旅のしおり
カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



月別アーカイブ



プロフィール

Author:シュンちゃん
シュンちゃんのブログにようこそ。還暦近し私の人生。いろいろあるけれど、一方通行、リピートできない人生という旅は一度っきり、自分らしく駆け抜けたい、そう思っています(^^♪

若い頃ふれた歌や映画やドラマが好きです。またやがて徘徊老人になった時、嫌われても化けてでもおうちに戻って来れる様にと、風吹く稜線目指し、山を歩くようにもしています。冬はスキー山行が多いですが^^;

また「衣食住」などと云いますが、取分け食べる事って別格! 生きてく上で&健康に切って切り離せない。覚えようとか人より上手くなりたいと云う事からではないのですが、料理も都度やるようにしています(#^.^#) いつ独りになるか分からんし。

その日その時々、思ったこと感じたこと、心に浮かんだ歌や映画やドラマ、そして出かけた山のことなどを、書きたくなった時、気持ちが動いた時に書いています。文章や写真は随時変更したり削除したりもします。なので適当に読み流してください。

       since 2008.8.28 



訃報、大瀧詠一逝く -2013.12.31(火)


          恋するカレン 作詞 松本隆 作曲 大瀧詠一  1981年リリース

昨日12/30のことですが、大瀧詠一が亡くなりました。 日本の音楽史に永遠に輝き続ける巨星がこの年末に来て一つ消えました。 言わずもがな、才能の塊、二人と居ない抜きん出た才能の持ち主でした。 ご冥福をお祈りします。


さて、拙いブログ「旅のしおり」今年はこれにてお仕舞い。 一年間おつき合い下さりありがとうございました。 どちらさまも良い正月をお過ごしください。


今日の野外活動、ワイラビ・シーズンイン -2013.12.29(月)

シャルマン1 -131229
                                    シャルマンに遊ぶ   2013.12.29(月)

正月休みに入ったので、所属する山スキー同好会 White Rabbit (通称、ワイラビ)も活動開始です。 
足慣らしに、均してないのが売りなお隣新潟県のシャルマンでシーズンインとしました。

クワッド動きだす前から長蛇の列。 一時少なかった若者たちの姿が多かったのはうれしかった(^^) スキー場関係者の方々の熱心な取り組みの成果が出てますね!(^^)!
シャルマン1.5-131229


さて、ボーダー達に混じって僕らもふかふかパウダー求め入ります!(^^)!
ヒロシ攻める
シャルマン2-131229

イナリン舞う
シャルマン3-131229

思いのほか青空広がったりで天気は良かったのですが、雪量微妙で小さな凹凸多し、ゆえに限られた非圧雪エリアに同じ粉中毒な人種が集まったので早々にぎったぎた( 一一) そして何だかんだ云って標高差3,000mは滑ったしでモモpanpan( 一一)、昼前に上がり、シャルマン行ったら御要達柵口温泉でさっぱりしました。
柵口温泉 -131229

で遅めの昼食は糸魚川新宿食堂
新宿食堂 -131229

年越しそばつーことで「冷やしたぬき・並」頂きました。こうして見ると並らしく普通の量に見えますが、並は並みでもここのは富山の一般的な感覚の1.5倍は麺が入ってます。ラーメン丼に入ってるし。 しかしながら蕎麦そのものこれがなかなか美味い(^^) そしてこれで530円也はかなりお値打ちです。 大盛りは食べ盛りの若いもんやフードファイターの方々なら楽勝で完食でしょうが、中高年にはバツゲームになりますから注意が必要です^^;
冷やしたぬき並 -131229

店内が雑然としてるのと、主人とその息子さんの一見何かを超越した雰囲気。加えてにゃんこ達が自由に往来してるのが生理的に許せればですが。 つまりその辺りに神経質な方はまずムリな、うれしくなる位個性的な食堂であります。ほか情報は食べログ等でどうぞ。 そして興味のある方はトライされたし。
新宿食堂店内-131229 にゃんこも出入り自由 -131229 新宿食堂外-131229


