旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



今日の昼メシ - 2016.8.31(水)

今日の昼メシ - 2016.8.31(水)

今日は久しぶりに人生の相方イングリッドと休みが合いランチ、、、ん?
ランチ、などという品の良いものではありません、昼メシっす(笑)

昨日の秋本番みたいな涼しさに温かいうどん食いたい、そう思ってうどん屋に。
でも朝方まで寒かったのに、日中は何これ!ってくらい暑くて気がついたら冷たいの頼んでました。
相方は四季を通して温かいのいただいてます。 なのでちょっと失敬しすすらせてもらいました。
あったかいの、うま~(#^.^#)

と、職業柄、温泉たまごと云うことばに触発され、それも食してみました^^;
温泉たまご - 2016.8.31(水)


べったり夫婦互いに好まないそしてすれ違い暮しが心地良いわたしらですが、
子供らの近況や、家の事、家内の実家の両親の事など、情報交換して午後は自由時間に(^^ゞ

歳取ると、一日は長く、一年は短い、とも聞く 
明日から9月。 もう9月か。 一年の三分の二が終わるわけよ、
正月からそう経ってないと思ってたのに。 
まだ現役、一日が長いとは思わないが、一年は短く感じる様になった。 
あー歳取っちまったか。

ともあれ、明日からまたしばし山に隠るとしませう。

山好きな関さん来館 - 2016.8.30(火)

関さん夫妻 - 2016.8.28(日)出立の頃に
                     三重の関さん   2016.8.28(日) 出立の時に

黒部奥山幽谷の地黒薙温泉で仕事してると、
その装束で、来館者の山との関わり具合い、おおよそ察しがつきます。
温泉ファンってのは、話してみなきゃさっぱり分かりませんが。

過日のことですが、山好きなご夫婦が来られましたので記念に。
山好きな方は取分け、つか、無条件に大歓迎です(^^)

関夫人と - 2016.8.28朝に
                                   べっぴんな奥様と撮らせていただいた(^^)

“黒部”のもんは飾ったもてなしできない、“黒部”のまんまな応対しかできませんが、
宇奈月温泉の源泉・元湯、深山なくろなぎ、楽しめましたでしょうか?
富山に友人がいるともおっしゃっておられた。
気持ちの良いお二人だった、こちらがうれしくなりました、ありがとう。
まだ若い、これから、長~く山とつきあっていって下さい。


最近の東食堂
東も椅子席に - 2016.8.28(日)夕
和卓に座布団敷だった東食堂がこの8月8日から写真のような椅子席にリニューアル。
148年の和な歴史に幕が閉じられました。
と云っても超繁忙期や椅子に座れないちっちゃなふにゃふにゃ幼児がいる場合は和式に変わりますが。


立山引率2016その3 - 2016.8.26(金)

一等三角点立山 - 2016.8.26(金)
                                                 一等三角点 立山

市内の小学校の引率で今夏三たび立山入り。
7月末に行われることの多い学校登山ですが、
この学校はいつもこの時期。 ですが他校も結構来てました。

まずは芦峅寺の中宮お参り。
芦峅寺雄山神社中宮お参り - 2016.8.25(木)

近いので歩いて閻魔堂から布橋、遥望館でビデオ鑑賞、続いてまんだら遊苑見学と、まずは立山のお勉強。

で、室堂に上がれば、天候に恵まれあー爽やか~(^^)
さわやかみくり - 2016.8.25(木)

宿泊地に入り子供たちはお楽しみな宿泊学習。
夜星空観察。 夏の大三角形にサソリ座、天の川も確認できましたし富山の夜景がきれいでした。

二日目山頂アタック。 3003m峰本社に至る。
今回後ろにいた膝のいいやつら。 こいつら別格にすごかった。
と云っても人はそれぞれ、みんながんばって歩き通しました。
一緒に下がった膝のいい奴ら - 2016.8.26(金)

いろんなシーンに出会えた今回の立山。 児童のみなさんお疲れさんでした。 
なかなか後味の良い学校登山でした。 そして、
吹き抜ける風に、一ノ越から下がる時、これで夏山は終わる、そう思いました。


--------------------------------------------------------------------------------------
おまけ(個人的備忘録、気づき)

今回の宿泊立山荘。学校登山にしては黒部では珍しい。
私個人的にも、20代の時に泊って以来でした。
久々でしたが、小奇麗で山荘スタッフの空気、静かで良ろし。
また夕朝食、豪華とは言えないが品があり好ましかった。
と、夜景がやけに!←お約束なおやぢギャグ失礼、綺麗でした。
弥陀ヶ原から富山の夜景 - 2016.8.25(木)

アタック当日、行動食少なしと思ってたら、h川先生からこれ頂き、
無事ミッション遂行。 ありがとうございました。 持つべきものは同い歳です;)
長谷川先生にいただいた行動食 - 2016.8.26(金)

