旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



読了 「菊月夜」 – 20170929(金)

菊月夜 -20170929

山本周五郎 「菊月夜」 読了。 
秋らしいタイトルに惹かれ読んでみた次第(笑)
昭和九年から二十三年に発表されたもの、
表題含め十の話し(一つだけ中篇)が収められている、
その中篇以外はさくさくっと読める。

戦前戦中そして戦後間もない頃に著された作品群だけに、
価値観180度逆転すると云ったことモチーフにしてる作品が印象的でした。

時代もんの表紙はジャパニーズで好きなのですが、
これなども、やわらかな上品さがあって、お気に入りです。

余談ですが、生業が山中の温泉旅館の番人だからでしょう、
オフはどうもインな本読みや近所のスーパー徘徊が多いこの頃です。

以下私的メモ
----------------------------------------------------------
■其角と山賊と殿様 …昭和九年二月 「キング」
  大名の為には俳諧をせぬという一徹で酒好きな其角が体験するこわ~い話し。
  「霜を見る蛙は百舌の沓手かな」

■柿 …昭和十四年二月 「現代」
  亡き父の思い大事にし自分の出世棒に振るどころか左遷されし辰之助。
  そのような思いに翻弄誤解する兵馬、小房兄妹。熟柿がつなぐ二人の仲。

■花宵 …昭和十七年四月 「少女の友」
  兄弟、清之助と英三郎。ふたりへの母の扱い方が違う。 一人が継の子一人が実子。  

■おもかげ …昭和十八年七月 「少女の友」
  七歳で母を亡くした正之助。自分の良縁を諦めてまでそれを育てる叔母。
  武士として。 叔母の思い。

■菊月夜 …昭和十九年十月 「講談雑誌」
  松谷権太夫が娘小房という許嫁がありながら、疋田家の婿にとの話しがでる信三郎。
  そこに秘められた訳真相とは。そして出家する小房。せつない。仇討ちの物語。
  「ああ、月が出た」

■一領一筋 …昭和二十一年九月刊収録 『菊月夜』
  内田覚右衛門の部屋住み息子三男の圭之助は、文武双方に優れ、婿入り先も十二からあるという超人気。それが自ら希望し癇癪持ちで名高い鴨部五郎左衛門の家に婿入り。鎧一領槍一筋、泰平の世に武士とはどう生きるべきなのか。終わりはユーモラス。

■蜆谷 …昭和二十二年三月 「新読物」
  慶長五年領主石田三成一代の合戦があるため、心ある者は陣へ参って働くようにとの布令に蜆谷から他の二人とともに出た弥之助。負け戦で蜆谷の村に帰ると英雄視し送り出した村人の態度は一変。冷たくあしらわれる。母は田畑売り果たしやつれ、嫁して四十日だった妻は離縁され実家に帰っていた。吟味所でのお裁きや如何に。そして村に帰った弥之助、お八重。村人たちに語りかけ始めた。

■忍術千一夜 …昭和二十三年二、五、六月 「新物語」 ※400字詰め原稿用紙150枚ほどの中篇
  よくわかんな~い!(^^; ふしぎちゃんな話し。飛騨の国保良郡吹矢村、主人公八百助、極悪なる下男出来六。洞瀬山曾古津様(曾古津神社)。権右衛門(ごんえむ)、娘おせん、酒と博打の好きな道楽息子二人、成木持助(大阪の大きな材木問屋の次男)。悪役人蓑賀参蔵、お杉姐さんに、権頭、中将、杢。難しい漢字言い回し多いものの、講釈師語りかけるよな出くわしたことのない文体文字の息継ぎ表現。醜態に生まれし男の、冷たい村人たち、悪行重ねる役人商人たちへの復讐物語。破天荒ダイナミックな筋書き。最初とても読みづらかったが、気づけばファンタジックワールドへ入り込んだような、そんな物語。登場する人物、地名もなかなかナイス。「忍術千一夜」というタイトルが凡人な私には今一つピンと来ない。第一話「艶妖記」、第二話「三悪人物語」からなる、本書唯一の中篇もの。

■留めさんとその女 …昭和十年九月 「アサヒグラフ」
  三十八になる水夫で純な男留さん。倹約家で酒は一合、あとはもらい酒決め込むと云う徹底ぶり。そうくれば世の中お決まり。金が出てく何かができる。で女にハマる。もう三十八だし。幾人かに逃げられそしてまた女ができた。よくあるウブな男と百戦錬磨な女との話し。「てけてんてん、すててんてん」「おらあも、そろそろひと花咲かしてもいい頃だなあ」。時代物のような現代もののような、超短篇。

