旅のしおり
カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

Author:シュンちゃん
シュンちゃんのブログにようこそ。還暦近し私の人生。いろいろあるけれど、一方通行、リピートできない人生という旅は一度っきり、自分らしく駆け抜けたい、そう思っています(^^♪

若い頃ふれた歌や映画やドラマが好きです。またやがて徘徊老人になった時、嫌われても化けてでもおうちに戻って来れる様にと、風吹く稜線目指し、山を歩くようにもしています。冬はスキー山行が多いですが^^;

また「衣食住」などと云いますが、取分け食べる事って別格! 生きてく上で&健康に切って切り離せない。覚えようとか人より上手くなりたいと云う事からではないのですが、料理も都度やるようにしています(#^.^#) いつ独りになるか分からんし。

その日その時々、思ったこと感じたこと、心に浮かんだ歌や映画やドラマ、そして出かけた山のことなどを、書きたくなった時、気持ちが動いた時に書いています。文章や写真は随時変更したり削除したりもします。なので適当に読み流してください。

       since 2008.8.28 



今日の野外活動、チャリ散歩 -2015.5.29(金)

ちゃり散歩 -2015.5.29

ママチャリで新幹線の駅まで散歩。 
距離5.7㌔、累計登り20m、おっさん向きルート工作、ウォーキングみたいなもんです^^;

折角新幹線ちてつ駅まで来たので、ならばと日頃降りない音沢間の小一時間読書楽しむ事に。
ちてつ新黒部駅ホームから宮の山方面にはのどかな風景が広がっていました(^^)
新黒部駅ホームで -2015.5.29

往きは然程混んでなかったのですが、帰り15:01に乗った時、、、あれ~(@_@)座れな~い!!ほんまかいな(-.-) トロッコ全線開通効果でしょうか?!すばらしい混み方。ちてつに立って乗ることはレア。そのようなことが密かにうれしかったり^^; そして多くの方が新黒部駅で降りられました。
沢山の方が新幹線へ -2015.5.29


この処いい天気が続きますがもうすぐ梅雨入りです。そうなったら自分の休みとこういういい日はなかなか合わないかも、、、そんな恐怖感に後押しされての今日の外出でありましたが、晴耕雨読、好機あればまたママチャリで小さな旅楽しみたいものです。


チャリ散歩 -2015.5.26(火)

ちゃり散歩 -2015.5.26

最近ロードバイクに傾倒してる友人知人が急増してるので、私もマネをして走ってみました。 
と云っても、通勤にちてつの駅まで使ってるママチャリで近間うろちょろ。 
自転車って “目的に向かってる感” あり徘徊老人と思われない為の良い防衛手段かも

と、途中本屋に立ち寄りました。 
最近は小説、特に長いのはダメで、エッセイ、俳句短歌川柳の部類に健康ものが、すっと入りお好みです。

距離7㌔。 夕方ただだらだらと走っても吹く風とても気持ち良かったです。 
今度輪行などしてみたいもんです。 帰路平坦or下りに限りですが。


ゴンドラの唄 -2015.5.25(月)


                                 1915年(大正4年) 作詞 吉井勇  作曲 中山晋平

わたしの子守唄「ゴンドラの唄」。 母は大正10年元旦の生まれで、この歌は母が生まれる6年前、今を遡ることちょうど100年前この世に出た歌です。 職業婦人であり、世の為人の為、家族顧みず(笑)働き通しだった母はこの歌が好きで、家にいる時よく口づさんでいたことを思い出します。 何歌ととるんやろー?とあの頃は思ってましたがこうして聴くとすばらしい、時を経ても生き続ける名曲です。 

男尊女卑男女格差甚だしい時代、外で男並み・・・男以上にか,仕事し、メシ作り後始末し洗濯して、その繰り返しの中、わたしら子供4人育て上げた母は今思うと正にスーパマンでした・・・掃除に整理整頓大の苦手、化粧におしゃれにはトンと興味のない人でしたが(笑)。 いつ寝とったんやろ?

この作品は多くの方がカバーしている。 まぁ松井須磨子歌うがノイズ含め当時ぽくて一番ですが、森昌子が今は正調ぽいかも。 加藤登紀子歌うも良し小林旭歌うも良い。 そしてモリシゲ歌うもすっとタイムトラベル的で良いです。 今日は好きな倍賞千恵子で(^^)

今宵、ぎびきわさびマヨネーズをアテに晩酌。 シンプルなものはやはり、美味し!(^^♪
ぎびきで晩酌 -2015.5.25(月)


逝って12年
親孝行、したい時に親はなし とはよく言ったもんだ。


今週の野外活動、烏帽子山(1274m) -2015.5.17(日)

雪道登行中なり -2015.5.17(日)

