旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



山友再訪 -2015.6.28(日)

集合写真 -2015.6.28(日)
                                          大いに愉快な仲間達 2015.6.28(日)

今年もみいちゃん達が顔を見せて下さいました。 写真中心に備忘録。写真はあっちこっちから拝借です(^^ゞ

雨の山道も楽し、黒薙へ
いざ黒薙温泉へ -2015.6.27(土)

黒薙温泉旅館にとうちゃ~く
黒薙温泉に到着 -2015.6.27(土)

少し早く着いてたこばさん交え、ハイパチリ
到着集合写真 -2015.6.27(土)

小雨でしたがまずはどぼん。 
混浴大露天風呂 -2015.6.27(土)

湯煙美女たち(^^ゞ 又の名を “ISB四姉妹” とも云う ・・・ISBとは、一升瓶です(笑)
湯煙美女たち -2015.6.27(土)

夕げ
夕げ -2015.6.27(土)

のち、お約束的渾身の懇親会
懇親会 -2015.6.27(土)

もう楽しくて楽しくて、、、何しと~ん。童心にかえりお遊戯?(#^.^#)
親ガメの背中にいっぱーい -2015.6.27(土)

黒薙にはセピア色が良く似合う。 姐御と若頭?(笑)
みいちゃん&ゆきまい -2015.6.27(土)


私と云えば不覚にも20時にダウン。その後も三々五々寝落ちしてったらしい。 

こうして深山幽谷黒薙の夜はそれぞれに過ぎてゆき、朝に。 山屋は朝から元気です。
朝食 -2015.6.28(日)


また湯に入って、ではトロッコで帰りましょ。
トロッコで帰る -2015.6.28(日)
ごろちゃんまっちゃんこばさん -2015.6.28(日)

関西関東圏からの人が多かったので、富山市内へ 本物の “富山ブラック” 食べにゆく。
富山ブラック -2015.6.28
客人方ホンマもんの “富山ブラック” のしょっぱい洗礼受けられた模様(>_<)
僕らとやま人は粛々白メシとバランス良く頂くわけです(^^)
富山ブラック2 -2015.6.28


と、まぁ君がグランクラスで帰るという。リッチー 
気持ち動き、帰りは初北陸新幹線。 ひと駅だけなわけですが^^; 
窓は小さめなものの、綺麗で静かでやはり速かった(^^ゞ
初新幹線2 -2015.6.28(日)
初新幹線 -2015.6.28(日)
初新幹線3 -2015.6.28(日)

で、ちてつ乗り継ぎうまいのないので歩いて帰る。 新幹線13分、そこから40分。時代だねぇ。 
山下清みたいに線路道歩けば近いんだけれどちゃんと道路を歩きました。
歩く -2015.6.28(日)


人間大切なのは後味。 後味はことばや物じゃなくてその人から出てるそのもので決まる。 その人の心そのものが知らず知らずの内に相手に伝わる。 語らずとも分かり合える、ん~山友はありがたきかな。 竜宮城の様な一夜をありがとう。 あっ!おみやも沢山頂戴しました。重ねがさねありがとうございました。


れいちゃんみやちゃんきたる -2015.6.23(火)

れいちゃんみやちゃん -2015.6.21(日)
                                                   2015.6.21(日)

山友れいちゃんみやちゃんが、今年も幽谷の地、黒薙を訪れて下さいました。 黒薙というキャンバスにひととき入り込み、湯に静寂な時楽しんでいただけましたでしょうか。 でしばしお茶。まぁ話すことと云えばやはり終始「山」なわけですが(笑)

来週雪舞ちゃん来るよ、って云ったら 「あら、それはざんねんやわぁ」、、、と云ったかどうか定かならざり(#^.^#) ともあれ、近いとは云えない距離から、こんな山奥まで足を運んでくれたから顔つき合わせ話しが出来た。 冷えがちなおやぢの心温かくなったよ、うれしかった。 おみやも頂き恐縮(^^ゞ 重ねがさねありがとう。  




と、このごろ通信
疲れがたまってくると体甘いものほっします
いただきもの。とてもしっとりして美味しかった(^^)/
頂き物のチーズケーキ -2015.6

酒飲みは夕食取らず。仕事ハネてからゆっくり頂きます。
梅雨時期は梅味お好みです(#^.^#)
ある日の夕げ1 -2015.6 ある日の夕げ2 -2015.6
                と云っても男独り、全くさみしい晩めし時だ
                独り寂しい夕げどき -2015.6
               ♪だから友人がやって来てくれあれこれ話せるとうれしい。
                仕事中は 「己、黒薙の一パーツなり、プライベート語らず、
                騒がず飾らず静かにお客様と対峙するべし」 と心得ている。

            そしてまた朝がやってくる
            また朝がやってくる -2015.6
            天気の良い早朝は気持ちも軽くなります(^^♪
            好天早朝は良ろし -2015.6


山の中で朝昼晩と仕事してると、時間を見つけてと云うか、、、作っての読書も良ろし。 若い頃の様に長文な活字には集中できないので、短編もの、詩集や百人一首等をぱらぱらと、、、あくまでパラパラっとですよ(*^_^*) 


