旅のしおり
カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

Author:シュンちゃん
シュンちゃんのブログにようこそ。還暦近し私の人生。いろいろあるけれど、一方通行、リピートできない人生という旅は一度っきり、自分らしく駆け抜けたい、そう思っています(^^♪

若い頃ふれた歌や映画やドラマが好きです。またやがて徘徊老人になった時、嫌われても化けてでもおうちに戻って来れる様にと、風吹く稜線目指し、山を歩くようにもしています。冬はスキー山行が多いですが^^;

また「衣食住」などと云いますが、取分け食べる事って別格! 生きてく上で&健康に切って切り離せない。覚えようとか人より上手くなりたいと云う事からではないのですが、料理も都度やるようにしています(#^.^#) いつ独りになるか分からんし。

その日その時々、思ったこと感じたこと、心に浮かんだ歌や映画やドラマ、そして出かけた山のことなどを、書きたくなった時、気持ちが動いた時に書いています。文章や写真は随時変更したり削除したりもします。なので適当に読み流してください。

       since 2008.8.28 



続、再会シリーズ!(^^)! -2014.6.30(月)

初心者アルピニストさんにラガーちゃん来る -2014.6.28(土)
                                                        黒薙温泉にて  2014.6.28(土)

初心者アルピニストさん・・・もう初心者じゃないと思いますが、 と、ラガーマンマンちゃん、I王○さんが黒部奥山に会いに来て下さいました。 それも土産の酒まで担いで。 うれしいねぇ(*^^)v  つか感謝しなきゃいかんですねまったく。 

と、3人で到着したのに夜の帳が下りた頃、ちゃんとしっかりFace to Face 6名様になってました(^^) やるなー流石ラガーちゃんにアルピニストさん。  リップサービスというか高岡でならした知る人ぞ知る知らない人は知らない(^^)、夜の帝王トーク冴え渡ってましたぞ。 最初は「なんでしょこの人たち?」なご婦人がたも、ホントは真面目で楽しい3人繰り出すハードな会話に応戦、楽しんでおられた様に思います。 私も楽しかったです。 多忙な中時間を作って訪ねていただきありがとう。 

追伸、 ラガーちゃん あの雪山テント泊での“足しゃぶしゃぶ” (何) またどっかで見たいよ、なんて。
そしてそうこう書いてる今日で一年の半分が終わります。 人生はとうに折り返してますが、あー繰り返す四季折々、日本ってすばらしい国だと改めて思います。 小椋桂が歌う「愛燦燦」でも聴きたい気分です。 それではみなさん ごきげんよう。


寄り合い -2014.6.26(木)

ワイラビ寄り合い -2014.6.26(木)

山スキー同好会,White Rabbit (通称 ワイラビ) の寄り合いがあり出席。

今シーズンは5人揃ってのスキー山行はなかったですし、まぁ山スキー談義と云うよりはメンバーの近況等あれこれ世間話しに終始。 そしてみんな次から次へと現われる悩みの中に身をおきこのシャバってやつ生きてるわけですが、こうして久しぶりに全員揃いしばし歓談。 ブラックユーモアも飛び交いましたが楽しかったです。 イナリン始めみなさんありがとうございました。


本日の野外的活動 -2014.6.23(月)

北又 -2014.6.23(月)

週末から行われている、朝日小屋の荷揚げがまだ終わっていないということで、平日の兵隊も少なかろうと、北又ヘリポートに手伝いに行ってきました。 予報に反し集まって即効的に荷は揚がり始め、楽勝やにかーと思ったのも束の間、視界不良に付作業中断、結果夕刻まで待機してたものの今日も全部の荷を揚げることできませんでした。 上にいる人たちも難儀なことです。 また訃報も入ってきましたが(自分だけが浦島太郎かな)、久しぶりにお会いする顔顔は懐かしかったです。 


映画 「春を背負って」 観てきました -2014.6.19(木)

春を背負って -2014.6.19(木)

今日は映画「春を背負って」を観てきました。 
家の周りの草刈りもせんなんがですが、んーもうちょっと先でもいいっか~を勝手に味方につけて^^;  

クラシック音楽背景にすばらしい透明感もつ “点の記” のあの映像の美しさはなかったですし (これ元々そのような物がテーマではないわけですが)、また山のプロたち…山小屋運営者や山岳警備隊員に山岳ガイドの方々から観れば、そんなあんななどとあれこれチェック入るでしょうが、作品全体としては浅いながら暖かなものが伝わって来るそんな山岳ファミリーストーリーでした。 山のすばらしさ良さ恐さは少し伝わってきたと思います。 次男坊マツケン似だし(親の勝手な思い) そして壇ふみ長らく見てなかったですが演じるその物腰柔らかな感じ山の癒しに似て良かったです(#^.^#) また前述木村監督が、5年前のやはり北アをロケ地とした「剱岳 点の記」に続きわが富山県をその舞台とされたのは何ともうれしいことです。 


で、このとこ通勤に車使う事ないので久しぶりに車出しました。 今は走行距離ひと月4,5百キロ程度でしょうか? 6年ぶりのガソリン高騰ですが、時折乗る車、レールロードもいいですが、どこでもドアみたいに気の向くまま自由に動ける車ってのもやはり良いもんですね。
久しぶりに車に乗る -2014.6.19(木)


