大自然の恐さを感じる登山でした。 山は吹雪でも歩けます。 これに懲りずまた山に登って下さいね。 そして子供らと歩くことばっかだった今年の僕の立山。 プライベート山行はなかった。 でも子どもたちと山を歩くとこちらが若さもらえます(#^.^#) みなさんありがとうございました。 そして山はやっぱいいなぁ。 これで今年のぼくの夏山は終わりです。



この記事に対するコメント

しゅんちゃん!まずは、もちあげ よいしょ、お疲れ様です!
学校登山といえば夏休み開始早々(梅雨開け10日以内?)が
相場と思っとりましたがこの時期にもあるんですね。
うちの息子もちっちゃい時は、なんでこんなとこつれてくるが・・・でしたが
今は山にどっぷりです。なにかしら心につよく残るんですね(^^*)♪
【2014/08/27 13:32】 URL | hシェフ #- [ 編集]


♪hシェフ
学校立山登山は盆明けにもありますよ。黒部はここだけだけれど、今回も小矢部や富山市内の学校とお会いしました。 よいしょはイクオくん(誰)の奥さまである校長先生からのご提案。ならばと団結でした(*^^)v  シェフんとこの息子さん今山にどっぷりですか、いいじゃない。 うちの息子らはまだ山には還ってきませーん。ただ彼らのイメージ、「父」=「山」は今もそのまま、、、「休日不在」「家のことは母ちゃん任せ」とも言いますが(>_<)  そしてその内、小さい頃の立山縦走や雪の僧ヶ岳に、山のすばらしさ思い出し、また山に向かうのかも知れませんね。その頃僕は遠いとこ逝ってるかもですが(-.-)

【2014/08/27 17:24】 URL | 管理人 #8XEONt72 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shunrin.blog64.fc2.com/tb.php/1002-d4d6082d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)