旅のしおり
カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

Author:シュンちゃん
シュンちゃんのブログにようこそ。還暦近し私の人生。いろいろあるけれど、一方通行、リピートできない人生という旅は一度っきり、自分らしく駆け抜けたい、そう思っています(^^♪

若い頃ふれた歌や映画やドラマが好きです。またやがて徘徊老人になった時、嫌われても化けてでもおうちに戻って来れる様にと、風吹く稜線目指し、山を歩くようにもしています。冬はスキー山行が多いですが^^;

また「衣食住」などと云いますが、取分け食べる事って別格! 生きてく上で&健康に切って切り離せない。覚えようとか人より上手くなりたいと云う事からではないのですが、料理も都度やるようにしています(#^.^#) いつ独りになるか分からんし。

その日その時々、思ったこと感じたこと、心に浮かんだ歌や映画やドラマ、そして出かけた山のことなどを、書きたくなった時、気持ちが動いた時に書いています。文章や写真は随時変更したり削除したりもします。なので適当に読み流してください。

       since 2008.8.28 



今週の野外活動、蒲原山(小谷村)四度 -2015.2.28(土)

今日のドロップ地点辺り -2015.2.28
                                       今日のドロップ地点辺り   2015.2.28(土)
                   雪は動き、地形を大きく起伏変化させていました。季節は一歩一歩春へです。

天候雪質から山スキーには行き先のチョイスの難しいこの時季。 加えて今回は7年振りに履く板で山に入るので経年劣化とか心配だしちょと恐い(>_<) で、ショートながら斜度あり雪質も期待できる蒲原山に出かけました。 お約束な 「がんばらない蒲原山」 標高1000mまでです。 今日は鳥人いれば半魚人も途中から現るというなかなかレアなメンバー日が合い揃いました。

出だしの洗礼急登はややガリクソン( 一一) ・・・と云っても先行者のトレース辿った軟弱もんですが^^;
出出し少々ガリクソン -2015.2.28

登行中也。 鳥人も登りは歩く^^; このあと半魚人が一気に迫ってきた(@_@)
登行中 -2015.2.28

最短的すばらしいルートで主稜線(標高965m)に出ました。
先行して下さった山田さんパーティーにはルート工作、ありがとうございました。
標高965mで主稜線に出る -2015.2.28

本日の登行終了地(標高1010m)に至る。
登行終了点に至る頃 -2015.2.28

こんな出で立ちの人もいました(^^)
こんな人もいました -2015.2.28

楽しみな下山の様子少し。




標高600位まで落とすとここ小谷にあっても、ほんの少しの時間の経過が、雪をやや重に変えていっていた。 
季節春近し、すぐそこまで来てるを実感しました。

ちょい悪おやぢ、Fumioちゃん (失敬) 
ちょい悪おやぢ -2015.2.28

無事下がり来る。
無事下がる -2015.2.28
無事下がる2 -2015.2.28


下がってもまだ午前11時前。 くさの湯でさっぱりし、今日は月徳飯店で昼食。
月徳飯店1 -2015.2.28
月徳飯店2 -2015.2.28

みそらーめん。 品の良い奥深い本格派な味わい、美味し(^^♪
味噌らーめん -2015.2.28

餃子、変わらずでかく、もっちもち!(^^)!
餃子 -2015.2.28

おいしゅうございました(^^)
美味しゅうございました -2015.2.28


個人的には、7年振りに履くセンター75という、パウダースノーには今は昔な板で望んだ今回。 足元心細くていつもに増して乗れませんでした。 でも徐々にまた慣れたいと思います。 何故ならあの頃の板は、そのフォルム実に美しいと思うからです。

日帰りで行ける山スキーエリアとしては、148沿い小谷・白馬と焼山・笹倉温泉界隈はいい、北寄りな面は殊の外良いです。 その雪量、雪質、期待を裏切らないことが多い。 今日の蒲原山は厳冬期とはやはり一味違ってましたが、なかなか良い半日になりました。 同行のみなさんありがとうございました。 またよろしくお願いします。


■蒲原山履歴
  その1  その2  その3


今週の野外活動、栂池・天狗原から親沢、のち“ハクノリ”へ下がる -2015.2.21(土)

白馬栂池 -2015.2.21(土)
青が今日の滑走ルート。黄色は去年の滑走ルート。 同じ所で合流し再び若栗の頭へ向けて登り返します。
写真はその途上にて。角度的に分かりづらいですが滑走距離は青の方が1.5倍はある(^^)

