FC2ブログ
旅のしおり
プロフィール

Author:黒部のシュンちゃん
還暦を過ぎました。思えば遠くへ来たもんだ。人の命はいつか果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおりはさむよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。
適当におつきあいください。
since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



今日の晩メシ -20180130(火)

今日の晩メシ - 20180130(火)

このとこ続いた朝夕の除雪で少し疲れました。 そして今日はボッチメシ
野菜たっぷりホタテラーメン、8番らーめん風
、、、野菜シャキッ!と炒めたあと、軽くコンソメ煮 
見ためわかりづらいですがかなりの量投下。野菜高騰の折豪華デス!!
あらら、妙に上手く出来ちまったじゃない、、、美味し!
麺に行きつく前に満腹感に到達するも、スープまで完食なり。

あそんでくれるお友達
今日のキョンちゃん(女の子、8才…人間なら48ほど)
今日のキョンちゃん - 20180130(火)

5年前のキョンちゃん(3才…人間なら28ほど)
五年前のキョンちゃん - 20130130

明日の朝雪かきしなくて良いといいのですが。 それと風呂の湯止まらないように。

雪かきがつづく - 20180127(土)

雪の様子 - 20180127(土)朝
                                  2018 (H30) 1.27 (土) 朝8時頃

今朝の野外活動雪かき終了。
仕事の時は暗いうちに車のヘッドライト点けてやるのですが
今日はお休みなので、そして家族の勤務シフトから、明るくなってからやわやわ。

このところのなかなかな寒波、低温続きで、富山の雪とは思えない軽さ、
積雪量は現在30から吹き溜まりで40㌢くらいです 。。。が!!
拙宅は国道沿いなので未明除雪車がカッタイカッタイ!!!←ここフォルテシモ!デス
のを、がば~ん!!と山のよにおいてゆく 。。。それが最大の難敵なのであります。
雪そんなに降らなくても除雪入ればお約束な氷壁プレゼントが毎朝あるわけ(@_@
歩道にもそれ用の除雪機が入ったら、正に二重山稜の如きであります。
デカイ四駆だったらあれですが、ひ弱ぺらっぺらボデーな軽っ箱だと受傷必至。

で、氷壁と挌闘ののち、車四台停めれるスペースの確保に移ります、
大変な寒さ路面凍結そして雪の中何軒も回られる新聞屋さんの苦労に報いるためにも。

雪軽くても、ちゃんちゃんと取っておかないと後々大変になりますから、
朝と夕の二回、この四日間。 エクササ~イズ!と思いこませ(笑)
うちは排雪場所がタン!とあるのでそれだけは助かります、
ヤケになって無造作に投げ捨てれる、とも云います(#^^#)

雪国の者がなにも雪の話題をとも思いましたが、備忘録として。
そして 「あんたち幹線道路沿いやから楽でしょ!」 と思われがちな、
除雪機などの機械もたない、独り人海戦術あるのみな小市民の愚痴でした。
ともあれなんのせ サミィ ( 一一)  でわ。


今週の野外活動 - 20180121(日)

水行山から - 20180121(日)
                               水行山から猪頭山、瘤杉山方面  2018.1/21(日)
                                    、、この時間見えませんでしたが

会の月例会で宇奈月、水行山(776.7m)を歩いてきました。 新春山行でした。
栗虫から高工山(598m)が当初の目的地。 その先はその時の状況判断ってことでの計画でした。 

集落の除雪終了点にて出立の互礼会。今月世話役の堀くんあいさつ
出立のあいさつ - 20180121(日)

最初結構泥っ泥(一一")足元少々難儀。 標高100m程上げた所で雪面が現れました。
歩き始め程なく雪道になる - 20180121(日)

前日黒部山岳会の方方が歩かれてるのでトレースバッチシ! ありがたい。 
その上に比較的雪締まっておりでラクチン登行、
かんじきスノーシュー付けずゆっくりながら一時間半で高工山(598m)に至る。
高工山に至る頃 - 20180121(日)

当初の目的は果たせたのですが、時間まだ午前10時過ぎ。 なのでも少し先に進むことに。
(前日の黒部山岳会の雪のテーブルは、そのまま使えるくらいしっかり残っていました)