名ガイド池田さんにお会いした。 剱のち立山縦走らしかった。
他愛無い話し交わし互いのミッションに。 
振り返ると、氏の歩の進め方、変わらず芸術的に美しかった。
池田さんに会う - 2016.8.26(金)


と、私の今回の裏本命。 ニノ越三ノ越間にある、
昭和天皇が皇太子だった大正末期に歌われという碑を拝みにちょと道草。
立山登山する者数多なれどこれを目にする人はまずいない。 なかなか良かったです(^^)
昭和天皇皇太子の時のもの1 - 2016.8.26(金)

昭和天皇皇太子の時のもの2 - 2016.8.26(金)

昭和天皇皇太子の時のもの3 - 2016.8.26(金)


そして今回とても気になったのが地獄谷の火山活動。
御赦免滝の左側からの噴煙、初めて見たように思いました。
室堂に新しい道も整備されてますが、その前にシェルター作らなきゃと思います。
有事が明日か50年後かそれは分かりませんが、周期的にはいつ起きてもおかしくない。
ご赦免滝1 - 2016.8.26(金)
ご赦免滝2 - 2016.8.26(金)


読了 「刺客」 - 2016.8.22(月)

刺客 - 2016.8.22

藤沢周平、用心棒日月抄シリーズ三弾 「刺客」 読了。

久しぶりの連休、山へとの思わくもあったのですが、
台風3つも来ててあれー。 まーリスキー好む歳でもないことから中止に。
そうなると暑さの峠ほぼ越えたものの、年々増すおつりな疲労感が急に頭持ち上げてくる(笑)
と云うことでこの貴重な連休、心身のリセット、メンテナンス、そして日頃集中してできない読書に。

と、話し書に戻り、大富派に加担したる者の連判状、二弾「弧剣」で手中に収め一件落着、お国安泰と思われたのも束の間。 江戸の嗅足衆を葬るべく五人の刺客が国元より放たれ、青江又八郎三度脱藩江戸へなお話し。おいおい三回もかよー。 ちとマンネリですが、刺客との刃裁き始め、それ主軸にあれやこれやいつもの用心棒稼業スパイスが上手く織り込まれている。 そして佐知に細谷との深まってゆく関係。
読み終えてみればなかなかどうして、面白かった。


もてなす側が癒やされる - 2016.8.20(土)

くろなぎオアシス - 2016.8.19(金)

幽谷の地黒薙、人はさまざまな目的心にそっと秘め訪れられます。 温泉マニアから、非日常ひとときの静寂癒しに身をおくこと求め、また山の帰りになどなど。 家族と、友人と、そして一人旅と、十人十色です。 いろんな方々との出会いと別れの日々。 一期一会ってやつです。 そんな繰り返し。 と、ふと番人部屋から見るこうした画にこちらが癒やされます。  371年のずっしりした深さ重み持つ地だからこそ、本物だからこその重厚感に人が抱かれた時、実にステキです。


今日の中締め?
早朝から動き昼の忙しさ乗り越えた調理人方がこれから昼休みに入ります。
と、じゃー乾杯しますか~と。 ことばじゃないこういった気づかいに癒される。 
あっ!もちジュースですよ(^^) 僕はアイスも(#^.^#)  疲れてるのにありがとう。

 じじいと ばばあが
 だまつて グラスかたむけてゐる
 山のいで湯の ひるさがり
 山のいで湯の ひるさがり

 、、、、、、ん?(笑)
暑さもうしばらく、しっかり休み、後半の部、戌ノ刻までやわやわがんばりませう。
中締め - 2016.8.20(土)

とか云いながら私だけ下山なんです今日。 すみません_(._.)_
私は帰る - 2016.8.20(土)


残暑お見舞い申し上げます、そしてこの頃の記憶 - 2016.8.15(月)

久振りに大空見た - 2016.8.15(月)

残暑お見舞い申しあげます
今日久しぶりに大きな空見ました(笑)
今年の暑さはそう長く続かないように思います
どちら様ももうしばらくご自愛ください。


と、盛夏黒薙に山の大先輩タニヤスさんが顔見せて下さいました、
それも自宅宇奈月間は自転車とのこと、齢76、全くもってすばらしい!
レジェンドとは正にこのような人のことを言うのだと、そう思いました。
タニヤスさん来る - 2016.8.14(日)
暫くでしたが久しぶりにお話しできうれしかったです。
帰り際シャイな氏を撮らせていただきました。


また、甥っ子慎太郎と奥さんの未奈子さんが足を運んでくれた。 
こういう突然の再会というのはチト気恥ずかしくもありますがやはりうれしい。 
江戸にすっかり馴染んだ暮らしの中、わざわざありがとう。 


サラメシ、この日はサダメシ・・・あれっ(笑) さだちゃん作ということであります、はい。
山の温泉旅館盆休みの繁忙期。 まかない作るのに時間割くのも大変です
…私が作るわけじゃありませんが^^; なので暑きこの時季のお約束的menuですこれ。
所謂ボットンカレーですが、暑い時期、なかなかイケます(^^)
そしてたまねぎたっぷり味噌汁は私の好物ながであります(^^ゞ
昼メシ - 2016.8.14(日)