伸ちゃんらきたる(^^) -2015.6.17(水)

伸ちゃんらがやってきた1 -2015.6.13(土)
                                                      2015.6.13(土)

過日のことですが、山仲間(ハレルヤ)の伸ちゃんが家族と共に黒薙に顔を見せてくれました。 まったく久しぶりな三女あかねちゃんにダンナのデイン。そして日本が初めてというデインの弟くんも一緒に。 あかねちゃんにデインはいつだったか山ですれ違って以来。アメリカ,イギリス,と世界を渡り今は東京だそう。 時は流れたがふたりとも変わらなかった(^^) そして、15歳のアメリカの少年に初めての日本てどのように映ってるのでしょう。

伸ちゃんが「あら、今の目つむってたかも」と云うのでもう一枚ハイぱちり。
変わらずステキで若いねぇ(^^)
伸ちゃんらがやってきた2 -2015.6.13(土)
忙しい中顔見せていただきありがとう。 うれしかったです。


さて、この頃の黒薙温泉の様子少し。
6月は比較的空いてて取分け極上静寂な時が流れます。 降られないと尚良ろしです。
くろなぎ正面辺り -2015.6

もうすぐ終わりますがクリンソウ。 誰が見てよが見てまいが いのちいっぱい 咲かせてる
クリンソウ -2015.6

と、大露天風呂上の残雪におや何やら、、、、
大露天にダチョウ?現る -2015.6

ダチョウみたい^^;
大露天にダチョウ?現る2 -2015.6
この日のお昼までに上だけ落ちて自然の造形芸術、儚くもなくなりました。


一日の仕事に切りがつき、ホッとした時、じぶんにとっての解放と癒しの時が始まる。
海のもの山のもの、やはり美味し!
小さな楽しみ。 でもお客様に何かあれば24時間即出陣。
くろなぎ晩酌1 -2015.6 くろなぎ晩酌2 -2015.6

例年だと梅雨入りしてるのに、今年の黒部はまだ。
入るの遅くても明けるの早いといいんだけど、とはにんげんの勝手な思い。
さて明日から5日間山に入りて行であります。

徘徊、鐘釣 -2015.6.9(水)

賑わう鐘釣駅 -2015.6.9
                    雨の平日に係わらず賑わいみせる黒部峡谷鉄道、鐘釣駅  2015.6.9(水)

今度の休みこそ山へ、そう思っていたのですが、妙な咳続き体調不良に付大事を取りました。 でも完全バタンのキューでないので中高年は動かなければいけません、足腰老化防止にも。 で今日は欅平まで。 と云っても欅は、道中ワッキー姉さん、駅舎で同級生の臼田くんに会ったものの、ささっとしょんべんしてリターン(失敬)。 鐘釣徘徊となりました。 

まずは黒四建設の20年前に新保フサ女がお告げを受け安置されたという三尊仏様に掌を合わせる。
まずは参拝 -2015.6.9

周辺徘徊し河原へ。

やっぱ黒部はワイルドだね~
鐘釣、岩風呂 -2015.6.9(火)
湯温41.3℃、透明感ありとても気持ち良かったです(^^)


鐘釣駅の待合室には黒部の歴史が沢山常設展示されていた。
かつての下ノ廊下道 -2015.6.9

かつての宇奈月温泉街 -2015.6.9


トロッコからちてつへ。乗物to乗物、中高年にやさしい(笑) そして車中は読書に最適です。
しばし読書楽しみ帰る -2015.6.9


わがふるさと黒部をまた確認できた。 若い頃は都会に憧れ、どこの出身?と聞かれ「黒部」と答えるのが恥ずかしかったですが、胸を張って・・・そこまでせんでもですネ(笑)・・・今はそう自然に言えます。 山に心を持ってかれた者だから特にでしょうきっと。 そして自分の居場所がここにある、そうも思います。

チャリ散歩、宇奈月から自宅まで -2015.6.1(月)

ちゃり散歩 -20150601

仕事帰り、宇奈月から家までママチャリで。 トンネルに車の多いとこ避けまた極力登らないをお題目に、想影橋渡り黒部川右岸、音沢、栗虫経由愛本へ。 ふみおちゃんちで一服,リターン。 のち愛本橋渡り、県道14号ほんのちょっと下がり旧道に。 あとはほぼ一本道。 ママチャリなので凹凸の衝撃結構来るし登りはエラいものの、下りであたる風はとても気持ち良かったです。

走行距離18.5㌔。 所要時間50分。 平均時速22.2㌔。 累計標高差 +308m、-511m。
※数値GPSより。 ほぼ下りなのですが、微妙な振動を標高差として拾うのでしょうか?


話し変わりますが、居なくなって4日のキョン(猫であります)が夕方やせ細って帰って来ました。 仕事に入ってても、気持ち沈み独りになった時恥ずかしながら泣いておりました。どこで何しとったんやろー(-.-) 消えたと思ってた命帰って来た。 うれしい!(^^)! イングリッドと思わずハグ、、、おいおいそんな事いつ以来やろー(#^.^#)  
ゆっくり休み体力回復してほしい、今切にそう思います。