■蛮人 …昭和十一年八月 「アサヒグラフ」
  石灰工場で働く七人…男四人とその妻たち三人。
  そこで事件が。人が最後にゆきつくような場所での乾いた切なく悲しい話し。
  これも時代もののような現代もののような、超短篇。

このところのまかない - 20170925(月)

20170825(金)朝メシ…久々の賄食
                        二ヶ月に及ぶ休業復旧作業の後半、初めていただいた朝メシ

山仕事の季節、5月から11月は自宅で食べるより、
調理担当の女性が作ってくれるまかないを食べる事の方が多いです。 
メニュー考えるの、日々心労のことと思います。 
自分の父ちゃん家族でもないのに、誠にありがとうございます。
B級どころかC級D級グルメなわたし、、、つまり、
食い物に頓着ナシな私にとっては、毎日がごっつぉ!です。 最近のものアップ。

【 昼メシ編 】
20170908昼 20170909昼

0170910昼 20170914昼

20170917昼 20170919昼

【 夕食編 】
20170909夜 20170922夜

【 番外編 】
真夜中の誘惑、、、夕食ひかえたら腹減ってついつい。 
20170908夜の誘惑 

自宅でたま~に食べるうなだれ丼、 
白メシに市販のうなぎのタレかけただけ、山椒ぱらっと、
たったそれだけですが、これがどうしてなかなか美味し!
・・・C級D級グルメばんざ~い!!(一一")
うなだれ丼 -20170914夜

黒作り食べ比べ
えびよねの黒作り -201709 石橋水産の黒作り -201709
10g当たり、108円(最近値上げした)と38円。値段さ2.8倍 …市内O阪屋調べ。
ほんの一口(1本)なら気づきにくいですし、ご飯に乗せて食べるならそれはそれですが、
二口三口or多めに口に運ぶと、甘めで品よく仕上げられた前者が舌触り後味まろやかで美味し!
(まぁ私の父親たちが日本酒のアテにしてた当時のネイティブもんは、
              もっと生臭くて、もっともっとしょっぱかったように思いますが)

天高く馬もわたしも肥える秋であります。 

この頃の黒薙 -20170920(水)

ロビーからの景色 -20170919(月)
                   ロビーからの眺め。 居乍ら豪快な景色が目にとびこんできます。

好きな孤独のグルメの作者、久住昌之さんが取材で来られたのでちゃっかり(^^)/
孤独のグルメ、久住さんと0170913(水)
因みに、「深夜食堂」(安倍夜郎)も好きです、
どちらも再放送含めもっとバンバンやってほしいところです。


富山市の佐伯さん。 御年89歳。 前日ふと思い立ち一人でふらっと来たという(@_@)
駅から30分ちょっとで宿に着かれました。 すばらしい足腰膝です。
山大好き人間。 昔の立山界隈の貴重で興味深い話しをお聞きしました。 
佐伯さんfrom富山市 -20170914(木)朝に
手荷物コンビニ袋一つだけ。 それもこれ帰りにみやげ買われたのでふくらんでいるのであり、
宿に着かれた時は、腹が減ったらと途中パンふたつ買ったの入ってただけでした。
と云うことは、、、家を出られる時はいわゆる手ぶらだったということです、豪傑です。 


9/18(月)未明、台風18号富山に最接近。 
進路が進路だったのですが、風雨とも大きくなくて良かった。
台風18号通過 -201709018未明

で、台風一過な18日月曜敬老の日
この日は偶然にも山好きな方が多く来られました(^^♪

まずは、先月の夏休み山行の際、雷鳥坂から剱御前小舎でご一緒した大分の村上さん一行。 
村上さん一行from大分 -20170919朝に
温泉大国大分の方に、黒部幽谷の地黒薙はどのように映ったのでしょう?
ともあれ再会うれしかったです。 また山でお会いできたら尚うれしいです。


埼玉の大野さん。 これから本格的に山を始めようと思っていると云われた。
大野さんfrom埼玉 -20170919朝に
物静かで優しきすばらしい山男になる要素のある方だと、そう思いました、
まだまだお若い。 これからいっぱいいっぱい登れます。


そして黒四から入り四泊、幕担いで剱界隈を歩いてきたという福岡からの西田さん。
西田さんfrom福岡 -201709019朝に
でっかいザックパンパン!! 足場悪くデンジャラスな箇所多々あるルート、
そのデカイ荷背負って歩き通して来られた。 単独行でもありすばらしい!!! 
食後のアイスを美味しそうに食べておられたのも印象的でした。


下山日、駅でかわいい乗務員さんにお会いしました。 笑顔がステキでした。
かわいい乗務員さん -201709019(月)


再会、取分け山つながりの方とのそれはうれしいものですが、
親戚や同級生などと云った同じくくりでもなければ、人生は一期一会の繰り返しです、
ですが、こうして偶然出会う人々がわたしの心、人生を豊かにしてくれます。
ありがとうございます。 どちら様もたっしゃでいてください。