今シーズンもあっち方面通いが始まりました、
食堂楽しむ旅も含めて(*^_^*) 
今シーズンはどんな雪が舞ってるだろう? 待ってるだろう? 
歳を考えながら気をつけてそれなりに楽しみたいとそう思います、
若い方々、ひとつよろしくお願いいたします。


今週の野外活動、二幕 -2013.12.23(月)

千石城山1 -2013.12.23(月)
                           千石城山,冬道をゆく   2013.12.23(月) 天皇誕生日

11年前の丁度今日、お母様を亡くされた元ちゃんの復帰山行を花じいと私で企画し大辻山に出かけたのですが、今日は、酒呑老子夫人がおられなかったものの、その時の “歩き” メンバーで久しぶりに山に入りました。

千石城山6 -2013.12.23(月)

千石城山2 -2013.12.23(月)

千石城山4 -2013.12.23(月) 




千石城山 -2013.12.23(月)

千石城山5 -2013.12.23(月)


天候くもり眺望少しあり、山頂休憩時は微風だったものの上下山無風というしっとり落ちついた条件。 雪量はやや少ないもののトレースのしっかりした冬道を歩き、山頂では師走の喧騒上から見下ろしゆっくり話しができました。 おまけに、地元・どいひろ夫妻が上がって来られしばし歓談。 楽しい時間をありがとうございました。

みんな、自分そして取り巻く環境あれこれあれど、11年経ちてここにこうして集えた。 山を想へば人恋し 人を想へば山恋し 幾年経てども 逢いたい人がいる。 心地良い山行をありがとうございました。 個人的には今シーズン、スノーシュー事始め、そして、昨日は最年長、今日は最年少な山歩きでした(^^ゞ 


今週の野外活動、一幕 -2013.12.22(日)

利賀、登行中 -2013.12.22(日)
                         スノーバレー利賀スキー場跡を登行中   2013.12.22(日)

今シーズンより残念なことに閉鎖となった利賀のスキー場トップ辺りの1332mピークに、11人と1匹で出かけました。 わんちゃんと山を歩くのは初めての事でした。 気がつくと私が最年長。 あーもうそんな時代、歳んなっちまったんだなーと思ってたら、ありゃ岐阜から参戦のグレートくんが人間で言えば還暦少し過ぎた辺りだとのことで、実は彼が最年長でした。 それにしてもグレートくん、ツボでの登り下り大したもんでした。
利賀、最年長グレートくん -2013.12.22(日)

雪は深いものの軽くふっかふか~!(^^)! スキー場跡ですからうるさいヤブこそないものの斜度の大きな斜面ではファットスキーをもってしてもなかなか大変でしたが、今日は強力なラッセル車、者か(^^) が揃っており、標高差600mを2時間でなんなく踏破登行。
1332Pもう少し -2013.12.22(日)byラガーちゃん

終点近し-131222(日)

1332P1-131222 1332P2-131222

寒いしシール剥がし早々に下がりました。 下山は時折立ち止まりながらもスキーならではのたったの25分。 滑りは、軽いが深いがゆえに所々スピードに乗れませんでしたが、今シーズン初の軽く深いパウダーに遊んでもらい、粉中毒患者の心満たされました(*^^)v 文句なし!楽しかった。
利賀、滑降中-2013.12.22(日)
帰りは、つか、登行時ぐいぐい追いついてきた大沢野軍団総帥松っちゃんらと前後して下がりました。 この日は他にも2パーティー?5,6名にお会いしました。



myGPSログ
ログ -利賀、20131222



利賀へのアプローチ普段でも危険がいっぱい。 取分け冬期の早朝集合はハイリスクなこともあり、今回は余裕もって前夜に集合。 某所にてテント張り、懇親会でした。 渾身の懇親会でした^^;
前夜懇親1-131221 前夜懇親2-131221
前夜懇親3-131221 前夜懇親4-131221

   雪舞ちゃん提供、氷見の寒ブリ。 しゃぶしゃぶでいただきました、
   脂がのっててとても美味しかった、さんきゅう!(^^)!
   ブリしゃぶに(^^) -131221