これから先トレースがないので足づくろい
高江山で足づくろい - 20180121(日)

脚を伸ばせばあらら広い尾根道。 細いながらブナ林もステキ。
雪面も総じてごぼらずまるで春みたいっていう好条件の中気持ち良く歩きました。
広い尾根道をゆく - 20180121(日)

谷筋避け左から大きめに回り込み忠実にコル経由し、水行山山頂(776.7m)に至る頃
水行山に至る頃 - 20180121(日)

水行山山頂にて休憩
山頂休憩 - 20180121(日)

時折風雪に曝されながらの新春昼食会になりました、
寒いけど、楽しい! 楽しいけど、、、寒い!(笑)
楽しい食事 - 20180121(日)
みなさんゴチになりました、
取分けひさえさんレイちゃんには大層ごちそうになりました。 ありがとうございました。

あららこんなシーンも(#^^#)
こんなシーンも - 20180121(日)

ものには限りがあります。楽しい事はずっと続かない、山も人生も。 下がりましょう。
下がりましょう - 20180121(日)

雪緩み少し難儀した所もありましたが、栗虫の家家が見えてきました。 無事下山です。
栗虫の家家が見えてきた - 20180121(日)

眺望に恵まれなくあの辺りの山岳パノラマ写真に収められなかったのは残念でしたが、
近くに住んでいても馴染みの薄い山山。 今回は渋くてステキな山歩きができ満足感大きいです。
参加されたみなさんありがとうございました。

《追記》
この後1/23(火)から、数年に一度の寒波襲来という事で、自宅周り30㌢程の積雪を見た。
特筆すべきは積雪量より低温。 路面凍結、6シーズンめのスタッドレスでは怖かった、
自宅では、水道管が凍って水が出なくなるという事はなかったものの、
1/24(水)朝から1/28(日)の夜までの五日間、浴槽のカランから湯も水も出なかった、
加えて、その内金曜の朝から日曜の夜までの三日間は家中の湯が凍結で出なかった。

読了 「羆嵐」 – 20180117(水)

羆嵐 - 20180117(水)

吉村昭 「羆嵐」 読了。 
実際に起きた三毛別羆事件をもとに書かれた惨劇。

大自然の中にあっては人はただのエサに過ぎない、 
村の者、消防団、警察、そして鉄砲持ちがどれだけ集まってもただのエサの集団に過ぎない。

日頃飲んだくれ者荒くれ者と周囲から煙たがられ敬遠されている、
老練なクマ撃ちが最後一人で討ち倒すのですが、
討ち獲る際の、繊細で美しいとさえも言える姿、挙動、
人にはそれぞれの立ち位置、居場所、と云うものがあることを改めて感じました。

雪の真冬に読んだのは適期でした。
参 考

しばらく、血生臭いもの続いたので、少しふにゃっとした明るいもの読みたくなってきました。

今日の野外活動 - 20180114(日)

しばらく続いた大雪が一息ついた好天予報の今日、たまちゃんと三峯(朝日町)に出かけました。

ビタミンD活性化すべく日光浴、ご近所お気楽散歩のつもりで出かけたのですが、
おっと出足から膝ラッセル。 ほぼピーカンという一点だけに勇気づけられ脚を前に進めました。
出足から思ったよりか深かった - 20180114(日)

旧スキー場に入り一本立てました。 ここまで二人で2時間。
旧スキー場に入り一本立てる - 20180114(日)

たまちゃんがゆく
たまちゃんがゆく1 - 20180114(日)

ん~孤高の人みたいで、カッコよかった。
たまちゃんがゆく2 - 20180114(日)

スキー場に入り中ほどで後ろから単独女性がスキーで上がって来られ一緒に小屋入り、
今回はスタートから上の道まで二人でラッセルでしたので、
展望小屋まで笹川の上の橋から2時間55分かかりました。 フーッ!!