今月のハレルヤ例会は烏帽子、超地元じゃない、ということで参加しました。 リーダー伸ちゃん、登攀リーダーたまちゃん。 好天の下、新緑に時折吹く風気持ち良く、久しぶりにお気楽ハイキング山行楽しめました。

新緑もステキでした(^^)
新緑 -2015.5.17

たまちゃんがルーファイ。 終始みんなを引っ張ってくれました、ありがとう。
雪壁ゆく -2015.5.17(日)

迷いやすいピーク手前の広い台地に至る。 積雪期ガスれば帰れなくなることもある要注意ポイント。
ピーク手前の平に至る -2015.5.17(日)

途上より僧ヶ岳方面
途上より僧ヶ岳方面 -2015.5.17

コシアブラとゴタテの峰々
コシアブラとゴタテの峰々 -2015.5.17

そしてちょと下ろされる。イナリンの脚スキー動画撮り逃し残念無念、すばらしかった。
ちょっと下ろされるの時 -2015.5.17(日)

山頂に至りポカポカ陽気にまったり。 食料広げると同時にワシが3羽真上を旋回し始めました(*_*) 程なく私達を含め山頂は20名以上の大入りだったためか急降下することなくスッと居なくなりました、ほっ(*^_^*) 
賑わう山頂(山の歌さんより拝借)
にぎわう山頂 -2015.5.17

そして今日もみなさんの美味しいもん頂きました、感謝。 団子、プレーンな味わい美味かった。
プレーンな団子美味かった -2015.5.17(日)

で、居合わせた他グループの方に集合写真撮っていただきました。
烏帽子集合写真 -2015.5.17(日)

兵どもが夢の後じゃないが、東布施の先輩方も多く亡くなった。 今はこの様な活動どなたが中心になってやっておられるのだろう?と思いました。
守りましょう -2015.5.17(日)

終の住処 -2015.5.16(土)

通勤の行き帰り、車窓からの眺めにお気に入りな家があります。 ちてつ内山駅近く。 最初は廃墟かと思ったのですが気になり、以前途中下車して訪れてみたところ、人の気配はなかったのですが住人居るようです。 どこか心落ちつく惹かれるかわいい住まいです。

好きな家2-2015.5.16

歳を重ねるごとに煩悩が遠のいてゆく。 欲がなくなってくる。
ライフラインにネット環境あればこのような所を終の住処にしたいものです。


本日の野外活動、ザ・草刈り -2015.5.6(水)

草刈り -2015.5.6

山から下がり一日ゆっくりしたので今日は家の周りの草刈りをしました。 草刈りというとつまり憂鬱なわけですが、日光浴に、油断するとすぐ固まる体のストレッチ、と云うのが一番のモチベーションかも^^; スッキリ!しました、庭も体も(^^)/ まぁまた自分でタイマーリセットしたわけですが。

一雨ごとに力強く伸びる雑草たち、ヤでもぐんぐん伸びてくる、邪魔ながに(`´) 
なのに、ぼくの頭髪、年々毛根細りそして伸びない、もう絶滅危惧種やにか(;一_一) 
刈りながらそんなこと思いました。 
まーいいや、のんびりテレビ視て、昼間っから一杯飲むか(^^♪

湯けむりくろなぎ@新緑 -2015.5.5(火)

黒薙湯けむり新緑 -2015.5.4

黒部奥山暮しが始まりました。 この処好天が続いてましたが4日は久しぶりに雨が降り新緑が鮮やかになってきました。 気温も少し下がりキンと締った空気感の中でのあったかい温泉はまた格別に良ろしです(#^.^#)

          湯霧の滝 -2015.5.4

春の黒薙温泉旅館 -2015.5.4

上山                                下山 
往き -2015.4.30 帰り -2015.5.4

「必要とされてる感」にガンバレ、「お客様がゆっくりしておられる姿」に喜び感じ、「ありがとう」というたったそのひと言に癒されるものの、寄る年波、心身共にかなりすり減ること否めず。すべてから解き放たれた時、心身共に休養を強く欲します。 ちてつで通勤なので帰りの車中での一杯は小さな旅気分に浸れこのところお気に入り(^^) で、まずは心の解放感増幅すべくぐびっと(#^.^#) 電車にゆられながら時折記憶遠のきまどろむzzz 

駅に降り立ち傘さしてるものの、横殴り本降りになった雨に、ぬれ鼠になり帰宅。 久しぶりに長男次男と再会。休みで帰省してるとは言え若者にはエネルギーが漲ってた。 老兵も今しばらくがんばんなきゃです(^^ゞ

貴重な連休、洗濯機回し昼風呂入って買物出てたまってる録画もん観て、正月以来家族5人揃って食事してetc.etc.と、やんなきゃいけない事に追われるものの、できるだけ足腰重力から解放し、だらっだら!!に過ごすとしよう(笑)