旅のしおり
カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

Author:シュンちゃん
シュンちゃんのブログにようこそ。還暦近し私の人生。いろいろあるけれど、一方通行、リピートできない人生という旅は一度っきり、自分らしく駆け抜けたい、そう思っています(^^♪

若い頃ふれた歌や映画やドラマが好きです。またやがて徘徊老人になった時、嫌われても化けてでもおうちに戻って来れる様にと、風吹く稜線目指し、山を歩くようにもしています。冬はスキー山行が多いですが^^;

また「衣食住」などと云いますが、取分け食べる事って別格! 生きてく上で&健康に切って切り離せない。覚えようとか人より上手くなりたいと云う事からではないのですが、料理も都度やるようにしています(#^.^#) いつ独りになるか分からんし。

その日その時々、思ったこと感じたこと、心に浮かんだ歌や映画やドラマ、そして出かけた山のことなどを、書きたくなった時、気持ちが動いた時に書いています。文章や写真は随時変更したり削除したりもします。なので適当に読み流してください。

       since 2008.8.28 



立山引率その2 -2015.7.31(金)

児童「山ありがとう」 -2015.7.31(金)
             二日間山で過ごし、行ってきた立山の主峰・雄山振り返り、
                                   ありがとうございました、 と児童山に向かいお礼。

引き続き、小学校立山登山引率で二日間立山に入りました。 
今回は、来春学校名変わるものの校舎存続な、前回の学校と合併する黒部では比較的大きな学校でした。

初日は、結構な降りに濡れネズミで雷鳥荘に。
小さな岳人たち -2015.7.30(木)

アタック当日はピーカン。 “箱庭室堂” 眼下にルンルン夏山JOY(^^)
室堂箱庭 -2015.7.31(金)

今回四ノ越へは、渋滞緩和の為左ルートを工作。 珍しい事です。
四ノ越へ -2015.7.31
四ノ越通過 -2015.7.31

雄山峰本社(標高3003m)。 ん~やはり神々しい。
雄山峰本社 -2015.7.31(金)

雲一つない真っ青な空の下ハイパチリ。 みんながんばりました。 
山頂集合写真 -2015.7.31


下りは想定通り渋滞。 ガレザレ苦手な子には待ってました救いの手だったかも。
二ノ越渋滞 -2015.7.31(金)

さて、今登山大変だったでしょうが、君達が生きてゆくこの先には、つらいこと楽しい事、泣き笑い、一杯一杯待ってます。 人生という山にはもっとつらい事が次から次へと出て来ます。 そんな時、頑張った自分、声を掛け合った友達との協力助け合い、この立山登山をほんの少し思い出して下さい。 

メモリアルな年に全員登頂叶わなかったものの、必死な児童を校長先生と保健の先生が辛抱強く山頂まで見て下さった。 僕の時代の校長先生ってこんなことしなかったな。 この頃の方はどなたも面倒見が良くアクティブです。 ともあれ、いやはやまったくもってすばらしい山頂だった。 この様な事はなかなかありません。


立山引率その1 -2015.7.28(火)

立山登山引率 -2015.7.27(月)

小学校立山登山引率で二日間立山に入りました。
今回は今年で廃校になり、来春隣りの学校と合併し新しいスタートを踏み出すことになる小さな学校でした。 なので、思い、取分け気持ちにも脚にも入りました。 私のお役は登攀リーダー。ペースメーカー&一ノ越から上、迷路の様なガレザレそしてガスの中のルート工作。 

遅れた子がいたのですが校長先生がずっと付添い、その労あって結果3003mに全員到達。そして全員無事下山することができました。 メモリアルな年にめでたいことです。 また仕事もあるのに参加下さった付添いの保護者のみなさんご苦労様でした(私としては保護者の皆さんの健康観察もそっとしてます・笑)。 

そしてなんつっても子供らの目、言動、透き通っててステキ。 天使のままじゃ世の中生き抜け難いけれど、いいものはいい。 毎度の事ながら子ども達に自分の心が浄化してゆくの感じました。 

三ノ越で休憩中
三ノ越で一本立てる -2015.7.28(火)

山頂にて。28の瞳と、雨具同色で児童と間違われがちな若い担任教師(女子長身な子が多いので特に)。
児童集合写真 -2015.7.28(火)

ガスの中の雪渓、気をつけて下がりましょう。
雪渓気をつけて下がります -2015.7.28(火)

余談。
愛知淑徳をガイドするロッジわがやの川尻さんほか、今回友人知人の山岳ガイドの方々幾人かにお会いしたが、本から出て来たんじゃ?!と思うほどみなさんスタイリッシュ、清潔感にあふれカッコいい。 手ぬぐい頭に巻いたよな汗臭さのある 「とやまの山案内人」 今はもう昔?と思いました。 容姿は短期間にどうしようもないものの、小汚いザックぐらいそろそろ新調しようかしら、そう思わされました。

この頃の晩メシ -2015.7.22(水)

ある日の夕食1 -2015.7

ファスティング的なこの頃は朝メシ味噌汁一杯
晩メシは大概こんな感じ、一人で頂きます。 
この日は昼メシも抜いた(取り置いておいた)ので豪華
一杯飲りながら身も心も解放感へ、な瞬間であります。