尾根上の展望小屋で休憩。
休憩1 - 20180114(日)
野郎二人、最初は質素でしたが、
知人方が続々現れ徐々に豪華になっていきました。
休憩2 - 20180114(日)

衣にクルミがまぶしてあると云うトンカツ。 私の好物知ってるように出てきた。。。思い違いです(笑)
休憩3 - 20180114(日)
流石かつてのサブスリーランナー、ビタミンB1摂取欠かされません!!と変に感心感動。
品があり美味かったデス!! ありがとうございました。

休憩4 - 20180114(日)
ほかにもあれやこれやとご馳走になり、ありがとうございました。

小屋を一緒に下がる方方と記念写真
記念写真 - 20180114(日)

笹川の部落が見えてきて終了。
帰り来る頃 - 20180114(日)

いやはや近場の里山と云うことでナメてかかってたら、今回は結構ハードでした、
でも体は喜んでいます!  わたし M なのでしょうかね (笑)

本日の野外活動 - 20180113(土)

中高年は心がけて体を動かさなければいけません、特に足腰の維持強化。
今日は雪かきもしなければでしたがそれだけでは楽しくないよーってことで出かけました。
本日の野外活DO-!!
飽きもせず、今年に入り三度目の長野県.小谷の蒲原(がまはら)山にて展開、
好きなんです(#^^#) 好きなものは追及探求するわけです。 ここ
がんばらない蒲原山、、、モジって 「がんばらないガンバラ山」 と云ってきたわけですが、
ゴロはいいけど長い、、、、短く今風に、、、そう!!「 G G 」 であります。
ジジイがGGかよー( 一一) いいんです!! 人がなんと云おうといいがです (笑)

今日は関西関東からご岳友集いて、でありました。
では参りませう。
さていきましょう - 20180113(土)

登りまショー。 今日はレアな谷筋を詰めました(トレース追っただけです)。
登る - 20180113(土)

お約束なドロップ地から滑走地を見る。 ん~まだ地形埋まりきってナ~イ。
今日のドロップ地点より - 20180113(土)

ほな下がりましょう。
さて下がりませう - 20180113(土)

下がる様子少し。 モデルomoniまぁ君。


今回は里雪型の雪の降り方と云うことでしたが、こんなにはっきりした里雪型も珍しい。 蒲原山は20㌢ほどの新雪しか認められず、地形の起伏はまだはっきりしており、ここのハイシーズンとはまだ言えない状況でした。 しかしながら最低気温-9度だったか?・・山ん中はさらに下がったはず・・で、低温パックされた極上のパウダースノーがまあまあ心地よい滑りを楽しませてくれました。

無事下がり安堵。
みいちゃんのデッカい車は移動ホテル&山道具部屋と化していました、
あれこれきっちり計算しないとこうは収まりません、流石! おみそれしあしたー(^^ゞ
みいちゃんの車内 - 20180113(土)

帰りは、まぁ君と青海大むらでかつ丼食って帰りました。
大むら、まぁ君とカツ丼 - 20180113(土)

やはり山の友とは山で会うのが一番だなぁとしみじみ思いました、 
自分の一番の居場所はyahari山にある!とも。  そして、
ピーカンとはいきませんでしたが今日も運動できた楽しめたことがうれしいです。でわ。

今日の自宅メシ - 20180109(火)

今日はかつ丼!と家に帰ったのですが、
座って本読み始めたら、もう、なんもする気おこらな~い、
カツ揚げるの面倒になり、豚丼に変更。 どちらにしても丼もんは、美味し!!

濃いめで甘塩辛い味つけにします
豚丼メイキング - 20180109(火)

豚丼 - 20180109(火)

豚肉に含まれる栄養素で最も優れているのがビタミンB1 (牛肉や鶏肉の約10倍!)
なわけですが、このビタミンB1は疲労回復の効果が大きいと云われています。
玉ねぎのつけ合わせが更に効果を高めるとも。 がんばって野菜も肉の倍以上食べる様にしてます。

インフルエンザが猛威ふるう時期ですが、私は子どもらの受験の年以外予防接種したことがありません、
「手洗いとうがいの強化」 「豚肉摂取」 「十分な睡眠」 そして「雪山遊び」 これが長年の予防策です、
平成に入り一度もインフルエンザに罹ったことありませんし、それ以前も今記憶にはありません。
また、風邪をこじらせたのも新婚当初に一度きりです。 効果ありと云うことでしょう。

食後の甘いもん、これがまたんまい!!まんぞくまんぞく。
甘いもん - 20180109(火)
若い頃は甘いもの食べたいとは思わなかったのに五十過ぎた頃からスキ(#^^#)

