旅のしおり
カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

Author:シュンちゃん
シュンちゃんのブログにようこそ。還暦近し私の人生。いろいろあるけれど、一方通行、リピートできない人生という旅は一度っきり、自分らしく駆け抜けたい、そう思っています(^^♪

若い頃ふれた歌や映画やドラマが好きです。またやがて徘徊老人になった時、嫌われても化けてでもおうちに戻って来れる様にと、風吹く稜線目指し、山を歩くようにもしています。冬はスキー山行が多いですが^^;

また「衣食住」などと云いますが、取分け食べる事って別格! 生きてく上で&健康に切って切り離せない。覚えようとか人より上手くなりたいと云う事からではないのですが、料理も都度やるようにしています(#^.^#) いつ独りになるか分からんし。

その日その時々、思ったこと感じたこと、心に浮かんだ歌や映画やドラマ、そして出かけた山のことなどを、書きたくなった時、気持ちが動いた時に書いています。文章や写真は随時変更したり削除したりもします。なので適当に読み流してください。

       since 2008.8.28 



久しぶりのサウナ -2014.3.30(日)

金太郎温泉 -2014.3.30(日)
                                         金太郎温泉   2014.3.30(日)

「ホムカミ」だったか「こんなところに日本人」だったか、前に録画しといたの観てたらフィンランドかどっかのサウナが出て来たので、無性にサウナ風呂に入りたくなり、今日はしっかりどっぷり雨だし久しぶりに金太郎温泉へ。 山の帰りに温泉はしょっちゅう入るもののサウナは一年振り位でした。

発汗促進にとまずは体湯で温めそれからサウナ室へ。たっぷり汗かきそれ2回。 多少湯疲れしたものの^^; 一年間の老廃物が奥からしっかりどっと出た様ですっきりしました。 ん~若返ったよな、です(^^)  また、山を歩くにはもう頻繁に体の細部の自己点検&維持管理をしないといけないお年頃です、強烈な泡風呂で足の裏から首まで丁寧にマッサージ。 加えて指一本ずつから体あれこれ動かしその具合い確認しました。 五十路後半なるわが身、まだやりたい事あるんだよ、もうちょっとがんばってです(^^)

定期的にゆっくり休息し自分の体労ること、とても大切です、 
晴耕雨読ならぬ、晴山雨湯な年度末の良い週末でありました。


※夕方ドレッシング一本買いにスーパーに行ったらめちゃ混んでた。 消費税アップ秒読み、かけ込み需要に改めてびっくり。 ガソリンくらい入れときゃ良かったか、、、むむっ、まだ間に合うか(^^)


今週の野外活動、シャルマン・ゲレンデスキー -2014.3.29(土)

シャルマン火打 -2014.3.29(土)
                                 シャルマン火打スキー場   2014.3.29(土)

ともするとだらだらくうねるテレビに終わる週末です。 天気崩れる前の好天約束された今日土曜日、仲間とシャルマンにゲレンデスキーに出かけました。 山を眺めながらスキー,のち温泉,のち食堂,で午後早々に帰黒という、慌ただしい年度末には(私は何も忙しくありませんが)もってこいなゆったりまったりメニューでです。

まずは現場の状況,情報を頭に入れましょう。
諸情報 -2014.3.29(土)

いつ見てもすばらしい山岳風景に、おやぢも癒されました。
火打、焼を後ろに -2014.3.29(土)

さていきましょう。





標高差3000m滑り…って6本だけですが^^; 昼前に上がり、ここへ来たらいつもの、最寄り柵口(ませぐち)温泉でさっぱりです。今日は早い時間だったので、地元の爺さんたちはまだ来ていなかった。
柵口温泉センター -2014.3.29
柵口温泉除雪中 -2014.3.29
柵口温泉センター -2014.3.29(土)

帰路、下道海岸線を走り途中青海大むらで昼食いただき早々に帰りました。 
大むらのカツ丼 -2014.3.29(土) 大むらのラーメン -2014.3.29(土)
甘め濃いめ味がご飯までよーしょんでるかつ丼、変わらず美味い。 ラーメンも懐かし味付け、これまた美味し。 皆は一品ずつでしたが、私は今日は思い切って両方いただきました・・・痩せない理ここにありです( 一一)

日帰り、と云うか温泉に食堂巡りを含めても半日的なスキー旅でしたが、何かゆったり感あり良いリフレッシュ&心の休養になりました。 今シーズン山スキーにはまだ出かけると思いますが、ゲレンデスキーはこれで終わりになるでしょう。


白鳥山(1286.9m,朝日町・糸魚川市) -2014.3.23(日)