読了 「孤剣」 - 2016.8.10(水)

孤剣 - 2016.8.10

藤沢周平、用心棒日月抄二弾 「孤剣」 読了。

仕事も繁忙期に入り、アラカンおやぢの休日は骨休めが最重要課題。
ムリは禁物。 取り返しのできないきかない事にならぬよう
定期的に体と心リセットする事が大切なお年ごろ、遊びより休養です。  
外は暑いのでならば避暑しながら頭ぐらいは使わねばと、書に親しむのであります。
長時間読み続けること叶わない暮らしなので少しずつです。

前述、これ用心棒日月抄第二弾
国元に戻ったものの不本意ながら水面下なる命受け再び江戸へ
それも脱藩糊口自分で凌げという扱いで。 
おっとー、現代なら 「かんべんしてよ、一抜けた~」 です。
まーそこが時代小説の時代小説たる所以でもあるのでしょうが。

と、これ武家ものベースに市井ものちらほらが程よく締まった感ある作品でした。
殿中でござる的話しは好みじゃないですし、
天下の宝刀的もの持つ大富静馬での話し引っ張り過ぎはいただけないものの、
主人公・青江又八郎に、口入れ屋・吉蔵の言動、
相方的浪人細谷源太夫、そして嗅足組頭領の娘佐知との関わりが面白かった。

ん~これはシリーズ第三弾 「刺客」 にいかねばなるまい(笑)

読了 「用心棒日月抄」 - 2016.8.2(火)

用心棒日月抄 - 2016.8

藤沢周平 「用心棒日月抄」 読了。
文庫本で五十頁位な十編からなるものの、通して話しがつながってる。

登場人物の個性、人間味が上手く描かれ、、、
五代将軍綱吉の時代らしい第一編犬の「まる」の表情しぐさ表現もなかなか(^^)
そして、いやはや何ともテンポが良い。
藤沢作品にしては物語分かり易く、すばらしい、文句なし! 面白かった。

浅野と吉良のあれこれには興味ないのですがまーしょーがねーか(笑)
この頃同じ本を2度3度読み返すのが私のスタイルなのですが、
佐知の登場で由亀との関係や如何に、など続編「孤剣」が今から楽しみです。


立山引率2016その2 - 2016.8.1(月)

下がり道 - 2016.8.1(月)
                    下がり道。 上から見ると室堂、神が創った箱庭の如し。   2016.8.1(月)

子供たち引率しての立山その2は私の母校。 
かわいい後輩たちと弥陀ヶ原を散策し、そして雄山山頂にいざないました。

初日はガスの中でしたが弥陀ヶ原の湿地帯を散策。
弥陀ヶ原散策 - 2016.7.31(日)

2日めアタック。 
天候ほか条件に恵まれ子供たちがんばり、雄山山頂に至る。
山頂 - 2016.8.1(月)


それぞれがそれぞれに思ったこと、感じたことがあると思います。 
つらかったかもしれませんが、世の中に出りゃもっと辛いことが沢山あるんだよ。
そんな時いつでもふるさとの山立山は静かに迎え入れてくれます、お疲れさんでした。


----------------------------------------------------------------------
と、それにしても今立山では友人知人に沢山お会いしました。 時系列的に。

先日も黒薙に来てくれた有紀ちゃん。
若い人は山装束がきれいに決まるもんですやっぱ(^^ゞ
北アの峰々をまずはできるだけ沢山歩き、経験値上げ、
自分流な山歩きを見つけて、そして長~く山を続けてくださいね。
できれば山スキーの世界へ!!
会えてうれしかった、さんきゅう!
有紀ちゃんに会う - 2016.8.1(月)


続いて若い娘さん連れてるシゲキガリ親子に会う。
シゲキ兄ぃ変わらずピンク似合ってるじゃないっすか。
ガリはお目付け役? ってそんなこたーないか(笑)
シゲキガリ一行に会う - 2016.8.1(月)

少し下がるとあらら本当のお目付け役(失敬)ノブちゃんにお会いした。
ノブちゃんに会う - 2016.8.1(月)


私は登攀リーダーという役目柄先頭歩くわけですが、一ノ越で全隊が揃うの待ってると、
目の前を憶えのあるよな顔が左から右へ。。。 世の中にゃー似てる人っているもんです。
むやみにご婦人に声をかけては軽率とスルーしましたら、「飯田さんじゃないですかー?」と。
やはり! 昨秋黒薙においでになり池田ガイドの話題で一盛り上がりした大阪の竹本さんだった。
術後の復帰山行で立山を訪れられたらしい。 お目にかかれうれしかったです。
大阪の竹本さんに会う - 2016.8.1(月)


いやはや山好きなんてものは見えない力で引き寄せられる、改めてそう思った次第です。