旅のしおり
プロフィール

Author:シュンちゃん
還暦。思えば遠くに来たもんだ。人の命はいつか必ず果てる。生きる軸足である山のほか、本にしおり挟むよに、趣くまま時折生きし証ここにつづる。齢ゆく者のボケ防止備忘録ブログです。適当におつきあいください。
   since 2008(H20) 8.28 



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



晩秋黒薙 -2014.11.30(日)

黒薙川 -2014.11
                                                        晩秋の黒薙川

宮ちゃんと山ちゃんがやってきた(^^)
宮ちゃん山ちゃん -2014.11.22

宮ちゃん山ちゃんと-2014.11.22
今シーズンは閉館しましたが、来シーズンまたぜひおいで下さい。
機会がありましたら山をご一緒しましょう、よろしくね。


シャイなお客様? こうしたちょっとしたことがジンと来てうれしい(^^)/
ごちそうさまでした -2014.11

峡谷にふさわしく荒れること多い黒薙川ですが、流量少なく透明度が増すと、♡がいっぱ~い。 
愛って普段気づきにくいけど、すぐそばにあるものなのかも知れない。 なんちゃって(#^.^#)
 ハート1-2014.11  ハート2-2014.11 

 ハート3-2014.11  ハート4-2014.11

 ハート5-2014.11


来シーズン、ハートを探しにみなさん黒薙温泉を訪ねてみてはどうでしょう。


今日はたまった洗濯もんに3回洗濯機回し、イングリッドのと2台タイヤ交換。。。あーちかれた~(;一_一) 
午後から山の大先輩のお悔やみに出かけた。 人生ってすばらしいけれど、同時にとても切ない。

明日から12月。月が変わるから、年が改まるからと云って何も変わらないのですが、早く雪降ってほしい(*^_^*)


待ち遠しい季節がまたやって来る -2014.11.21(金)

20131228
                             スノーバレー利賀スキー場跡上部登行中   2013.12.22(日)

暖房器具なしでは過ごせなくなりました。 
寒いのは苦手じゃないものの寄る年並み、やはり仕事してて家に居て寒いは寒い( 一一)  しか~し、であります。白い粉症候群な人たちには待ちに待った季節がすぐそこまでやってきたんやねー今年も。 そして斯く言う私も昨シーズンの画観ながらそろそろわくわくでありまして、早く板下ろししたいと思うこの頃です。

ピーカンはもちろん良いですが、吹雪の中の登行も好きです。燃えて来るんだなぁなんか(#^.^#) 
20140308

ガスった山中でのランチタイムも味わい深いものです。
20140321


おまけに昨シーズンの様子、も少し貼っておきましょう。

夕刻立山。 静かで実に贅沢な時間が流れました。
20131124

立山に天女現わる、がごとき彩雲。 見てて神々しくしばし魅了されました。
20131117


雪は今標高1000mまで下りてきた。今シーズンはどんな雪山が待っているだろう。 スキーを使わない雪山登山もしますが、スキー登山は取分け自分を童心に帰らせてくれます。 母ちゃんが「ごはんやぞ~」とでかい声で呼んでくれるまで近くのスキー山・・・ソリやスキーで10m程の直滑降繰り返すだけの・・・で辺りが見えなくなるまで滑ってた頃を思い出すのです。 帰ると大概夕飯は肉の少ないカレーでした。 そして、パウダー好みな私は、スキー場除けばスキーで山に分け入る事は年が明けてから、が云わば本番ですが、今からとても楽しみです。 おっと、板や靴のメンテナンス、それにタイヤ換えなきゃ^^;


時雨れる頃になると思い出す -2014.11.12(水)

今日黒部は夕方から雨になりました。 少し風を伴っていたものの静かな雨です。 そろそろ時雨れる頃ブリ起こしも近いです。 と、時雨とは、広辞苑に寄れば「秋の末から冬の初め頃に、降ったりやんだりする雨」ということらしいですが、「夏がくーれば」じゃないですが、毎年この頃になると思い出す歌がこれ。 なんでこのふたつなのか?私自身にも分かりません( 一一) 分かるのは好きだってことだけ(#^.^#)

♪ Rhythm Of The Rain ( 悲しき雨音 ) カスケーズ ♪ 1963



♪ 初恋の通り雨 尾崎亜美 ♪ 1977



録音した自分の声聞いたら「オレこんな声?」って思うよに、自分の知らない自分、人の知らない自分がいるから、このシャバ面白い。 話しちょとそれますが、何でも分かって何でも見えたら、云えない事なしになったら、人の品も味もそっけもないよね。 そして芸術がそうであるよに、不完全だからこそ、そこに人間らしさ、可愛さ、美しさ、惹きつけられるものがあるんだな~。 

寒くなってきましたが、山には白いものが下りてきている。童心に帰れる季節がまたやって来る。 あーたのちみ~(#^.^#)


仕事、一時なごや駅裏酒場放浪 -2014.11.6(木)

過日のことですが、古巣の仕事で名古屋(金城ふ頭)に一年ぶりに出かけました。 

メッセナゴヤ2014-3.jpg

 メッセナゴヤ2014-2.jpg メッセナゴヤ2014-1.jpg

 さすが日本の5大港の一つ名古屋 &世界のトヨタの地
 車船にきりんちゃん(正式にはガントリークレーンと言います)も沢山いました。
 くるま船-2014.11.4.jpg ガンクレたち -2014.11.5.jpg
 車船はまだ荷を積んでないようででかく見えた(笑) 車を積むとブルーの部分が海面下。


   ブース設営終わり、夕食へ(^^) 
   夕食へ -2014.11.4(火).jpg

食後の運動兼ね駅周辺散歩
ランクル70-2014.11.4.jpg 柄にもなくRCFに-2014.11.4.jpg

のち、独り酒場放浪へ(#^.^#)  このような屋台的文化風情そそられます。
酒場放浪1-2014.11.4.jpg

立ち呑み二軒2,750円也-。 都会のほがリーズナブルですね(#^.^#)
酒場放浪3-2014.11.4.jpg 酒場放浪2-2014.11.4.jpg 

で、〆はこれ。 ん~冷たくて美味しい(#^.^#)
〆はコレ -2014.11.4(火).jpg


なつかしい先輩方との仕事、楽しかった。
日本の物づくりの最先端、日本経済の今、そしてグローバルな物の見方その動き五感で感じた。 
久方ぶりに良い刺激になりました。