白鳥山、山頂小屋方面を望む(標高1165mより)-2014.3.23(日)
                       山頂小屋方面を望む(標高1165mより)   2014.3.23(日)
                                この時期ここから見るのがお気に入り。

白鳥山に行ってきました。 上路集落先除雪終了点から正面尾根ピストン。 白鳥山と言えば、無雪期に坂田峠から栂海新道を歩き至るのが多い山ですが、この季節限定真っ白な白鳥山はやはり殊の外ステキでした。 

では行きましょう。
では行きましょう -2014.3.23(日)

今回、スノーシュー・かんじき組に入り私だけスキー登山にさせてもらったのですが、前半、小雪・細尾根・藪地獄にハマリまくり、バテると言う事はありませんが、あーもう歩くのヤーって感じでモチベーション下がりっぱ、寂しくロンリークライム、気持ち売り切れ~(>_<) 障害物競走上手くこなせなくてダダこね座り込んでる園児の気持ちがよ~く分かりました(笑)

山姥への林道と交差し障害物無くなり大斜面標高差120m、ここは柔らかでさらっさら蟻地獄な雪とガリクソンのミックス。 にゃんとかこなし、標高1000mの台地に乗り上げれば山頂小屋も見えてきました。 ん~俄然やる気出てきました!(^^)! ルンルン歩を進めました。 と、海谷の山塊が見えて来る頃、先行部隊がシェルター作り待っててくれました、ありがとうございました。 で一息入れ栂海新道を山頂に向かいました。

山頂に至る。
山頂に着きました -2014.3.23(日)

山頂小屋
山頂小屋 -2014.3.23(日)

山頂から犬ヶ岳方面,右に初雪山
山頂から、犬ヶ岳方面,初雪山 -2014.3.23(日)

山頂より朝日岳に続く栂海新道
山頂より栂海新道 -2014.3.23(日)

一滑りしシェルターで休憩です。 美味しいものありがとうございました。
Dひろ夫妻 -2014.3.23(日)

酒呑老子にたまちゃんと -2014.3.23(日)

全員集合 -2014.3.23(日)

滑り、上部は超快適。林道交差下からは↑↓多いのでシールオン。 これまた泣きが入りそうな位いじめられ何とかかんとか下山しました。 頚城に白馬、妙高方面で山スキーに興じる事多い昨今、富山の藪山スキーはもう出来なくなってるなーと思いました。 しかし、花粉は少し飛んでるものの、黄砂の影響全くなくPM2.5も飛んでなかったとか。 春先の山行としてはなかなか良い陽気条件でした。 

帰りはたから温泉でさっぱりし早めに帰宅。 同行のみなさんありがとうございました。 そして今日は、ご本人はいないもののhシェフ取り持つ山行でした。 さんきゅう(^^)


図書館巡り -2014.3.22(土)

黒部市立図書館-2014.3.22(土)

天気がいいのにそして柄にもなく、今日は半日図書館巡りをしてました。 入善~黒部~魚津の3ヶ所、何年振りのことでしょう。 探している本があったからなのですが、結論から言うとすでに処分され何処にも・・・ほかもあたってもらったのですが県立図書館始め県東部の図書館何処にも・・・ありませんでした。 残念でしたがそういうことにばかりとらわれててもしょうがないですね。

それにしても三市町比べると、わが黒部の図書館が一番ぼろっちぃ( 一一) 入善も魚津もフロアが広くてゆったり、特に魚津は明るく閲覧コーナーもたっぷり取ってあり優雅な感じ。 新幹線だ、新庁舎だとばかり騒いでなくて、知識・文学の源、図書館の充実を望むものであります。


訃報、小野 健 氏 逝く -2014.3.19(水)

栂海山荘、小野健氏-040422
                     在りし日の 小野 健 氏 (栂海山荘小屋開け)   2004.4.22

栂海新道を拓きその後もこの登山道に生涯をかけられた、登山家 小野 健 氏(糸魚川市在住)がこの3月17日に亡くなられました。 享年81歳。 今日の朝刊で知ったのですが、一瞬同姓同名じゃ?!と目を疑いました。 

体大きく眼光鋭いお姿は一見強面、近寄りがたい雰囲気を放っておられましたが、矍鑠たるものの、一度交われば、その会話は緩急ありお茶目でシャレっ気たっぷり、何と云うか、、、粋な方でした。 時折見せられる少年の様なキラキラした眼差しが今も忘れられません、魅力的な方でした。 ビールはサッポロ黒ラベルがお好きだったのが、私もそうなので共感大でした。 

いつだったか氏に、「初雪山は三方向から登頂したことはありますが、犬ヶ岳からは至った事がないんですよ」と言ったら「そうかぁ、なかなかいいぞ、今度案内してやるよ」とおっしゃったのだが、それが実現しなかったことが今となっては悔やまれます。 