外雪は降ってないが風強くて荒れ模様、
こんな夜は、早早シュラフに潜り込もうと思います。

読了 「破獄」 – 20180108(月)成人の日

破獄 - 20180108(月)

吉村昭 「破獄」 読了。 
先日 「高熱隧道」 読んだのですが、友人の山の歌さんから、吉村昭ならこれ面白いよ!
と薦められた内の一冊読んでみました。

実在した天才的な脱獄常習者の話し。
投獄、脱走、逃走・潜伏、逮捕、投獄と四度の脱獄を繰り返す。 その手口に実行力、
身体能力はもちろん、そのことに長けた非凡な頭脳と執念はすばらしい。
時代背景戦時下中心なので、戦争、刑務所(看守ら)の事も詳細に描かれていました。
青森、秋田、網走、札幌、府中と刑務所を渡り歩く。 そして脱獄をやめるに至る理由とは? 

解説に 「脱獄囚は社会的には悪の象徴である。 しかし、、、人生そのものを牢獄と考える見方をとるならば、人間は自由を求めつつ、たえず社会秩序という牢獄の中におかれている」 、とある。 人は楽しそうに見えていても平静を装っていても、必ずみな何かに悩み、不幸を背負い引きずりながら生きています。 この世を生きゆくこと言い当ててるように思いました。

私の読書の志向は今も時代小説(歴史小説ではない)にあるはあるのですが、ともすると有りそでな無さそなフィクションの精神世界に埋没し、それにうっふんなどと満足しがちなわけですが、こういった史実に基づいたアウトローで骨太なモチーフに、ぐっと現実に戻された感、なかなか良かったです。

話し変わり、文字依存症になりつつある、、、もうなってるのかな、 
本が手元にないと落ち着かない。 ものごと何事もほどほどが大切です。
少し本から離れなければ、と思う事頻り。 一日の読書時間や酒じゃないが休読日とか。
眼も加速度的に悪くなってきてる。 視力そのもの、左右の視力の差、進む白内障。
そうなると、山を思うままに歩けなくなる、滑れなくなる、、、それが一番怖いのです。

がんばらない蒲原山再び - 20180107(日)

今日のドロップ方面 - 20180107(日)
                                 ドロップ地点が見えてきた  2018.1.7(日)

明日は天候下り坂という予報に、今日また小谷の蒲原山に出かけました。
お約束な「がんばらない1000m」まで。 相棒ふなちゃん。
私らは国道に車を停めましたが、神社前に車が二台あり4,5人先行。 楽させてもらいました(^^ゞ

ふなちゃんラッセル。 1000m地点の尾根筋へ裏から登頂。
今日の終了地点へ - 20180107(日)

尾根に出ると北から吹き上げてくる風が冷たかったので、シール外し、早々に下山、
三日前から然程の新雪もなく、3,40㌢の底付きながら、中間部下まで快適な雪質でした。
今日私は、ディメンション:118-83-106 L137 と云う残雪期でキャンバーな板でしたが、
ここは総じて斜度が大きいので、底付きであることからかえって回し易かったです。

今日は国道まで標高差600m滑って終了。 ドロップから20分。
国道まで滑って終了 - 20180107(日)

下がって11時。 
能生の常(とき)さんまで北上しお昼。          今日はこれ!
常 - 20180107(日) 今日はこれ!です - 20180107(日)

エビの風味にとろっとしたあんかけが麺に絡み、美味し! ごちそうさまでした。
しょうゆとんこつあんかけそば - 20180107(日)

おまけ。 ふなちゃんと初めて蒲原山へ行った時の動画(2015.2.1) by banちゃん

この時は期待を裏切らない程よい深さのパウダースノーだった。 ブラボー!だったわけです。 

蒲原山いつものとこまで - 20180104(木)

登る - 20180104(木)
                         登行中。今日の終了点が見えてきた。  2018.1.4(木)

正月休み最終日。今日は、小谷イチヨンパ北斜面、
蒲原山いつものところ、そう! 「がんばらないガンバラ山」 に出かけました。
気分はジャンバラヤです。。。寒いギャグ、すみません(一一")
(今カーペンターズ聴きながらこれ書いてるもので)