で、〆はこれ。 ん~美味し、まんぞく。
ある日の夕食2 -2015.7

こういった昔ながらの食事、体が喜びます。


昨日だか一昨日だか北陸地方も梅雨明けし猛暑続くが、ひらばに下がりて今日は久しぶりに雨が降っています。 過ごしやすいは過ごし易いのですが、中途半端な降り方はかえって蒸します。 降るなら一度しっかりどっぷり降ってほしいところです。


本日の野外活動、ザ・草刈り -2015.7.17(金)

草刈り -2015.7.17(金)

今年は小雨で草の伸び遅いの良い事に延ばし延ばしにしてたとこに、
このところ休み所用により家を空けてることがこと多く、
久しぶりに家の周りの草刈りをしました。。。近所の目気になるし(;一_一) 

台風11号今北上中(現在鳥取県でしょうか?)なのですが、まだ風そよ風そして雨降ってない。
良い条件の中作業終了。 天気荒れる前にギリギリセーフか(ほっ)
明日午前中富山に最接近らしい。 影響小さければ良いのですが。

追記、
午後から買物ほか所用あれこれこなし、
エアコンのフィルターも掃除した、と云っても私の部屋にはありませんが( 一一)
そして雨落ちてきたが台風の影響今だ無し。 戸締り完了。一息。
今日は今日とてではないが、休みの特権、
イングリッド旅に出かけたし、早めにゆっくり飲るとしよう。


夏山事前パト -2015.7.13(月)

栂海山荘の朝 -2015.7.13
                                      今回の最終泊地、栂海山荘  2015.7.13(月)
                         栂海の男たちの優しい気持ちと朝のやーらかい雰囲気がダブッた。

所属する山岳救助隊夏山事前パトロールでゴタテ北部を歩いてきました。
初日 蓮華温泉→白馬山荘
2日め 白馬山荘→朝日小屋
3日め 朝日小屋→栂海山荘
4日め 栂海山荘→栂海新道終始点の国道8号まで

・時系列的に備忘録
■7/10(金)
蓮華より白馬大池に至る頃
白馬大池着 -2015.7.10(金)

白馬山荘
白馬山荘 -2015.7.11(土)

■7/11(土)
北上、私らの現場に向かいませう。
三国境から僕らの現場へ北上です -2015.7.11(土)

作業1 -2015.7.11(土)

作業2 -2015.7.11(土)

作業3 -2015.7.11(土)

作業4 -2015.7.11(土)

朝日小屋着 -2015.7.11(土)
朝日小屋では疲労回復滋養強壮に効果大な美味しい物を沢山頂きました。蓄積疲労な頃、そして後の二日間アップダウン繰り返しながら標高ぐっと下げてゆかなければならない。集団行動ゆえ自分のペース守れない事もある。百戦錬磨な兵ぞろいだし。 これで大いにスタミナつきました。 今ルートのミッション成功は朝日小屋にあり、と云っても過言ではない。ありがとうございました。

■7/12(日)
作業5 -2015.7.12(日)

作業6 -2015.7.12(日)

黒岩平上部 -2015.7.12(日)

黒岩平から黒岩山 -2015.7.12(日)
昼メシの後に黒岩平の冷水で飲んだ、ドクターから頂いたコーヒー美味かった。ありがとう。

お気に入りなさわがに山、向うに初雪山 ・・・さわがに山はどこからアプローチしても遠い。
さわがに山 -2015.7.12
3日め、最終日は昨年亡くなられた「栂海のオヤジ、小野健氏」とその周りの岳人方の顔がどうしても心から離れませんでした。「思い一生」すばらしい、ありがとうございますという気持ちで歩かせていただきました。

北又の水 -2015.7.12(日)

栂海山荘着
栂海山荘着 -2015.7.12(日)

■7/13(月)
栂海山荘出立前に
栂海山荘出立前に 2015.7.13(月)
                                          Yukari Shimizu さんとこから拝借

菊石、下駒を経て、白鳥小屋着
白鳥小屋着 -2015.7.13(月)

坂田峠着
坂田峠着 -2015.7.13(月)

そして4日間のゴール
ゴール -2015.7.13(月)

祝杯 -2015.7.13(月)by taniguchi
                                                      photo by taniguchi
※この日の朝日町の最高気温37.2度。

齢五十八、騒がずハジケず一登山者の目線を大切に今回も歩かせてもらいましたが、手放しお楽しみ山行と異なり、任を背負っての北ア3000mから日本海まで4日間ってーのは10年前ならいざ知らず今のアラカンな私にはやっぱなかなかハードなわけ(;一_一) 取分け下駒への登りはしょっぱかった。 なので夜の部は次の日の歩きのために養生の日々でした(笑) 

しかし、無事下がり来て振り返れば4日間梅雨開け前だと云うのにカッパ要らずつか晴れ続きというにゃんともすばらしい条件に恵まれ今任務遂行する事ができました。 下りてのT也から差し入れのコーラこれまたサイコーに美味かった、サンキュー。 そして同行のみなさんに、白馬山荘、朝日小屋、栂海山荘のみなさん、世話になりました、ありがとうございました。