山と向き合う事を 山と生きる事を そして生き様を 学ばせて頂きました。
ありがとうございました。 ご冥福をお祈りいたします。   合掌。


春は名のみの -2014.3.15(土)

2014.3.15土曜日の朝
                                             2014.3.15 土曜日の朝

今朝の黒部は、一面薄っすら砂糖まぶした程度ですが白くなりました。 「春は名のみの 風の寒さや」ならぬ「雪の白さや」であります。 天気悪けりゃ寒いし晴れれば黄砂にPMなんとやらで、どちらも春先は過ごし難いのですが。

私と言えば、しめ鯖に中ったものと思われる腹痛に酷い悪寒奔り二晩苦しんでおりました。 使った事なかった電気敷毛布に温めてもらいました。 正露丸様様でだいぶ回復、あーひどかった((+_+)) 

また、今日明日と所属する某山岳救助隊・春の訓練日だったのですが、急用が入り欠席。 物事が上手く運ばない時ってそういうもんですね。 さてちょっとできたこの時間、何に使いましょう。


板も日向ぼっこ -2014.3.9(日)

ボレーちゃん日向ぼっこ -2014.3.9(日)

今日は午後3時過ぎまで黒部は予想外な好天でした。 思わず板も日向ぼっこです。 気持ち良さそう(*^_^*) 少し軽なったかな!、、、ならんて^^; そしてこれパウダースノー用な板なわけですが、よく「ベニヤみたいやね」って言われます( 一一) が、私好みなスタイル。 ディメンションは145-122-133、L172。 いわゆる“ぽんきゅっぽん” センターが細くては軽く深い雪では浮かない訳でしてつまりはずん胴に近い。 特に先の形にカーブが、どんなに雪に突っ込んで行っても刺さらない、浮いてくるのがお気に入り。 登りも同様。 これ用のクトー持ってないのが残念なんですが、厳冬期の頼もしい相棒です。 このボレーちゃんの出番は今シーズンもうないかも。 この冬も楽しませてくれてありがとう。


※夕方から最強クラスの寒波入り、翌朝積雪15センチ。 寒いし一気に真冬に逆戻りとなりました。


笹倉温泉から放山稜線 -2014.3.8(土)

放山上稜線へ向かう -2014.3.8(土)
                                     巡礼的雪中行軍    2014.3.8(土) 

今週の野外活動。笹倉温泉から放山稜線まで。 雪新雪ありで、然程深くないものの質まぁまぁ良ろし。 樹林帯抜けるとほぼホワイトアウト。 山の嗜好志向ってホンット人それぞれです。 気持ち研ぎ澄まされスイッチ入りました、燃えました(^^) 変ですね。 

では行きましょう
では行きましょう -2014.3.8(土)

少し登り振り返り、阿彌陀山に烏帽子岳、そして笹倉温泉。
少し登り振り返る -2014.3.8

樹林帯登行中 -2014.3.8
平坦地登行中 -2014.3.8

このあとしばらく白い魔物に巻かれた。ホワイトアウト。地形に傾斜がよーわからん( 一一) 僕は楽しさ急増(^^)
発達はしていないが雪屁的大壁乗り上げ進みませう。
登る1-2014.3.8

二連結の強力ラッセル者に、みな良い子で続きます
登る2-2014.3.8

本日の登行終了地点。ガス&やや吹雪。雪面の凹凸ほとんど分からずでした。
本日登行終了地点着 -2014.3.8

シールオフ、風の無い休憩地までまずは安全に下がりましょう。
休憩地まで下がりましょう -2014.3.8

下がって休憩。(Photo by suzuちゃん)
下がって休憩 -2014.3.8(土)
風避けランチタイム -2014.3.8(土)
                                            (Photo by hamasouくん)

麺処・ゆきこ(^^) -2014.3.8 炉端・まさるちゃん(^^) -2014.3.8
温かくて美味いもん、ありがとうございました。
♪うどん僕は柔らかいのが好きなのでお口でその柔らか具合を確認中(*^_^*)

視界なかなか晴れずしばらく待機待って再び下がりました。 棚田の上まで下がりてもうすぐ無事帰るな頃
無事帰る頃 -2014.3.8

今様子カメラマンヒロシくんの動画でどうぞ。
)


朝まだ除雪中な中、親切に車を停めさせていただいた笹倉温泉でさっぱり。
浴場は二ヶ所ありますが、今日は大浴場へ。 歳を重ねると温泉ってよりいいです(*^_^*)
笹倉温泉大浴場 -2014.3.8