栂池から天狗原経由親沢のち若栗の頭、でハクノリのスキー場へ下がってきました。距離比較的長くツアー的なスキー山行。
天候晴れほぼ無風という又とないよな好条件に恵まれ、北ア一級の山並心ゆくまで堪能、そして滑りも結構楽しめました。

出立準備中なり(標高1575m)。 ゲレンデ楽しむ人たちと反対向いてるのが面白い(^^)
出立準備中 -2015.2.21

今回は成城大学小屋まで谷筋最短ルートを行きました。 最もトレース通りですが^^;

栂池スキー場遠くになりにけり。
ゲレンデ遠くになりにけり -2015.2.21

ゴタテの巨人たち。この山岳風景拝むのも楽しみです。
ゴタテの巨人たち -2015.2.21

嫌でもテンション上がります!(^^)!
テンション嫌でも上がります -2015.2.21

只今てんぐっぱらに向け登行中なり Byオッジー
まずは天狗原目指して登行 Byオッジー 2015.2.21(土)


天狗原に上がっても、晴れ渡り、そして無風!というすばらしい気象状況でした。
山ノ神尾根側しばし覗き込みリターン、トラバぎみにドロップ地へ。
そして、親沢源頭部付近(標高2120m)よりドロップ。
ドロップ地点より -2015.2.21
ドロップ地点にて -2015.2.21

私と云えば、この稜線の凹凸と微妙な雪質にまんまとはまり2度転倒(+_+) みなさんを待たせ、すみませんでした。

で、親沢に遊ぶ(^^)/(^^)/(^^)/
親沢に遊ぶ1 -2015.2.21
親沢に遊ぶ2 -2015.2.21

登り返しとなる四又(標高1460m)で一本立てる。 ゆきちゃんとこから拝借(^^ゞ
休憩中なり -2015.2.21

どうだろう?4パーティー20人以上の方々にお会いしましたがほとんど外国の方。ぼくらが外人だった(#^.^#)
四又(標高1460m)で一本立てる -2015.2.21

再びシールオン。 若栗の頭へ登り返す。
若栗の頭へ登り返す -2015.2.21

若栗の頭から下がる。滑り出しの稜線付近は独特の雪質だった。
若栗の頭から下がる -2015.2.21

そして、裏コルからのルート、今日はこれくぐらずでOKな地点に出ました(^^♪
これの先に出る -2015.2.21

ゲレンデ緩斜面風感じながら一本クルージングし無事下山しました(標高865m)。
ハクノリへ無事下山 -2015.2.21(土)

■my GPSログ 
前半、栂池スキー場トップから天狗原~親沢上部  茶:登行、赤:滑走  ※青、ピンクは昨年のもの。
親沢1 -2015.2.21(土)
親沢上部 -2015.2.21(土)

後半、若栗の頭からハクノリへ
親沢2 -2015.2.21(土)
若栗の頭からハクノリスキー場へ -2015.2.21(土)


♪昨年の裏ヒヨの様子 その1 その2

※ログは個人的な備忘録として載せています、
  同じ山同じ地形であっても同じ条件(天気雪質)は二度とありません。
  山はあくまで自己責任で。

気象状況バッチシ 谷筋埋まり切っており、雪質総じてまぁまぁ良ろし。 
久しぶりにやや大きめ、快心納得!なツアー的スキー山行になりました。 
いかったじゃ~!!です。 同行のみなさんありがとうございました。
またとーちゃんと遊んでやってください。 よろしくお願いします(^^ゞ

追伸、山から帰り、久しぶりに島くん荻野くんの3人で飲んだ。山帰りということ手伝い酒美味し、そして二次曲線的に会話弾んだ。40年以上前にひと時タイムスリップ。お互い心身有る程度健康だからこうやって飲み語り合える。ありがたいことだと思いました。 そして一夜明けた2/22(日)北陸地方で春一番が吹いたというニュースがありました。 これで斜度大きな所は細板かな。


今週の野外活動、黒姫山東尾根、敗退 -2015.2.15(日)

先行者深雪ラッセル -2015.2.15
                                      先行者深雪急登ラッセル   2015.2.15(日)

そろそろ遠出もしなきゃと云うことで、正午からの好天予報に妙高・黒姫東尾根目指し出かけました。 
みよちゃん(浅田美代子)の誕生日だし~なんてw そんなのカンケーネーですね( 一一)