黒部は稲刈りも大方終わり、これからいよいよ秋本番です。

読了 「ひとごろし」 – 20170919(火)

ひとごろし -20170919(火)

山本周五郎 「ひとごろし」 読了。 表題含め十の話しが収められてる。
ひとごろしなどという物騒なタイトルにチトひいちゃいますが、話しにゃんともかわいい、
わたしとしては 「怖いよ怖いよ 人殺しさーん!!」 に変えてほしい、そんな話でした。
問題解決にはいろんな方法があるものだと改めて感心、読み進めて落ちついた次第です。

ほか
「壺」 「暴風雨の中」 「雪と泥」 「鵜」 「女は同じ物語」
「しゅるしゅる」 「裏の木戸はあいている」 「地蔵」 「改訂御定法」

どれも読み応え十分!ひゃっほー!!深い。 とりわけ、
「女は同じ物語」 時代もんですがまんま現代ものじゃない(笑) おもしろかった。
「裏の木戸はあいている」 「改訂御定法」 は、政に携わる人々必読だとも。

周五郎ワールド、浸りすぎると濃ゆすぎて疲れますが、読書の秋にはお薦めです。

生業再開し安堵 -20170907(木)

湯霧の滝 -20170906
                    宿南面黒薙川に落ちる 湯霧の滝 

どーして湯霧の滝なのかと云うと、
ここ黒薙は、湯とガスからこのような風情見られるからでしょう
湯霧の黒薙 -20170906(水)

ジャスト!二ヶ月に及んだ休業から、このたび9/1金曜日旅館再開に至りました。
この前夜からのゲリラ的集中豪雨で、時は止まりました、
豪雨の時 -20170701(土)

営業再開前日に。 いよいよ時が動き出します。
再開前日 -20170831(木)
※上記写真2枚黒薙温泉HPよりお借りしました。

夕食  器がこの日から少し新しくなりました。
夕食 -20170901(金)

お宿の晩ごはん -20170901(金)

朝食
朝食 -0170902(土)
お宿の朝ごはん -20170902(土)

再開の日はうれしかったです。 
オーナーに云ったら怒られますが、お客様増えればそれで良い、それ至上それ第一優先私は好きではありません。 江戸前期1645年の発見から372年に及ぶ歴史、慶応四年今の営業小屋になって150年(宇奈月に湯が引かれてまだ94年です)。 そういった秘境黒部の、質素で素朴、時代をさかのぼる、タイムトラベルできる、そんな世界広がる奥山の湯宿に静かにひととき身をおきたい、そういう方だけに来ていただきたい、というのが実は番人であるわたしの思いであります。

読了 「寝ぼけ署長」 – 20170906(水)

寝ぼけ署長 -20170906(水)

山本周五郎 「寝ぼけ署長」 読了。 周五郎には珍しい現代もの。
と云ってはみても、昭和二十一年から一年余りの間に発表されたものですから、
もうかれこれ70年ほど前に書かれたものですが。

十の話しからなり、一見タイトルのよな署長が、事件を解決してゆきます。
一般的な事件簿のようにスッキリ!解決しないことに最初歯がゆさ覚えましたが、
そしてややオーバーフィクションなる話しあること否めませんが、通して弱い者の味方であります。

読み終え心に残るのは、憎むべき悪は、正直で貧しい者が一線を越え法を犯したという
その事のみにあるのではなく、法の網の目を巧みにくぐり抜け、法すれすれ己の欲のために
世渡りする者たちこそ、実は最も憎むべき対象であるとみている、という点です。 
本当に貧しい者は罪を犯す暇などない。 犯罪は懶惰な環境から生まれる。
安逸から、狡猾から、無為徒食から、贅沢、虚栄から生まれる、
決して貧乏から生まれるものではない、と云うものの見方です。 

そして、現実問題この様な署長がいたなら、現在の組織では窓際行きか、
お暇出されるでしょうが、所詮人間などと云うものは小さな悪事もしながら生きてます、
爪の垢煎じて何とやら、人間性豊かな血の通った組織であってほしいものです。

「中央銀行三十万円紛失事件」、「海南氏恐喝事件」、「一粒の真珠」、「新生座事件」
「眼の中の砂」、「夜毎十二時」、「毛骨屋親分」、「十目十指」、「我が歌終る」、「最後の挨拶」
私のお気に入りは 「毛骨屋親分」 ありえないでしょ!ってところが痛快で面白かったです。

読書の秋、秋の夜長にみなさんひとついかがでしょ、
まー私の場合は飲むとすぐに寝ちまうのが悩みの種なんですが。