旅のしおり
カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

Author:シュンちゃん
シュンちゃんのブログにようこそ。還暦近し私の人生。いろいろあるけれど、一方通行、リピートできない人生という旅は一度っきり、自分らしく駆け抜けたい、そう思っています(^^♪

若い頃ふれた歌や映画やドラマが好きです。またやがて徘徊老人になった時、嫌われても化けてでもおうちに戻って来れる様にと、風吹く稜線目指し、山を歩くようにもしています。冬はスキー山行が多いですが^^;

また「衣食住」などと云いますが、取分け食べる事って別格! 生きてく上で&健康に切って切り離せない。覚えようとか人より上手くなりたいと云う事からではないのですが、料理も都度やるようにしています(#^.^#) いつ独りになるか分からんし。

その日その時々、思ったこと感じたこと、心に浮かんだ歌や映画やドラマ、そして出かけた山のことなどを、書きたくなった時、気持ちが動いた時に書いています。文章や写真は随時変更したり削除したりもします。なので適当に読み流してください。

       since 2008.8.28 



立山引率その3 -2014.8.26(火)

出発式 -2014.8.26(火)
         前泊し高所順応済ませた児童と当日早朝黒部出てきた保護者・サポーター合流し出発式  2014.8.26(火)
         ちょと試練くれたおてんとさんに、みんなで、エイ・エイ・オー!! とまずはモチ上げます(#^.^#)

市内3校めの立山登山引率で立山入り。 初日は立山カルデラ砂防博物館でピンポン玉による雪崩シミュレーションで大自然の脅威を体感したり弥陀ヶ原を散策。 夕刻山荘に入り翌日に備えました。

 「昔、雨やし、って午前様まで呑んどったら朝晴れとって焦ったちゃ~」なんて同部屋ガイドの話しも聞かれましたが、心配した天気は心配通りやっぱ雨。 ここのとこの前線の停滞、どっしよもないです。 まぁそれは想定の範囲内な訳でしてともあれ子供たちに非日常を体験してもらいましょと言う事でまずは一ノ越を目指しました。

で、雨中行軍。 一ノ越(標高2700m)まで歩を進めましたものの、一面ガスに覆われ視界効かずここから上は落下物による事故リスク高いのと、かなりの風雨でバランス崩しやすいこと、加えて、子供らが履いている靴の半数以上が雨中登山に適していなく(一ノ越までの登山道も沢状態)、つまりもうズッブズブのグッチョグチョ、手袋も然り。 寒いので低体温症も想定されます。 なので今回は隊長である校長先生と協議し一ノ越にて撤退としました。 みんな「こりゃえらいとこに連れて来られたなー」だったでしょう。 よくがんばったよ。お疲れさん。
一ノ越(標高2700m) -2014.8.26(火)

下山にかかり一瞬雨が止んだ時、雷鳥くんが目の前に現れました。 男の子でなかなか丸々した子でした。 黙々雨中行軍な中、子供たちのテンションも上がります(^^) 子供たちにご褒美くれてありがとう、雷鳥くんあんたもなかなかやるね~!(^^)!
食事に出てきた雷鳥くん -2014.8.26(火)


今回は前2回の好天とは違い大自然の恐さを感じる登山でした。 山は吹雪でも歩けます。 これに懲りずまた山に登って下さいね。 そして子供らと歩くことばっかだった今年の僕の立山。 プライベート山行はなかった。 でも子どもたちと山を歩くとこちらが若さもらえます(#^.^#) みなさんありがとうございました。 そして山はやっぱいいなぁ。 これで今年のぼくの夏山は終わりです。


墓参り -2014.8.18(月)

墓参り -2014.8.18(月)

盆中仕事だったのでやっとこさ墓参り。 父ちゃん母ちゃんご先祖さん遅くなってゴメン。 天気良く気持ち良いのですが、ここしばらく涼しかったので(特に仕事場は)、今日は然程でもないのに暑く感じます。 草刈りは自衛隊に行ってる次男坊がこの休暇にやってってくれたので、午後はしばらくお昼ね楽しむことにしませう(#^.^#)

うちの墓地沿いは新幹線道路になります。 ご先祖さん方、騒々しくなりますね。
墓地 -2014.8.18(月)


このお盆の京都兵庫での降雨による災害発生により、次男は招集掛かり予定繰り上げ一足早く駐屯地へ帰って行きました。 また北アや飯豊等での山の事故のニュースが入りました。 前線の停滞が印象的なお盆でした。 そして、秋のキンと締まった空気がもう待ち遠しいです。 人って無い物ねだりわがままな生き物ですね。


山口百恵の運命変えた 「涙のシークレット・ラヴ」 -2014.8.11(月)



百恵ちゃんと云えばぼくらの世代には「花の中3トリオ」の一人。 私の一つ年下。お姉さんトリオのキャンディーズと人気二分でした。 「としごろ」でデビューし「青い果実」ときてその後「伊豆の踊子」等の映画に出演。 怪しげな詩歌う少女から清純派へ、歌謡界,芸能界での地位確立していきました。

、、、でも、でもです。 彼女が今伝説であるのは、彼女らしさを歌い出した「横浜ストーリー」から。 その火付け役が宇崎竜童であり、ルーツ辿れば彼女の運命を大きく変えることになったのは彼のこの「涙のシークレット・ラヴ」。 この頃境に彼女から “むりやり歌わされてる感” 消えたように思います。 



講釈長なりましたが、好きな「夢先案内人」に「しなやかに歌って」もどうぞ。






ケ・セラ・セラ -2014.8.7(木)



映画「知りすぎていた男」のテーマソング。 ヒッチコック映画は30代前半までに、現在の様にネットの世界ありませんでしたので、あちこち探し回り当時日本でビデオ化されてたものはほとんど観ましたが、歌が親子をつなぐという核心部、スリラーものな彼にしてはエモーショナル、レアな作品と言えるでしょう。 そして私にとってドリス・デイは、ジュリー・アンドリュース、イングリッド・バーグマンに次ぐくちびる美人であります(*^_^*) と云うことで、ジュリーのドレミの歌に、イングリッドのカサブランカも貼っておきましょう。 







今日は立秋。 こんなに暑いがに(;一_一)  
と、今週末は台風11号の動きが気になります。



暑中お見舞い申し上げます - 2014.8.4(月)

生地より -2014.8.4(月)
                                                         生地(いくじ)浜より魚津方面

暑中お見舞い申し上げます

暑き折 どちら様もご自愛ください




今日は友人が高岡から来てくれ、お昼食べ、黒部の港町生地を少し散歩しました。
冷気とはいきませんが海風心地良かったです。

番屋定食 -2014.8.4(月)

生地散歩 -2014.8.4(月)

旋回橋(中橋) -2014.8.4(月)