ゲレンデトップから休止ゲレンデてっぺんまでの標高差360m、やや軽ながら膝までのモナカ雪に、大軍(先行自分ら含め15人程)もってしても1時間半以上要し、登り切った所(標高1540m)で時刻正午回り、そして天候風雪、回復しな~い(-.-)  このペースでは外輪までは時間切れ、と云う判断からあっさり帰されました。 身も心もなんか中途半端。 でもしょーがない自然が相手だもの。ブラックプリンセス様とは今日はご縁つなげなかった。 そう理解し、深み一番いただきながら下がりました。 現場の様子少し。

わだっし、ん~すばらしい男?!っぷりだ。 “体内に山神さま宿ってる感” ステキ(#^.^#)
深雪ラッセル1 -2015.2.15

イナリンスイッチ入る。すばらしい筋肉の躍動感、何時みてもすばらしい、ワンダフォー!!
深雪ラッセル2 -2015.2.15

カズヤ、今日はなかなかがんばってたね~ 若いってすばらしいよ。
新雪ラッセル3 -015.2.15

と、おっとハマショー別ルート工作。 身は軽いが装備はしっかり(たぶん)。
深い雪の中スイスイ、その動き正にミズスマシのごとき。 そして心技体のバランスがいい(^^)/
深雪ラッセル4 -2015.2.15

シール剥がし、では下がりましょう。 写真では分かりずらいですが風の通り道でとても寒かった。
では下がりましょう -2015.2.15


無事下がる(^^) 登り1時間半、下りゲレトップまでゆっくりゆっくりで7分。
下がりて -2015.2.15(日)


下りたは良いものの、スキー場のすぐ下で交通事故。 車の移動を止められ一時間ほど待機。

で、妙高高原駅前、加藤そば屋 まずはぐびっと(#^.^#)
加藤そば屋1 -2015.2.15

丼に入ったもりそば。変わらぬ長さに安心安堵。
加藤そば屋2 -2015.2.15

共同浴場・大湯。250円也-  今日は珍しく蕎麦食べた後に風呂に行きました。
共同浴場大湯 -2015.2.15

雪景色の中の観覧車を見るの好きです。
雪の観覧車 -2015.2.15


で、お約束的道の駅あらいで散財し帰路に。
同行のみなさん、ありがとうございました。
また行きましょう。 雪の季節と人生は短い。


今週の野外活動、蒲原山(小谷村)三度 -2015.2.7(土)

蒲原山,本日は晴天なり -2015.2.7(土)
                                    蒲原山、本日ピーカンなり(^^)/  2015.2.7(土)

今週の野外活動、頑張らないガンバラ山に出かけました。 今回は標高1150mまで。
三週連続ここ、あんたも好きね~です(#^.^#) しかーし、何事も予習復習が大切ですなんて。 
つまりは、より地形を自分のものにしたいわけ。 
そして今日は、ザ・ディ!!すばらしい天候。昼近くにあっても滑走地点は氷点下というよか気象。
加えて、総じて雪質バツグン凹凸先週より少なし。 最後の急坂樹林帯もやーらかいパウダーでした。

148駐車地より目的の山域見上げる。
今日は車の数で10台オーバー、すんごいに賑わいでした。
148駐車地から見上げる -2015.2.7(土)

登行中。
登行中 -2015.2.7

ここら辺から左の谷に入って、、、
ここから左の谷筋に入り -2015.2.7

この谷を今日はいただこう、などと下山ルート品定めしながら登る。
この谷に入り -2015.2.7

ドロップ地思案しながら気持ちもうわ~くわく~  この天気雪量雪質だもの(#^.^#)
蒲原山ドロップ地を工作中 -2015.2.7(土)

下山滑り出しの様子  こちらでどうぞ。 おまけに、ホーホー鳥炸裂バージョンも(^^♪

最後の激斜面もまずまずなふっかふか~
稲荷さん1-2015.2.7 稲荷さん2-2015.2.7 稲荷さん3-2015.2.7
なおきちゃん1-2015.2.7 なおきちゃん2-2015.2.7 なおきちゃん3-2015.2.7

下山するとカモシカくんがお出迎え。ポカポカ陽気,お互い気持ちいいネ(^^♪
カモシカくん -2015.2.7


最近ご用達、くさの湯さんでさっぱり。
くさの湯 -2015.2.7

充実の無料休憩大広間。 太陽がいっぱい、気持ち良かったです。
吹雪く日窓越しに大糸線の電車が走って行くのを見るのも趣きあり好きです。
充実の無料休憩広間 -2015.2.7(土)