   ダイスケー!さん提供、鱒寿し六品。 
   ハンバーガー状態でかぶりついたの半世紀以上生きてて初めてでした(^^)
   ダイスケー!さんの鱒寿し六品 -131221(土)

そして普段口にする事のない高級酒をいただきました。これまたありがとう!(^^)!
前夜懇親5-131221 前夜懇親6-131221

他にも美味しいもの美味しい酒沢山いただきました。 
そして、雪舞ちゃん,みいちゃん始め同行のみなさん世話になりました。 ありがとうございました。


松本酒場放浪 -2013.12.18(水)

松本s8oz-131218
                           松本城近く スタンディング8オンス   2013.12.18(水)

年内最後の出張は松本。 富山が荒れてても安曇野、松本まで南下すれば好天なこと多いのですが、低気圧ちゃん下の方お散歩の様で今日は黒部白馬は降ってなかったのに松本は雪になりました。 山沿いは雪で運転もつらかったですがようやく終わりて宿にチェックイン。 非日常におん出された時ってひま~。 なのでおんもで温まります、、、そう、酒場放浪であります(*^_^*) 

山下達郎のクリスマス・イブなんか聞こえてきそうな位松本は寒くて雪模様、なのでつかあれこれ面倒なのでホテルの前にあった立ち呑みへ。 あっちゃ~これが大当たり。 生ビール、燗酒2合、グラスワインに料理6品いただき、2,700円也~ 料理もママさんきちんとした仕事がしてありました。 そして何より静かで大人な雰囲気、すばらしかったです。


雪が舞い寒い(>_<)ので今回の宿のほぼ向かいにある店に向かいます。
s8o-6-131218

フロア厨房含め2間3間と云うこじんまりした場ながら、
ガラスの薄さ感じない、外の寒さから逃れられる止まり木ワールドがいい感じ(*^^)v
外が横にあるが中は暖かい(^^) -131218

酒屋がやってるだけあって酒類の充実はこの上無し、加えて昭和レトロにタイムスリップだ!(^^)!
2013-12-18\s8o-1-131218(水)

ちろりは自分で湯に投入です。 参加してる感も密かに楽しい(^^ゞ 
2013-12-18\s8o-2-131218(水)

おっとアンクルトリスもいました。
2013-12-18s8o-3-131218(水)

無機質感大ながら細かなとこはあれこれしっかりしてました(*^_^*) 酒については特に信用できる。
2013-12-18\s8o-5-131218(水)
2013-12-18\s8o-4-131218(水)

トイレでは優作に見つめられました(*^_^*) 89年亡くなりて早24年ですね。
トイレに松田優作(^^) -131218

声を荒げるスタイルの似合わない大人な酒場、ん~ちゃいこー!(^^)!
松本s8oz店内の様子-131218


店の雰囲気良いし外は荒れてるし、もうここで夕食済ませようという気になったので、平均滞店時間の多分1.5倍位いたでしょうか、、、満足満足。 “放浪”などとでかいこと云いながら、そして気持ちは “松本ナイトフィーバー” といきたいとこですが、明朝仕事に出る時の積雪に路面凍結も気になるので今旅はこの一軒でおしまい。 コンビニに寄り早々ホテルに下山。 さみしいホテル一人暮らし、、、さて大浴場で温ったまって休むとしましょう。


■ 最低-最高気温
12/18(水) 富山市 2.8-8.0℃  松本市 -0.1-2.1℃ 
12/19(木) 富山市 4.5-10.8℃  松本市 0.2-1.6℃ 
 
saoriの結婚式 -2013.12.15(日)

saori2-131215

今日は姪の結婚式でした。 厳かな式が終わり宴の席につくと、名札の裏にメッセージが。 ありゃ、ウルルンくるじゃない。 ならばとことば通り沢山よばれたので良い気分。 親戚兄弟への様子紹介でもあるのでべたべたストーリーもなく貼りつけです(^^)

沙織からのメッセージ -13.12.15

saori3-131215

saori4-131312

saori5-131215

saori7-131215

saori6-131215

saori8-20131215

沙織の結婚式1 -2013.12.15(日)

saori9-131215








おじちゃんのはなむけのことば(やや辛口でごめん)

さおり、結婚おめでとう。 
メッセージありがとう。 気持ちがいっぺんにやーらかくなったよ!(^^)!  