よろしくお願いしあーす。 ではいきましょう。
さて行きましょう - 20180104(木)
                               これなかなか上手く撮れてると自己満足(謎)

本日の終了点1000m直下を登る。


国道から2時間20分で本日の登行終了点になんなく到達。
2パーティー7,8名がラッセルしてくださった。ありがとうございましたこの場を借り。
寒いので早早に下降体制へ。
下降体制へ - 20180104(木)

では参りましょうか。
さて行きますか - 20180104(木)

滑りだしほんのちょっとですが。


滑り出しから35分で車まで戻りました。スキー登山ならでは!
地形埋まりきっておらずどこまでも滑らかな斜面とはいきませんでしたが、
低温キープされた雪は生まれたての赤ちゃんみたいに柔らかく軽く、そして結構深かったです。 
今日は、滑るより登るのが心地良く、それが印象に残ったがんばらない蒲原山でした。

下がってちょうど正午。 今日は新宿鬼門の人がいたので、青海大むらで昼メシ。
甘塩辛いかつ丼ツユだくで&生姜微妙に効いてるラーメン頂き満腹中枢120パーセント。
大むらのかつ丼 - 20180104(木)
大むらのラーメン - 20180104(木)

人間体動かすこと、特に自然相手な野外活動は必要で心身両面に良い。
わたしは山、取分け雪山に心が動きます。中でもスキー登山。理屈ナシ楽しい。
ただその世界は、夏山登山や雪山登山に比べ、ハイリスクな世界、
同行者がいてこそ安心して楽しめる。 同行のみなさん、ありがとうございました。

各駅停車 のちALPS EXPRESS のち新幹線 - 20180103(水)

ALPS EXPRESS - 20180103(水)
                       富山地方鉄道 ALPS EXPRESS号  2018.1.3(水) 宇奈月駅

懲りない私は今日も鉄旅。 ちてつの年末年始ふりーきっぷもまだ生きてますし。
今日の最大目的は、昨日ダブルデッカーの二階席に乗ったので、
ならば勢いに乗ってALPS EXPRESSの2号車(座席指定特別車両)にも乗ってみようです。

宇奈月から乗るべく、8:06荻生乗車~
おっとー!!ALPS EXPRESSちゃんじゃないこれ!そうです!!
宇奈月へ行って折り返しこれが座席指定の特急になる。 この時点では急行でこの辺りは各駅停車。 
写真撮りまくりおやぢに突如変身でした(笑) 車内の様子こんな感じです。
ALPS EXPRESS車内1 - 20180103(水) ALPS EXPRESS車内3 - 20180103(水)
ALPS EXPRESS車内4 - 20180103(水) ALPS EXPRESS車内2 - 20180103(水)
空間の広さ、明るさ、木の温もり、すばらしかった。

仕切り直し、午前9時宇奈月しゅぱ~つ(^^ゞ


車窓からの雪見酒楽しみました。
雪見酒 - 20180103(水) ほろ酔na頃 - 20180103(水)
時間の経過とともに、いい感じに。。。 ♪せぶんいれっぶん!いい気分!!デス(#^^#)

一時明るい陽も射しました。 ん~いい正月だ、などと うとうと。。。
一時日もさしました - 20170103(水)

富山宇奈月間、ダブルデッカーとアルプスエキスプレス乗ってみましたが、後者の方が断然!空間がゆったりしてて窓も大きい。次があればALPS EXPRESS に軍配です。 足元の暖房も暖かかったです。 「年末年始ふりーきっぷ」 なかなかシャレたことやってくれます、ちてつさんは。 十分楽しめました。

富山駅前もしばらく陽が射してました。


腹がへったので最寄りの8番でラーメンいただきました。
変わらない味、チャンポンめんと同じで、富山のもんの定番です(笑)
8番塩ラーメン - 20180103(水)
                                        なんでやろはちばん

帰りは新幹線で帰りました。
帰りは新幹線でゴー - 20180103(水)

車内はUターンラッシュでごった返していました。 立ってる客もいました。
Uターンラッシュでした - 20180103(水)

雪降る黒部宇奈月温泉駅で降車。
黒部に帰る - 20180103(水)