家に帰り読みたくなった芭蕉片手に、いつもながらならっきょにきゅうりの浅漬け、今日は玉子焼きつきの豪華版で早々に一杯であります。 玉子が一番安かったりして(*^^)v  これでイカ納豆があれば言うことなしなんですがイカ買ってくるの忘れました(-.-) 
今日の晩酌 -2014.6.19(木)


山友との再会 -2014.6.15(日)

山友との再会1 -2014.6.15(日)

大阪と横浜から友人が会いに来てくれました。 
それもたんと酒担いで(^^) 
他愛ない話しに酔い酔い良い、夢のような一晩を過ごさせてもらいました。 
うれしかった、楽しかった、遠いところ本当にありがとう。 
持つべきは山友です。 様子さくっと写真にて。

山友との再会2 -2014.6.14(土)

山友との再会3 -2014.6.14(土)

山友との再会3.5 -2014.6.14(土).

山友との再会4 -2014.6.14(土)
 なにわよこはま軍団 -2014.6.14(土)

山友との再会5 -2014.6.15(日)

山友との再会6 -2014.6.15(日)

山友との再会7 -2014.6.15(日)
山友との再会8 -2014.6.15(日)


まっちゃんみいちゃんシゲパパおchikaちゃんごろ太ちゃんまきchinまめちゃんゆきりん、
黒部奥山の湯で温まってもらえたでしょうか。 ぼくは心があったまったよ、さんきゅう。


今日の野外活動、白鳥山(1286.9m) -2014.6.11(水)

白鳥山頂小屋に至る -2014.6.11(水)
                                   白鳥山山頂小屋に至る  2014.6.11(水)

今日は富山新潟県境で栂海新道上に位置する白鳥山を歩いてきました。 おっさん一人じゃ寂しかろうと、同行してくれた情けある岳人は金沢のF本女史。 アプローチ僕よりずっとずっと長いのにつき合ってくれてさんきゅう。 写真日記的に備忘録です。

シキ割り先、一部ですがまだ夏道に残雪あり。 スリップと踏み抜き要注意。
シキ割りから上は夏道一部残雪あり -2014.6.11(水)

金時の頭から山頂方面
金時の頭から山頂拝む -2014.6.11(水)


村山治夫氏終焉の地で手を合わせ山頂へ。
山頂小屋までこんな近い所で、、、と自然の厳しさ改めて思い知る。 そして心感涙。


変わらずさっぱり小奇麗な山頂小屋2階
変わらずさっぱり小奇麗な山頂小屋2階 -2014.6.11

下山し、熱っつい湯に入りたかったので久々小川温泉へ。 
ちっちゃな車の助手席で主人を待つ大っきなわんちゃんかわいかったです(#^.^#)
ご主人待つわんちゃん -2014.6.11


梅雨に入ってることに加えどうも不順な天候続く中、下山時ほんのしばらく小雨に降られましたが、雨具をつけることはなかったです。 そして、同行者比較的無口な人なので、山中に静かに身を置き山と向き合う事ができました。 男も女もそうでしょうが、話しをうんうんって黙って聞いてくれる人ってうれしいものです。 F本女史には感謝申し上げます。 改めてありがとうございました。 


で、帰り蛭谷の北山さんちで買ってきた厚揚げで酔いを漂うわけであります(#^.^#)
北山さんちの厚揚げ -2014.6.11(水)
喉越しの良いとても品のある逸品です。


姪っ子まき結婚 -2014.6.7(土)

真希の結婚式 -2014.6.7(土)

姪っ子まきの結婚式があり参列して来ました。
 
参列と云ってもまぁ呑んだくれていただけですが。 
これからの人生に幸多かれと伯父としては思います、
幸せになれよ。

真希の結婚式2 -2014.6.7

父と娘 -2014.6.7(土)

母と娘 -2014.6.7(土)

新郎新婦とこっちの親戚たち -2014.6.7(土)


昨年から続いた甥姪の結婚ラッシュはこれで一段落か、 
うちなど遠い先のことですし。
ともあれめでたいことは良いことです。


♪再会 - 2014.6.5(木)

i女史との再会 -2014.6.1(日)

♪再会と云っても松尾和子ではありません、つまらんことすみません( 一一) 、近況です。 今黒薙温泉旅館におります。 湯治ではありませんが。 と、そこで最近 i女史と久しぶりの再会。 女史とはその昔高岡の元ちゃんを介し雪山ほか数は少ないですが山をご一緒した事があり、彼女の山に対する気持ち・実力、周囲への気配り、そしてその大腿四頭筋(#^.^#)にホレ込み憧れたものでした。 いつだったか、、、薬師岳方面ですれ違ったのが最後だったでしょうか。 

あれ~!と云われ、あら~(^^ゞっと。 そして典姉さん(失敬)、ますます若くステキなってるじゃない、恋でもしてるんじゃ!って思ったよ、カッコ良かったよ。 山で会うのとはお互い印象微妙に違ったでしょうが、心の中にあの頃が甦ってきました。 ナチュラリスト同期の仲間と来ておられたのでゆっくり話すことは叶わなかったのですが、会えてとてもうれしかったのです。 

山を共にした者は、いつまでも共通の思い出語れる生涯の友なのであります(ちょっと大袈裟)。 世話しておられた小杉さんにも世話になりました、ありがとうございました。