おかみさんと話し、そして今日もゴチに。 ありがとうございました。
今日もゴチになりました -2015.2.7

で、 “新宿” へ。
新宿食堂 -2015.2.7

冷したぬきそば。大盛(700円)と普通盛(530円)
その量ざっくりですが、普通で富山の1.5倍、大盛で3倍近くあると思われます。
冷したぬきそば -2015.2.7

新宿食堂初というなおきちゃん、まずは洗礼^^; 見事大盛完食されました。
洗礼 -2015.2.7

店内の様子よろしければ こちら。
お世辞にも小奇麗とは言えないが良ろし (あくまで個人の感想です)。

や~いい日だった。
今シーズンは小粒ながら雪に恵まれたスキー山行が続いている。
あーありがたやありがたやです。


今週の野外活動、蒲原山(小谷村)再訪 -2015.2.1(日)

寒さ底な時こそ寒修行に出かけなければいけません。 と云うことでのりちゃん企画に乗っかり、先週に続き同じく8人で蒲原山に出かけました。 同じ8人と云っても私とのり隊長以外は別メンバーです。 そしてスキー滑走に美味しい標高1000mちょっとまで。 やはり時折寒かったですが、白き世界がとてもとってもステキだったこと、また低温ゆえ雪面パックされず深きパウダースノーキープされ、加えて結構斜度大きくで、滑りウハウハ~♪ 単純明快なる、あれこれ頭回さなくて良い、速効スキー山行となりました。

先週は148沿いに車停めてったのですが今回は標高70m上湯原登山口まで車で。 アイスバーン気味ではありましたが何とか登り切る。 赤禿山の山之坊奥までに比べれば距離ずいぶん短いし精神的に楽~。 5,6台限定な駐車スペースに到達しほっとしたのも束の間、奥の住人が。 あっちゃ~(>_<)除雪の邪魔だと叱られるのかなと思ったら「できるだけ詰めて停めて下さいね」と。 安堵&優しい方だと感謝しました。 と、ん!?どこかで見たよなでっかい車が、、、、と思いつつトレース有りがたく使わせて頂きました。 のちにシノさんの車だと分かりました。 深き雪先頭ラッセルありがとうございました。 

では吹雪ぎみなれど参りましょう。
では参りましょう -2015.2.1

林道から山中に分け入る。といってもトレースに忠実にですが^^;
林道から山に分け入る -2015.2.1


今日は取分け気温が低い。凍てつく白き世界。 つてき(#^.^#) おやぢも時折見入る。
標高895m地点の風景 -2015.2.1


本日の登行終了点近し、標高930m付近登行中
標高930m付近登行中なり -2015.2.1

で、標高1020mで登るの終了。 視界が出るのしばし風下くぼ地で待つ。
本日の登行終了地点にて -2015.2.1(日)

ほんの少しドキドキする滑走直前。
下がりませう -2015.2.1

いっただっきまーす(^^♪  凹凸やや分かりづらし。
いっただっきまーす -2015.2.1


下山含め現場様子、こちらでどうぞ(カメラマン及び編集、banちゃん) 時間かかるのにありがとう(^^ゞ

無事下がり来る。と云ってもまだひるままい11時。出入り3時間。 厳冬期ゆえ汗もかいてないので今日はお風呂パス。

myGPSログ 黒:登り 赤:下り  他は前回の。
ログ -2015.2.1
※下山の700から600は直線的は直線的に下がったのですが一部衛星信号ロストしてるものと思われます。
※山はあくまで個人の責任で。最後の頼り,力は自分のみです。

で、のりちゃん近頃振られっ放しだという青海「大むら」に昼ちょうどにin。 やってた、いかった(^^)/
ここでの定番かつ丼に、体があったかい汁もん要求するのでラーメンも、ふなちゃんと半分こ。
カツ丼 -2015.2.1 らーめん -2015.2.1

どなたか切手に興味があるのか? ここは理路整然きっちりしてる(#^.^#)
そして、トイレルート、これまたなかなか侮れません、昭和な匂いぷんぷん。
富山にゃこういうとこもうないなぁ。ファン度アップ。
切手 -2015.2.1 トイレルート -2015.2.1
                                  衛生的にどうとかじゃなく、妙に落ちつく。
                                               (あくまで個人の感想です)

斜度に、適した雪質。 あーいかったじゃ~ (*^^)v 
たまに出会えるこう言った好状況。 
登り2時間、下り全員確認時折休憩入れながらも25分はスキー登山ならでは。
山は行ってみなきゃ分からない、、、そして、だからやめられない。