帰路、この1月だったか?やってなかった沖縄品の店に立ち寄りました。 
お聞きするとご主人が沖縄の方でミュージシャン。 奥様はここ地元の方でした。 この豪雪地帯に日本でいっちゃん南の国の人が住んでる。 お店まで構えてる。 好きで一緒になっただけではなかなかこの雪国で長く暮してゆくことは難しい。 まして男なら自分のふるさとに帰りたいって思い強いでしょうし。 そんな事が妙に気になりました。 ともあれん~どれもこれも精がつきそ(*^_^*)
おきなわの店 マハエ -2014.3.8(土)
マハエ店内 -2014.3.8


今回はすっきりしない予報の中ながら、低温確信し出かけたのですが、巡礼的な山歩きに、懇親的ランチタイム、そして所々パウダースノーにも乗れた。 同行者あっての山スキー。 また下がっての温泉におきなわの店も良かった。 大人の日帰り遠足、小さな旅、みなさんあんがとさん(^^)


今日のBlack Princess様はドSだった (>_<) -2014.3.2(日)

登行終了地点まであとひと登り -2014.3.2(日)

今週の野外活動は、一年振りの黒姫山東尾根(長野県信濃町)。 この処の雨で締まった上に少し新雪。 樹林のすばらしさも手伝い見た目おとぎの国に迷い込んだかのよな白き肌をおしみなく見せてくれ出立時はやる気マンマン。 なれど登行するに連れ「こりゃー滑り難儀やろなー」と内心。 

そして滑り出せば時折ホワイトアウトだし、あっちゃ~こりゃいつまで太もも持つかなな世界でした。 予定したコースを消化するはしたのですが、今日のBlack Princess様はドSでした((+_+)) M心十分満たされましたですはい(#^.^#) あれも愛これも愛人生いろいろ山もいろいろ、これも山であります。 

まずはゲレトップからこの休止ゲレンデ標高差360m登ります。 
滑ったらあっと云う間でしょうが、結構ここ単調でつらいがです( 一一)
まずは休止ゲレンデを登る -2014.3.2(日)

登り切り山の中へ。あ~やっぱ自然の中は良ろしいなぁ(^^) 素敵な樹林帯を登行。
素敵な樹林帯を登る -2014.3.2(日)

登行終了地点に至る(標高2010m) 
海老のしっぽに雪屁も出てるのに本日無風なり。マジでロウソクの灯も消えないくらい驚き桃の木静かな外輪ピークでした。 なんせ火口出しゆったり大休憩してるパーティーがいた位でしたから(^^)
登行終了地点に至る -2014.3.2(日)

シールオ~フ、ではひゃっほ~と滑り下りましょう、、、、のはずが、、、ありゃ苦行じゃない(>_<)   
写真撮る余裕なく画像も動画も今回ありません( 一一) なので昨年のふっかふかパウダーの時のを “粉” 好きな方雰囲気だけですが どうぞ (by ヒロシくん)

お昼休憩中(標高1395m) 標高差600mほど滑りのなだらかな小ピークで一服(^^) スキー登山に限らずこういう時間が、山に入って唯一ゆっくり同行者と接することができると思います。
只今休憩中 -2014.3.2(日)

この後、自分が描いたルートなかなかしょっぱくみなさんに悪雪+訓練的なもの味あわせてしまい申し訳なかったです。 でもみなさんしっかり確実に下りて来られ安堵、流石でした。 で最寄りの風呂「ホテルアスティくろひめ」へ。 ここなかなか良かったです。 つか3年前のバイク事故直後のシーズン、待機班としてここに半日以上おりました^^;

頂き目指し歩いた登行に苦戦した滑走、山神様に抱かれての休憩。 今回は軽くて深いパウダースノーに会いたいと言う思い叶わずでしたが、やはり山は私の宗教でありホスピタル。 山は深くてすばらしい。 


おひなさま -2014.3.1(土)

お雛様 -2014.3.1(土)

近年出したことなかったおひなさま、今年はわが家も飾ってみました。 カビてないか出してみたと云う方が正解かもですが^^; そしてじじばば二人になってからじゃ出すことないでしょうし。 平成ならぬ平安雛やさしいお顔してて癒されます。 これでホタルイカの刺身口にすれば黒部も早春です。 因みにそのホタルイカ富山湾ではすでに揚がってますしスーパーにも並んでるけど、ん~まだ高い。カミさんにかるくスルーされました( 一一)

この冬一度も雪かきせず2月が終わり3月に突入。 花粉にPM2.5気になる所ですが、山に雪ありひらばにナシなこのまま、ぽかぽか陽気、暖かい春がやってきてほしいものです。