結婚なんてお互い努力しなきゃ幸せやってこないもん
幸せと一緒に、自分の思い通りにならない世界が今日から始まりました
そんなこんなの向こう側に本物の夫婦があるんだよ
これからが本当の愛かもしれない 適当にガンバ、健闘祈るです。

そして今年二人結婚させた姉に兄さん、本当にお疲れさんでした。 
肩の荷がいっぺんに2/3下りましたね(^^) 今度の正月はゆっくり休んで下さい。


外は白い雪の夜 -2013.12.13(金)


       外は白い雪の夜  1978(昭和53)年  作詞 松本隆 作曲 吉田拓郎
        映像は拓郎には似合わないと思うnhkの紅白に出た'94(平成6)年より

今日は13日の金曜日何か悪い事起きなかったでしょうか、、、なんてこの歳んなると全く気にしませんなりません(*^_^*) で、明日はな~んも急ぎの用事なくな解放感と酒に身をゆだねる週末、黒部は今雪が降っています。 寒く風も伴い積もりそうな勢いです。 あーでも冬の初めの雪はいい。 自分が雪国の人間だと改めて気づかせてくれます。 

最初旋律の力強さにかぐや姫の「雪が降る日に」を聴いてたのですがやっぱ違う( 一一) 拓郎でしょ!です(笑) この紅白の映像はレアですが、シャイな拓郎には似合わない。 審査員など意識しない反大勢から物見、物語る拓郎節が良いです。 歳を重ねるに連れちょっと見かけ胡散臭くなってきたが(失敬)、この歌からは静かでストレートなものが伝わってくる。  永く生き続ける本物ですね。



スキーが出来るから
雪山が好きだから だけじゃなく
あっと言う間にすべてを白い世界に変えてしまう雪ってステキです


今宵の晩酌 -2013.12.11(水)

今日の晩酌 -2013.12.11(水)

寒くなってきました。 今日はみそ田楽でそば焼酎。 あーーーんまい(^^) 至福の時なのであります。 ヘルシーやし箸要らないし。 そしてこのみそ田楽はたれ味噌が一杯ついてて必ず…力込めて(*^^)v…こんにゃくが先になくなります。 なので終わればごはん投入美味し ← あーこの貧乏性が自分でヤなんですが、もったいない病ですねきっと( 一一) 

今晩以降気圧配置は冬型、一瞬白くなっても積もるまではいかないでしょうが、富山の平地には白いものが空から舞い降りる模様。 雪は山だけでいいのですが、そして嫌ですね、などとひらばの常識人みたいなこと云いながら、実は、白銀の世界待ち遠しいもう一人の自分がいます。


テネシーワルツ -2013.12.6(金)


                                               1948(昭和23)年 リリース

昨日ちょっと元祖三人娘にふれたので、ならばやっぱこれでしょ(^^) 
あれこれ蘊蓄浮かぶのですが、、、 あー
何年振り? 熱が出てきたので週末の夜だけど、いつも通り早々に休もうと思います(-.-)


サン・トワ・マミー -2013.12.5(木)


                                  1964(昭和39)年 リリース

子供の頃見た時おっかなかったけど、今見るととてもカッコいい
歳を重ねて初めて見えてくる世界がここにもあります。
そして、マレーネ・ディートリッヒのリリーマルレーン思い出しました。


越路吹雪は1980年56歳で亡くなっているが、付き人であり、この楽曲の日本語訳を手掛けた、彼女より8つ上な岩谷時子もこの10月に亡くなりましたね。 追悼兼ね、これまた、死してよりカッコいい清志郎と、やはり越路と同じ宝ジェンヌだった天海祐希のも貼っておきましょう。