カミさんの迎えで午前11:50帰宅。
や~大みそかから四日間の鉄旅、、、鉄旅が、と云うより、
日頃経験することのない非日常が、新鮮で楽しかったのかもしれません。

読了 「高熱隧道」 – 20180102(火)

高熱隧道 - 20180102(火)

吉村昭 「高熱隧道」 読了(再読)。
黒部でダムと云うと黒部川第四発電所…通称黒四(くろよん)…が有名ですが、それ以前戦前に行われた黒三(黒部川第三発電所)工事の話し。 欅平~志合谷~折尾谷~阿曾原谷~仙人谷に、軌道と送水の為の隧道掘った時の史実に基づく話し。 人物は創作だが工事過程はでき得る限り正確さを期した、と作者は云っている。 泡雪崩と中の高熱などにより三百人以上の死者を出した本工事。特に志合谷と阿曾原の泡雪崩は凄まじい。 そして戦時体制下国策として天皇まで動かし達成されたこの工事。 そこにあるトンネル屋(監督や技師)の性、思い、人夫たちの悲運、思い。 黒部の山の隅で働く者としては、幾度か読み返し押さえておかなきゃいけない一冊です。 余談ですが、作中 「黒部渓谷」 という表現をしているが 「黒部峡谷」 と云った方がしっくりきます、黒部のもんには。

---------------------------------------------------------------------

年の初めも、ちてつ電車にゆられながら、駅中でお茶しながら、の読書でした。

〇 元日 〇
正月なのでお神酒頂き、好物の、酢だこ、かずのこ、ニシンの昆布巻き、に、
餅四個投下の雑煮を腹に入れ出立。 腹も気持ちも結構いっぱい。 8:21荻生駅乗車。

寺田の待合室。 あたたかい雰囲気のある空間でした。駅員さんも。
寺田駅待合室 - 20180101(月)

千垣橋梁から。 ん~寒そう(一一")
何処かの橋から - 20180101(月)

ありみねぐち駅
ありみねぐち - 20180101(月)

もうすぐ立山駅


元旦の立山駅
立山駅 - 20180101(月)  待機 - 20180101(月)
シーズンオフ - 20180101(月)  スキーバス - 20180101(月)

立山駅から富山に向かう。 途中初詣客がたくさん乗ってきた。
マリエにある好日山荘でちょっこり買物。 あとは無印商品チラホラ見たりし黒部へ。
15:14荻生駅着、本屋に寄り15:30歩いて帰宅。

〇 二日 〇

そんなに遠くもないけど、仕事にゆくというので、息子に送ってもらい、
7:35荻生駅乗車
ぼくひとり - 20180102(火)  荻生駅 - 20180102(火)
元元利用客の少ない駅。 今日はわたしだけ。    中学の統合でこの駅の様子ももうすぐ変わります。

線路はつづくよどっかまで。。。
線路は続くよどこかまで - 20180102(火)

富山に着いて、今日はドトールで腰据え本読み。
めっちゃ混んできて勉強してる学生さんたちがおん出されたら出なきゃ、と覚悟決めてましたものの、この日は客足速くてつんからつんと出入りがあり、結局二時間弱、客待ち行列できませんでした、ラッキー!!このような状況下で勉強してる高校生の気が知れない。よくこんなとこで集中できるもんだ。

で本日のメイ~ン!!! ダブルデッカーの二階に初めて乗りました。
ダブルデッカー - 20180102(火)

ダブルデッカー2 - 20180102(火)  ダブルデッカー3 - 20180102(火)

昼メシも少しだけ豪華です。
今日の昼メシ - 20180102(火)
わたしも少し気持ち高揚してましたが、その筋のオタクが幾人もおられました、
動きに目なんてぎらっぎら!すごかった。 色色教えてくれたが、、、わたし殆ど興味なし。

新魚津な頃


急ぐ旅でもなし、それに車中ほとんど本など読んでるものですから、
普通電車でも富山宇奈月間に要す時間などさほど気にならないのですが、さっすが!特急は早い!!
宇奈月までゆき早早リターン。 14:33荻生駅着、14:45歩いて帰宅。

ちてつ旅と読書な年末年始、ゆったりした三日間でした。
ただここんとこ座りっ放しだったため今腰が重だるい。 
キレッキレよー!なんてのは遠きになりにけりですが、も少し体動かさなければ。。。